2012/03/30

orchard parade hotelのスペシャルに続き、ゲイラン・雄琴の夜。

<前回からの続き>

シンガポール・オーチャード・orchard parade hotel・マッサージ。



エロエロマッサージお姉さん技師、服を脱いで、美しい裸体が目に入ります。


身体のラインがとっても美しい。胸は大きい、だけどくびれがくっきり!
僕の大好きなチャイナ系混血だし、たまりません。


「コッチにも入れる??もうプラス100SGDだけどねっ。」


ううう、商売が上手い。どんだけぼったくるねん。
でも、今の僕は金がある。いつもは無いのに、今日はあります。


我慢する必要はありません。


お姉さんはおもむろにコンド○ムを取りだし、僕の愚息へ。
コンド○ム持ってるとか、始めからやる気だったのかい!
なら、早く言ってくれれば良かったのに・・・笑


愚息が彼女へ入ってゆく。
騎乗位のためにあるような彼女のクビレと大きな胸を
堪能しつつ、腰を動かすなり、フィニッシュです。


「あっ、ケータイ教えてよ。もし良ければ、またね♪」


良かったけど、合計300SGD+マッサージ100SGDは高すぎる。
日本円で2万4千円だ。バブリーなボクでなければ、絶対に払えない金額。


いつもなら、こんなぼったくられると気分は最悪だけど、金がある今日は許します^^
次は無いっすよ、おねーさん。せいぜい200SGDくらにして!!


でも、こんなに気持ちいい騎乗位は最高です^^


そして、こんな高級ホテルのマッサージ屋でそんなサービスが
あるだなんて!シンガポール、奥が深い。まだまだ勉強不足です。



17時:アルジュニード・ゲイランへ。
(ここが赤線エリアです。googleストリートビューより)


orchard parade hotelのスペシャルも良かったけど、
エロい欲は満足するどころか、欲求は抑えられません。
本当に、本当に呆れます(^^;


ゲイラン・Lorong16-18-20へ。


片っぱしから店に入って見るも、どれも妥協のできない酷いレベル。
時間も早いだろうしダメなのかなー。


と、がっかりしてたが、おばさんに誘われるがままに入った
「雄琴の夜」は非常にレベルが高い。


その時に女の子は4人しか居なかったんだけど、
4人中2人は好みだ。しかも、かなりの!!


チャイナ系美人ってやつで。
A○Bで言えば、麻里子さんと、ともちんだ。


もちろん、ここで遊びます!!


うーん・・・どっちも良い。
選びたいが、良すぎて選べません。


「どっちオススメ??」


「うーん、こっちが人気だよ。」


ということで、雄琴の夜のマネージャーさんのオススメもあり、麻里子さんをチョイス。


LiLi、25歳、四川出身、150SGD、60分。


先日行った他のゲイランの店は60~80SGDだったので、約2倍だ。
ボラれたか?!でも可愛いし、雄琴の夜は日本人御用達と聞くし、
日本人価格として仕方なしか。今回は金もあるし、もういいや。笑


「你好!初次見面!!よろしくね。」


「あれ?中国語できる?はずがないよね、発音下手だし。」


早速、シャワーへ。


美しい顔立ち、くびれの目立つ美しいボディー。胸もDはあるだろうか。
柔らかくて、肌の触り心地が素晴らしい。


麻里子さんに全身洗ってもらって、まりりん、死にそうに幸せです。


その後、ベットイン。最初のプレイは、下から上、そして
我が愚息へと続く、全身ナメナメコースです。指の先から、足の先まで、最高・・・!!


その後、メイクラブ。


本日既に2回フィニッシュですが、呆れることに、本日3回目です。


「今日さ、あなたで3回目ですよ^^」


「本当に?!元気だねっ、じゃもう一回ヤる??
特別にゴムも無しでいいよ・・・。」


まじですか!!!4回目もだし、ゴムなしもです。


ゲイランは検査してるから、大丈夫だろという、根拠のない自信と
欲望に負けて、愚息はそのまま麻里子さまへ。もちろん、ナマの感触は
既に3回目でも問題ありません。


その後、残り15分位だけど、残りの時間はベットでイチャイチャです。


雄琴の夜、日本人の男心をとらえているGOODなサービスです。最高すぎます!!!


