2018/01/13

ジャカルタ・ホテルトラベルで初4P?!<その6>

<つづき>

2017年7月**日22時:ジャカルタ・カフェバタビア


性地アレクシスを後にし、アレクシスからも程近い、
ジャカルタ・コタ地区でも中心的な存在になるファタヒラ広場の角、
オランダ植民地を彷彿とさせる「カフェバタビア」にて
ビールとインドネシア料理を楽しみながら、瀬戸君と更なる夜について会議です。


「一応この近くにゴーゴーバーのようなところがありましてですね、
ただタイのような感じを想像されると相当寂しく場末感あるんですが、
かなり安いので一見の価値はありますよ!」

------------------------------------------
ジャカルタコタ駅から東南に歩き10分程、
このファタヒラ広場からなら15~20分といったところでしょうか。


一見の価値ありとの事で、お店の名前で言うと”MTR”、
"NEW SARIYA"、"NEW ROYAL"といったお店に行きました。


但し瀬戸君の言うとおり、相当場末感あってこんな所にゴーゴーあるの?
という雰囲気ですが、お店の扉を抜けると外の寂しい世界とは打って変わって、
まるでバンコクに瞬間移動したかのような感じです。


ゴーゴーのような踊り場、店の奥に金魚蜂があり、
ゴーゴーバーとタイのMPを組み合わせたようなモノです。


とは言え、先程のアレクシス美女軍団には遠く及ばぬ、
まるで”動物園”と呼ぶにふさわしい、見るに堪えない女性ばかり。
アレクシスとは逆の意味で「よくこんなの集めてきたなぁ・・・。」
というのが率直な感想です。


何れも日本円にして1500~3000円程度で一発ヤれるので、
コスト的には良いけれど、ここでヤれる女性を見つける方が大変そうです。
------------------------------------------

「そうですねー、そのゴーゴーバーに行った後は
”ホテルトラベル”なんてどうでしょうか?」


「HOTEL TRAVEL???どういうところ??」


「説明するより見るのが早いので、ゴーゴーバーの後に行きましょうか!」


カフェバタビアですが、インドネシアにしては高いものの、
安心して食事が出来て雰囲気も良く、料理も美味しいのでオススメです。


カフェバタビアをマイダンの後、そんなかんやで上記の通りゴーゴーバーの裏切られた
気持ちを抱えつつも、ホテルトラベルに向かいます!!


2017年7月**日23時:ジャカルタ・ホテルトラベル


「いや、ここですよ!!かなり混んでますねー!!」


写真の通り、車がぎっちり止まってて中が混んでるのは容易に想像できるよう。


正面のホテル入口とは違い、正面左手にある別の入り口へ。


ここでもセキュリティーを潜り、地下への階段を抜けると・・・。


体育館ほどありそうな巨大なクラブが右手にドカーンと!
左手にはこれまた素晴らしい顔見せ場があり、女の子がいるではないか!!


それにしても、普通に連れて来られたらここはクラブだ!
と言われても分からない感じで、地元&観光の女性もチラホラ。


肝心の巨大なひな壇には場所を余すほどのスペースがあるけれど、
どうやら”仕事中”のようで、女の子数十人~数百人は稼働中のようです。


その中でも、早速今仕事を終えた感じの複数人の女の子が目に入ります。


「さぁ、どう?この子可愛いでしょ!」


マネージャーのやり手ババアがすぐに売り込みに来て、
ポインターをあてながら、あの子は可愛い、おっぱ○が大きい等解説付きです。


女の子のレベルとしては、アレクシス程ではないけど、
先程のゴーゴーバーよりは上のレベル、
ヤれるヤれないで言えば、確実にヤれるレベルは見つかるでしょう。


まりりん、正面の3人組の女の子がすっごい気になりました。
どの子も可愛いし、その3人の子なら、どの子でもヤりたい。


でもまりりんは3回も出来ないし、時間も限られる。


うーん、どうしよう!!


「じゃあ、ジャパニーズのオニーサン。3人まとめてにする?
3人で7500円でいいから(ディスカウントがあった訳ではない)。」


3人まとめて、そんな選択肢があったとは。


更に3人で7500円、と言う事は1人頭2500円ではないか。
ホテルトラベル、コスパ良すぎでしょ!