「いつまでシンガポールいるの?!また来てね。」


「君は可愛いし、GOODだね。ケータイ教えてよ!!
それと、僕が選ぶのを躊躇していた彼女は友達??」


「もちろん、彼女は良い子だよ。」


【続く】  

2012/03/29

ラスト・ゲイラン。orchard parade hotelのマッサージには注意せよ!

更新が遅くてすみません。
若干の就活中で・・・ダメなら、とっとと脱出なんですがねー。

こんな毎日、海外渡航の予定が無いと、力が出ない!!
僕は日本社会不適合者。早く脱出したい。(修士号だけは、忘れずに・・・)
仕事せずに生きる方法ないかな~。

---------------------
12月29日:


シンガポールも残すところ1日。


もちろん、思い残すことは女です^^
まりりんの変態さ、自分が大変疲れます。


今までのマリーナ・ベイ・サンズのカジノでは
40万ほど儲かったので、そろそろ豪快に遊ばねば!


14時:オーチャード・ロードへ。

(Googleストリートビューより)

ぶらぶら散歩です。さすがに昼間からオーチャードタワーは盛んではないようで、残念!
しかし、マッサージは営業中しています!!


まぁ、ここは様子見で、何もマッサージで大切なタマを放出する必要もない。


散歩と思い、オーチャードロードの北のほうへ。
熱帯のシンガポールは歩くと直ぐに疲れ、汗がダラダラしますね。


ジュースを飲み過ぎて、トイレにも行きたかったのと、
散歩も疲れるので、涼みも兼ねてorchard parade hotelへ。
格式高そうなホテルです。綺麗だし、豪華!
そして、ロビーの横にマッサージ屋があります。
マッサージ屋というより、SPAと言ったほうがいいかもしれません。


ホテルにあるマッサージSPAで、落ち着いた雰囲気だし、
さすがにエロは無いだろうと、本気のマッサージのつもりでイン。


疲れたし、まじめなマッサージを受けて、まったりしたいです^^


「いらっしゃいませ、どのコースにしますか?」


「どれがオススメですか?疲れているので、
疲れが取れそうな全身マッサージが良いんですが。」


「では、これで!」


60分100SGDの全身コースに決定です。


個室に通され、早速開始です。


マッサージの技師は、チャイナ系とマレー系の
混ざった美人なおねえさんだ・・・エヘヘ!!


綺麗なお姉さんに施術をしてもらいます。
下から上へ、程良い力加減で、癒されます。


非常に気持ち良いマッサージ。まさに望んでいたマッサージです。
そう、望まれた”まったりマッサージ”が満たされた今、
欲ばかりのまりりんは、このお姉さんとのエロい事を妄想し始めました。


マッサージ終了!!気持ち良かったんだけど、なんだかむらむらしたw
まぁ、仕方ない、ここは引いて、他でヤろう。


けど、あんまりマッサージが気持ちいいので、
我が愚息がブンブン言い始めちゃいました^^


それを見たお姉さん。


「ねぇ、スペシャル、やる??」


とのこと。既に彼女の手は僕のアソコを触っている。
さすが、その雰囲気を感じ取ってくれたとは、プロマッサージ技師です。


「OK!でもいくら??」


「うーん、いくらくれる??」


「そうだねぇ・・・100SGD!」


「えー・・・もう一枚ちょうだいよ!!」


「じゃ、いらない!」


と言うと、


「うーん、でも私、上手だよ。お願いお願い!!」


とOKもしていないのに、おもむろにフ○ラを始める。


拒否もできたんだけど、本当に気持ち良いのには間違いは無い!!



ここで止めてもらうのも勿体無いし、仕方ないから、払うことにした!負けた。笑
でも、自分に正直が一番です。


「ん、じゃ・・・イクね。」


と、口の中でフィニッシュ・・・。

<続く>

2012/03/21

シンガポールからインドネシア・ビンタン島への行き方。

<前回からの続き>

12月2*日:インドネシアのビンタン島へ。



今日はシンガポールを出て隣の国に遊びに行きます!!


本当は噂のバタム島に行きたかったんだけどねー。

バタム島はシンガポールの男が週末に大挙して遊びに行くところらしいので・・・。
まっ、それは次の機会で・・・^^ まだまだ人生先は長い。


9時:タナ・メラ駅へ。
タクシーに乗って、タナ・メラフェリーターミナルへ。


あれ、乗ろうと思ったフェリーには乗れなかった・・・。
そりゃ、発車15分前じゃ、無理か。イミグレもあるので、出港の30分前には行くべきですね!


結局、1時間後のフェリーに。フェリー乗り場は何も無いし、暇つぶしに苦労します。
友達と一緒で良かった!!一人だったら、ビンタン島行かずに帰ってます。笑


11時:イミグレを越えて、定刻通りに出航。


ビンタン島まで1時間だし、フェリーの造りも香港発マカオ行きのフェリーのようだ。


12時:インドネシアのビンタン島に到着。


インドネシアは入国にビザが必要である。


イミグレの前にビザを買うところがあるので、そこで購入。
$10くらいしたのかなー。金がかかるのは良いんだけど、
窓口が一か所しかなくて、とにかく混む!!


そして、その先のイミグレも時間がかかって混む!!


僕はスムーズに入国して、アライバルホールで待ってたんだけど、
連れ二人はちょっとトラブルあって、遅れて到着。


ビザ買うところで、金払った払わないでトラブったらしい・・・。
こういうところでは良くある話だよね。気をつけなければ。


そして、シンガポールとインドネシアでは時差が一時間ある。
一時間時計の針を戻すが、これは得した気分♪


その分、シンガポールに帰った時にツケが回るんだけど。


13時:到着ホールに居た旅行会社にタクシーを頼んで、
ニルワナリゾートのビーチへ。15分ほどで到着。



僕はリゾートの雰囲気が大好き^^
ビーチに腰掛けて、ビールを飲むなんて、最高です。


美しい海、美しい浜、美しい空!
だけど、海は荒れてて、全然綺麗じゃなかった^^


15時:2時間程滞在して、すぐにフェリーターミナルへ戻る。
本物かニセモノか分からないが、激安Poloショップで大量購入。
恐らく日本で買うと3倍くらいするんじゃないかな・・・!!



16時:ディレイして、30分程遅れて出航。シンガポールへ帰る。


リゾートを楽しんだ様々な国籍の人らが乗船している。
そんな雰囲気もマカオから香港に帰る時に似ている。



18時:シンガポール着。
タクシーに乗って、ゲイランへ。


遊びに・・・でなくて、夜飯にです!


カラン駅の南、ゲイランストリートに面する所は中国北方料理が多く集まるエリアである。
そう、火鍋を食べに!!火鍋の店が多くある!!


火鍋バイキング、15SGD(約900円)なり。
初めて食べたけど、辛い・・・!!


20時:ホテルに帰る。


明日はお遊び再開です。

<つづく>

2012/03/20

シンガポール・セントーサ島へ。シンガポールの都市開発。

<前回からの続き>

12月2*日:10日間の滞在もあっと言う間に残り僅かです。


セントーサ島へ。

ここは、政府主導の観光開発が島全域で行われており、ユニバーサルスタジオとか

水族館とか、博物館とか、カジノとか、ゴルフ場とか、ビーチとか・・・ある。

シンガポールのリゾートだ。しかも、都心からも30分あれば到着する。
素晴らしく恵まれた環境にありますね!!