「じゃあ、まとめて3人で!」


「まりりんさん、さすが。やりますね・・・!」


呆れる瀬戸君、まりりんは女の子3人を抱え、
早々とホテルトラベルの”個室”へ向かいます。


<つづく>

↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
↓まりりんのTwitterフォローお願いします↓

2018/01/11

アレクシス、あぁAlexis! 性地ジャカルタにあり。<その5>

<つづき>

7月**日19時30分:ジャカルタ・アレクシス


アレクシス、最初の1人目は地元ネシアっ子の情熱的な美人をチョイス。
激しい腰の動き、タイや中国とは異なる柔らか巨乳にまりりん、すぐイっちゃいました。

しかし、ここはジャカルタ、いや世界の天国アレクシス。

美女尽き果てる事なく、まりりんの性欲は減退するどころか、
ますます増すばかりで、まりりんのモナスタワーは相変わらず元気です!


そんな中、セカンドタイムにチョイスしたのはベトナム出身のAppleちゃん。


先程の屋外プールで待つ事10分、ベトナムのかなり美人な子、
心踊らぬわけがない。インドネシアの子も充分可愛かったけど、
このベトナムの子は何よりもまりりんの可愛いと思うツボを押さえてる!


「ごめん!お待たせしました~。じゃあ、まずはプールでマッサージしよっか?」


いやいや、こんな子のビキニ姿、最高過ぎますね。

そしてプールでイチャオチャ、幸いにして同志の姿はほとんどなく、
アレクシスのプールは貸切状態でAppleちゃんと戯れます!!


「何歳なの?ベトナムのどこ出身~??」


企業の面接じゃないんだから、
とは言いつつも鉄板の質問はコミュニケーションの初歩です!


「19歳だよ。出身はホーチミン。知ってるのかな?」


出身を聞くと、今後その場所を仕事なりプライベートで聞く度に、
その時に逢瀬した女の子を思い出してしまいますね・・・。


さて、頭なり、肩なり腰なりをマッサージしてくれるも、
さっきからAppleちゃんのパイがまりりんの背中をタッチします。


「わお、さっきから当たってるね!まりりん、もうヤばいんだけど。笑」


そう言うと周囲を見渡した後、まりりんの手をビキニの下に・・・。
柔らかいオ○パイに、まりりんの暖か過ぎる手が水を介して当たります。


そのまま揉みたいけど、水が邪魔!(笑)
そして、この美しいおっ○いを早く口に入れたい。
やはりここでも20分くらいで限界です。


「じゃあ、そろそろルームへ行こうか!」


そういうと、パッとバスローブを羽織り準備は万端!
先程と同じく、階段を下りてプレイ部屋に向かいます。


「さっきから思ってたんだけど、まりりんって昔の彼氏に似てるの。。。
なんか思い出しちゃった。」


まりりんみたいなブスメン、ブタメンがこんな美女と付き合える世の中があるのかい。
ちょっとホーチミン行ってくるわ!


「ねぇ、キスしていい??」


まりりん、思わず下をAppleちゃんにモロ挿入、
Appleちゃんも凄い激しくて、そのままベッドに転がり、
Appleちゃんの服を脱がせ、やがて淫らな裸体が露わになります。


「お願い。入れて?」


うん、でも早いなぁ・・・。
もう少し戯れたいんだけどな・・・。


「コン○ーム、要らない。そのまま生で入れて・・・?」


えぇっ。大丈夫なの?!


まりりんとしては、
「いつも客に軽くこういう事言う子だから、(性病的な意味で)ちょっと危ないんじゃ?」
と思うんだけど、


「特別ね。アナタ、昔の彼氏を思い出す。」


大丈夫?性病ならないよね?んー。
そんな事を思いつつも、まりりんの愚息は言う事を聞かずそのまま中へ。


こんなベトナム美女と生、しかもナカは凄い暖かい。


ーーーー三こすり半でまりりん、Appleちゃんのオマ○コの中に、
まさかの生で放出です・・・。やはりゴムとは違い、凄い気持ち良い。

Appleちゃん、ビクンビクン身体を動かし、震えてます。
やがて愚息を抜くと、まるでAVのワンシーンかのように精子がドロっと流れます。


「ナマでナカで出しちゃったけど、大丈夫?」


「うん、凄い気持ち良かったよ。でも、今日は危ない日なの・・・。」



もし出来ちゃったら、どうするの?


「そしたらまりりんと育てるよ!(笑)」


うーん、こんな美女とホーチミンで子育ても悪くない、うん悪くない!^^;


7月**日21時:ジャカルタ・アレクシス


その後もAppleちゃんとしばしの逢瀬を重ねつつも、やがてのシンデレラタイム。


「また、来てね?」


また来ますとも!