セントーサへの入り口、HarbourFront駅へ。

駅に付随するショッピングセンター、デカい。
そして人も多い。


そのショッピングセンターの上の階にある、

セントーサ行きモノレール、非常に混んでいる・・・。

明らかに輸送力不足。全区間乗っても、たかが5分しか乗らないのに

乗るまでにその4倍の時間がかかります。



まずは駅から歩いてすぐのビーチへ。

さすがにちょっと天気が悪いこともあってか、泳いでいる人は少ない・・・。

けど、浜辺でリラックスしている人は多く、こういうシンガポールライフ、羨ましい。

目の前は世界でも有数な航路で、東アジアの生命線であり、多くのコンテナ船が行き交う。

ゆっくりした後、駅の近くにある話題のセグウェイに乗って、からのカジノへ。

ちょっと時間潰しの予定だったけど、数万儲かったわ♪早々に退散。

島全体がディズニーランドのようで、買い物も出来、海も泳げ、カジノも出来て・・・

日本も東京湾沖にこういうの作らないかなー。

明日はインドネシアです。

<続く>

2012/03/15

政府公認遊び場のゲイラン。大きな木が目印の優良店。

<前回からの続き>


シンガポール・ゲイラン。



一店目をあとに、さっそく二店目を物色。
日本人に人気という、噂の「大きな木が目印」の店へ。
前もってネットで調べた情報です^^


おお、さすがネット情報。日本人に人気があるはずで、
先ほどの店とは全く女の子のラインナップの質が異なっている。

8人くらいいて、6人は選べ、2人の子は特にGOOD!
どちらかで悩んだ挙句、白肌ギャル系の小姐をチョイス。


21歳、広東出身。

この店はさっきの店と違って部屋が綺麗で広い。
女の子の生活感があんまりなくて、派手なラブホのようです。


「ニーハオ。可愛いね。日本人にモテるでしょ。」


「そうそう!私の相手、日本人ばっかりだよ。でも、日本人優しいから大好き。
中国人や韓国人も多いけど、あの人達、すっごい乱暴なんだもん。」


日本人の評判は夜の世界でも抜群です。
先輩らの、今まで積み上げてきた小姐に対する優しさに敬意を払い、
僕もそれ以上の評判になるよう努力しなければならない。
ただの日本人に対するリップサービスかもしれませんが^^


「ところで、どれくらい働いてて、どれくらい働くの?」


「ここに来て半年、で、2年経ったらビザの関係で広東に帰らなくちゃいけないの。」


やはりビザの関係で2年しか居られないらしい。

2年経ったら強制出国なんて制度もいいかもしれない。
日本も今の不法就労放置なら、こういう措置を取るしかないのでは!


「さっさ、こっちこっち!」


と、シャワーへ。


今日はアロママッサージもして、シャワーも何度も浴びてて、
僕の身体は相当綺麗なはずです^^


シャワーの後、ベッドへ。
ゴムフ*ラをして、メイク○ブ。


先程と同じく、機会のようなこの流れが
シンガポールの性産業では、システム化されているようだ。
本日3人ヤって、3人とも例外無しの同じ流れである。


ですけど、我が愚息はいつも元気で、彼女の中に吸い込まれてゆく・・・。


「気持ち*い!!気持ち*い!」


と彼女、下手な日本語で言ってます。
しかも意図的に言ってる感がバレバレですね^^


もう少し上手く演技して欲しい。
って、もう少しまりりんが上手にエッチ
すればいいだけの話です、ごめんなさい!


時間までイチャイチャして、これで80SGD。
コスパは良いんじゃないかなぁと思います!


「シンガポールはいつまで居るの??
また来てね、あっ、電話番号教えてよ!」


電話番号は教えたけど、この小姐と次は無いな~。
いや、可愛いんだけど、特に次に選ぶべき理由も無い。


18時:さすがに本日3回もやると、もういいや、と思う^^
正常な判断がまりりんにもできるようです。


ゲイランを後に、アルジュニード駅に向かって帰ります。
その途中には、立ちんぼ多数だ。
相変わらず可愛くないですがねぇー。


アルジュニード駅近には、露天も多数!
結構ここが楽しいです。


19時:ホテルでK君とF君と合流。
近くのホーカーへ。いつもの店へ!





「ところで、バードパークは楽しかった??」


「もちろんだよー、お前も来れば良かったのに!!」


僕は僕で十分楽しんでましたよー、
少なくとも鳥見学よりは良いんじゃないかなぁ。
と思います。(鶏見学なら良かったが。)


翌日はセントーサへと向かいます!
まだまだ夜の調査は足りぬ、です。

<続く>

2012/03/14

ゲイラン。シンガポール政府公認の遊び場いかに。

<前回からの続き>

カッページプラザですっかり元気になって、
本日のメインであるゲイランへ!!
電車でも良かったけど、初めてだったので、タクシーで行きます。

「おっちゃん、ゲイランまで。」


「あ??もう一回言って?ゲイラン?どこだ??」


「ゲイランって、ここ、分かる?(←地図指しながら。)」


「あぁ、ゲランね。あんたの発音悪いから分からなかったよ、アッハッハ。」



日本人は「ゲイラン」と言うが、
現地の人はそれでは通じにくく、「ゲラン」と言ったほうが良いみたいです。



「あんた、遊びに行くんでしょ??なら、ここらへんだ。」


下ろされたのが、ゲイランストリートから南北に延びる小道の、
lor2018(通りの番号名)のあたりです。


「店の前に番号の有る店に行きなさい!それ以外はダメ。
運が悪ければ捕まるし、立ちんぼは違法だからね。エ*ズとかも怖いよ。」


番号の有る店=政府公認、らしいです^^


太陽はまだ高いが、既に店は営業中のよう。
番号の店の前を歩くと、


「にーちゃん、見るだけタダ、見るだけ!!」


と誘われたので、遠慮なく入ります!


店は金魚蜂スタイル、いわゆる置屋って感じで、
タイのマッサージパーラーにも似た感じだ。
現在は、その金魚蜂の中に10人程度の娘がいる。
隣の店も、その隣も店も似たような感じた。


値段は多少の差があり、
45~60分で70SGD(4200円)~100SGD(6000円)です。



しかし、どの店を見てもみても、好みの可愛い子がいない。


噂のゲイランこんなもんか?!マカオとは比べ物にならない!
安いし、とりあえず試してみるか、ということでチョイス。


21歳、チェンマイ出身。


「タイ出身なんだね!バンコクとかは、エロ産業盛んなのに、
なんでわざわざシンガポールに来て仕事をしているの??」


「それは、シンガポールのほうがお金稼げるから!!」


「へぇ~、ところでどのくらいの期間、シンガポールで仕事するの??」


「二年間。ビザが二年しか降りないのよ。」


とのこと。勉強になります・・・。
政府公認の店だと、ビザも下りるみたいだ。
通常、自国以外であれば、不法入国して働くか、
観光ビザで入ってそのまま就労するケースが世界の大半だと
思いますが、こうして認めるべく所は認めて、しっかりと管理する
というやり方のほうが正しいと思いますが、いかがでしょう。


通された部屋は何とその娘が住み込みで生活をしている部屋らしい。
お世辞にも奇麗とは言えず、生活感丸出し!


それが良いかもしれなが、僕はちょっとなー。


狭い中にベッドとシャワールームがある。まずは、シャワーへ。


「わぉ!ビーッグ!!」


僕のは世界的に見て、小さい方だと思うんだけど、
こう言えば客は喜ぶと教育されているのだろうか、
決まり文句のように今までも言われたことがある。
何度も言いますが、決して僕のは大きくありません^^


そんな営業トークを言われると、アソコはゲンナリしてしまいます。


一通り洗って、ベッドへ。


ゴムを付けて、フ*ラから。
その後、元気になったところで、メイク*ブです。


まりりん、どんな女でも、どんな環境でも、
すぐに愚息が元気になるところが取り柄です^^


さっきのマッサージ屋と同じで、流れ作業的な感は否めません!
俺はまな板の鯉か!