連絡先を交換して、Appleちゃんはバックルームへ。
まりりんの子ども、もしかして出来ちゃったかな。


さて、この後ももう一戦!気持ち的にはイきたいけど、さすがに身体の疲れと、
お腹もすいてきたし、何よりAppleちゃんの前で選ぶのは気まずい。


「まりりんさーん。随分遅かったですね!」


瀬戸君は一戦交えた後、屋上のバーでのんびりしていたという。


まりりんが中々帰って来ないから心配だったそうだけど、
まさか二回戦に行ってるとは思わなかったそうだ。


「そうですね、お腹空きましたしそろそろ行きましょうか!
ご飯はオススメのところがありますよ。また色々エロい所があるんですよ。
お疲れでなければ、夕食後そちらにも行きましょう!!」


アレクシスでのお会計はインドネシア+ベトナムで合計4万近く。
高いと言えばそうかもしれないけど、満足度はかなり違う。
安物買いの銭失いだけは避けたいと思うまりりんにとっては全く問題はありません。


「ありがとうございました!パッと2回戦遊ぶ方は中々居ないですよ。
ニュースで知ってるかもしれませんが、ここはもしかしたら閉鎖になるかもしれません。
閉鎖になってからでは遅いので、また是非遊びに来て下さい。」


マネージャーから丁寧な挨拶を受け、伝説のアレクシスを後にします。
アレクシス、ここは本当に伝説の性地に違いありません。


さて、これから飯に、まだまだジャカルタ夜遊びは続きそうです。


<つづく>

↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
↓まりりんのTwitterフォローお願いします↓

2018/01/09

アレクシス・尽きる事のない美女と欲。<その4>

<つづき>

7月**日18時30分:ジャカルタ・アレクシス

地元インドネシアっ子の巨乳、Hanaちゃんとプールでイチャイチャした後、
これから部屋へ向かいます!!

部屋はマカオのような感じで、清潔感がありますね。


「さぁ、ここに座ってて!!」


プールの時から既に激しいモナスタワー状態ですが、
女の子から、まりりんの愚息をペロっとイッてくれます!!


「どう??気持ち良い??」


もう、まりりん早くも死にそうでフィニッシュしそう、というかしたい!(笑)


早くもイきそうなウェルカムフ○ラの後、シャワーで女の子とイチャイチャ、
身体と頭を洗い、これで準備万端です!!


一向に収まらないまりりんのモナスタワーをベッドの上で再度パクり!


その後はまりりんの全裸を上から下までベロベロ舐め尽します。
上海のタコチュー攻撃にも負けず劣らず、こちらもかなり激しいです!
この激しい舌使いはやはり中国の専売特許かと思いましたが、ネシアも熱い。


「じゃあ、入れるね?」


騎乗位にて女の子主導でまりりんの愚息がゆっくりと入っていきます。


初めてのインドネシアっ子の温もり、大変気持ち良いですね!(笑)


早速激しく女の子の腰使い、これがかなり激しくてメッチャ気持ち良いw


まりりんも女の子の巨乳を鷲掴みにし、そこからも激しい腰使い。
お○ぱいを舐めながらの騎乗位は本当に最高ですね!


しかし早漏まりりん、もっと楽しみたいけどアッと言う間にフィニッシュです。


「ごめん!もうイっちゃった。」


「うんん、ジャパニーズはみんな早いからね。(笑)」


部屋に入ってから30分程で早々と終わってしまいました。


プレイ時間は60分ということで、残りの時間は再度イチャイチャして、
おっ○い舐めてさせていただきます!^^;;


7月**日19時30分:ジャカルタ・アレクシス

「ありがとう!本当に良かったわ!!」

「うん、ジャカルタ旅行、楽しんでね~。」

ホスピタリティーも最高、セ○クスも最高、言う事無しですね・・・。


でも、まりりんはまだまだヤりたい。


今日インドネシアにイン、その後早速一回イったけど、
気持ちはまだまだヤりたい。重要な事だから二回言いました。


ということで躊躇することなく再度顔見せ場へ。


そう、まりりんは躊躇いもなく二回戦へ行くためです!


野球じゃないけど九回までやりたい、アレクシスはそんな美女ばかりだからです。


さて、そんな時に目の前にいたベトナムっ子。
凄い視線でまりりんを誘ってきます。


「ねぇ!ワタシとヤらない・・・?」


Appleちゃん、19歳、ホーチミン出身。


まりりん、こんな美女とヤれるなんて生きてジャカルタ・アレクシスに来れて幸せです。
ベトナム娘は普通に女優レベルしかいない・・・。どうなってんだ、こりゃあ!

再度、水着に着替え、懲りずにプールへ向かいます。


<つづく>

↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
↓まりりんのTwitterフォローお願いします↓
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...