出すことが目的だし、これで良いのかもしれないけど^^


45分70SGDなり。
安いし、コスパはいいんじゃないかなと思います。
ゲイランの娘がもう少し可愛ければいいんだけど。

<続く>

  

2012/03/13

シンガポール・オーチャードのカッページプラザ。

<前回からの続き>

12月2*日:10時起床。


朝起きて暖かい気候とは素晴らしい。
日本のようにジメジメ感無し!だけど、いつもより暑い朝です。


ホテルから歩いて30秒の毎日通うようになったお気に入りのホーカーへ。



ここの汁無しロー麺が非常美味しい!!
短い滞在ですが、毎日行くので、店のおばちゃんとおじちゃんに顔を覚えらてしまいました^^



「ニーハオ!今日は暑いね!いつもの汁なし太麺で。」


「ニーハオ!了解、いつものね。今日はどこに行くの??」


「えーっと、カジノ!(それと、ゲイラン!)」


「おお、カジノね!行ってみたいね、行ったことないんだよ。」


こんな何気ない会話が普通にできるのって良いですね。
まぁボクが外人だから、気を使ってくれてると思うんだけど、
日本ではこういう人の温かさ、街でなかなか感じられません。



他人と毎日話すときはコンビニで、「袋要りません。」ばっかりです^^



しかし、カジノにも行くんですが、カジノだけでなく
今日はゲイラン(政府公認赤線地域)へも行こうと思っています!


けど、僕が誘ってもK君とF君は乗らない・・・。
それならばと今日は自由行動で、彼らはバードパークに行くようだ。




僕は鳥には全く興味無し。鳥よりオンナの方が良いと思うけどな~。


11時:こんな早くからソノ手の店は営業してないだろうから、
散歩にチャイナタウンへ。



ネットで見ると、チャイナタウンのマッサージ屋にも、
その手を専門としている店があるようです。



チャイナタウンにあるピープルズパークコンプレックスへ。
ここの上の方の階に、その手のマッサージ屋が中にはあるそうだ、との噂。
だが、普通のマッサージ屋ならいくらでもある。が、その手のは見つからない。
しかし、探しても、そんな怪しげな店は見つからず・・・。
店もオープンスタイルが多く、とてもこんなところでは難しそうだ。


おとなしく、普通のマッサージを受けます。30分10SGD(約650円)



12時:チャイナタウンで昼食。
やっぱり中華食は好きだし、チャイナの雰囲気はどことなく安心します^^


13時:サマーセットへ。


日本人御用達ビルと有名なカッページプラザへ。


大きな地図で見る

カッページプラザはサマセット駅から数分の位置にあり、
オーチャードロードから一つ入ったところに存在しています。


午後に行ったということもあり、ほとんどの店舗は閉められております。
そりゃ、この時間ですし、このビル自体、夜の為にあるビルですから^^
また、日本語で書かれ、日本人を客としているであろうスナックやら、
キャバクラやら、そうした店がほとんど!!


フラっとカッページプラザを上から見学してたら、
その中の一角にマッサージ屋を発見です。
ちょっと覗いたら、受付のおねぇちゃんと目が合いました!


「おにーさん、見ていくだけで良いから!さっ!!こっちこっち。」


完全に目的バレております!誘われるがままに入店。



まずは普通のマッサージをチョイス。
50分で45SGDです。その後、スペシャルを追加でやるかどうかを選ぶという仕組み。


受付のお姉さんに連れられマッサージ部屋へ。
そしてすぐに3人の女の子を部屋にIn。


「さぁ、さぁ、どの子が良い??可愛くて若くて、どの子もいいよ!」


しかし、どれも納得できず・・・とは言え、お金は払ってしまったので、
引くわけにもいかず、まぁまだマシかなと、チョイス。
今思えば、チェンジできたのかな?


26歳、四川出身。



最初のマッサージは20分ほどで終了です。


正直、マッサージは期待してなかったんですが、
アロマオイルを使ってのもので、なかなかGOODです!



その後すぐに、


「おにーさん!スペシャルマッサージ、する?」


もちろん、それを始めから期待していたので、断る理由は何もありません。


「是是是!多少銭?」


「うーん、100SGD(6500円)は??」


「ダメダメ、高い。ならいいや。」


「えー、なら、60SGD(4000円)は??」


「うーん、良いよ。」


あっさり40SGD下がりました。なんだこりゃ^^


早速、ゴム付きのフ*ラ。流石、プロは中々!!


シンガポールで溜まってたこともあり、
元気になって、直ぐに騎乗位のメイ**ブ。


たまに有るんですが、アノ中のヌクモリを感じるのって、ありますよね。
この小姐、ヌクモリが非常に心地良いっす。顔は好みじゃないが、コッチは好み^^


流れ作業的にフィニッシュ。温もりでイきましたわ^^


安さもあり、まぁ、こんなもんかな、と。


まだまだ遊び足りるはずもなく、ゲイランへと向かいます。

<続き>

2012/03/12

シンガポールを代表するお下劣遊び場、オーチャードタワー。

<前回からの続き>


*オーチャードタワーの位置。




オーチャードロードから一歩入った
Orchard Hotel singapoleビルのバーへ。



とりあえず休憩を兼ねた周辺状況の観察と聞き取りです^^

まぁ、このバーは欧米系の植民地で、
我らアジアンはかなり居づらいけれど・・・^^


そして、
このバーの上層階に「サウナ!日本人御用達」
と書いてある店がある^^


おそらく、ソノ手の店なのだろう。いつか調査に行かなければ・・・。




さて、このバーの近くにあり、オーチャード駅から徒歩数分、
タイ大使館の隣にあり、オーチャードロードに面する
Orchard Towers(オーチャードタワー)が、
シンガポール一有名なお遊びビルだそう。


バーからも、このビル周辺は異常な空気なのをすぐに察知致しました!!

引用



オーチャードタワー周辺は立ちんぼ多数

売春には厳しいイメージのシンガポールなのに、かなり意外です。




でも、どれもこれも全然可愛くないし、妙に歳食ってるような。

可愛くないインドネシア系多しで、全く興奮はしません。笑


そんなことを言い出すと、シンガポール自体、全く可愛い子見かけませんが。

今まで見た世界でも有数のブス国家だと思います^^




早速、オーチャードタワーへ。


マッサージ屋がいやに目につく!


相当怪しい雰囲気満点!!お姉ちゃんが目で誘ってますよ、ええ。

こんな感じです。

引用



タワー二階、怪しいマッサージ屋の隣、

左側にあるバーへ。このバーは有名な出会いバー(売春バー)で、

店の中は欧米系男性と東南アジア系女性で占められていた!!



「いらっしゃいませ。何名様?」


「3人です。あの席でいいですか?」


「かしこまりました。どうぞ!!」


案内され、テーブル席へ。

男3人、欧米系ばかりの中に、アジアン男はかなり浮く・・・笑


とりあえずビールを飲み店内の様子を観察。



早速、強い視線を送る女性が多数です!!!

が、あちらからは話かけて来ず。
また全く好みでなかったので、パス。


ここも、インドネシア系、中国系のブスを集めた感じだ。



可愛い子もいるが、そんな子は既にキープされてたし、

女の子は入れ替わる様子も無いので、1時間立たずして退店です。


この店の女の子は日本人の好みには合っておりません(^^;

欧米系専門、って感じですね。彼ら、日本人の好みとは真反対にある
ようなアジアン女性が好きですから。笑



「おばちゃん、ごめんなさい。会計で!」


「良い子居なかった?残念ね・・・それなら、
ここの5階に行きなさい!!良いお店あるよ!」


店員のおばちゃんはかなり親切で、チップも求められず
明朗会計で良かったですよ、たぶん二度と来ないけど^^




21時:おばちゃんオススメである5階にあるTOPへ!!

 (引用


入場料は10ドルでビール一杯だけ!
それ以外は求められることも無く、安くて安心です。



店内は、ポールが並び、そこでおねえちゃんがイヤらしく踊ってる。
いわゆるゴーゴーバーってやつなのかな。

(本場タイのゴーゴーバーを経験するのは、これから二ヶ月後だ。
また、これをゴーゴーバーとは言わないのだと思う。どうなのかな??)



踊っている女ではなく、僕に声をかけてきたのは、

バンコク出身、24歳の、おねえちゃん。
文句なしの合格ライン。この子ならお持ち帰り、良いかも!!



「なんで本場のタイでなくて、シンガポールで働いてるの??」



「シンガポールのほうがお金が良いから!」



こんなどうでもいい、つまらない、盛り上がりに欠ける

いくつか会話を繰り返す。




なかなか可愛いが、どうも顔が男っぽいような気がするような・・・。
そう思うと、ニューハーフかもしれないという疑惑も。



そして、飲み物をやたら強請るので、面倒になってきた。
会話が不自由なので、仕方ないんですがね。


でも、そんな子って、いざヤる時でも地雷ってのが、何となくの経験からです(^^;


「ごめん、もういいや(^^;」


というと、すぐに去ってくれたのだが、
これ以降、僕に話しかけてくる女性は居ず。



まだ早い時間で、女の子も客の数も多くなく、我らが目立ってしまい、
んなことで、居心地が悪くなったので、この店も1時間立たずして退散。


結局、本日成果なしです。





帰り際、エレベーターで視線を送る女性多数、

エロマッサージ屋のねーちゃんからの勧誘、


「おにーさーん、コッチコッチ!!」


誘惑に駆られるが、友達2人のこともあり、
また後日もあるということで大人しくビルから出ました^^



オーチャードタワーの前でも、さっきに増してたちんぼ多数ですが、

どう見てもハズレばかりで、早々と帰ることに!




焦らず。まだまだシンガポールは長いのです。




24時:早めの就寝。




明日はシンガポール政府公認のお遊びエリア、
ゲイランへ!!




  

2012/03/10

シンガポールから、マレーシア・ジョホールバルへの行き方。

12月2*日:シンガポール*日目。

そう、今回の旅は何と10日もシンガポール滞在だ。

日本での日々は疲れるし、年末はゆっくり海外で遊びたいしね。笑

今日は国境を越えてマレーシア・ジョホールバルへ。

10時:ブギス駅から歩いて5分程度、クイーンズストリート・バスステーションから、
ジョホールバル行きのバスに乗車。



どこからともなく、このバスステーションに人が集まり、バスは満席!

本数はかなり出ている(5~10分に一本)模様。
シンガポール・マレーシアの流動が多いんだろう。

立派な高速だ!高速の周りは熱帯雨林で、東南アジアを走る高速道路と
自覚させられる。そこかへんから動物が出てきそうだ。
しかし、ふとしたところに高層マンションが。ちょっと香港っぽい。

30分ほどで国境のゴーズウェイに到着。
バスを降りて、イミグレへ。


11時:シンガポール出国のイミグレをスムーズに通過。

再びバスに乗り、5分ほどで海峡を渡り終え、マレーシアのイミグレへ。

マレーシアのイミグレは最近、新しくなったばかりらしく、デカくて、綺麗だ。

イミグレのお姉さんはイスラム国・マレーシアを象徴するように、
スカーフを頭に巻いていた!可愛い・・・笑

12時:イミグレのビルに隣接している巨大ショッピングセンターへ。
日本のイオンと変わらんじゃないか。
シンガポーリアンは休日、物価が安いこの街、このショッピングセンターに
ごった返しているようだ。K君もシンガポールよりナイキのシャツが安いとかで喜んでた。


13時:ジョホールバルをフラフラ。

海沿いに行ってシンガポール・マレーシア間の水道を見たり、マレー鉄道見たり、
ニセモノ市場を冷やかして、なんだかんだで時間は潰れる・・・。


インドとタイと中国を足して割ったような街だ。

ジョホールバルは治安が悪いだのなんだのガイドブックに書いてあり、
少々不安だったけど、昼間ということもあるし、至って普通だ。


ガイドブックのこの手の治安情報とは極めて役に立たない。

16時:シンガポールに帰国。
帰りはラッシュ時間帯とあってか、国境を行きかう車やバイクが物凄い多く、
イミグレも混んでいた。。。

17時:ブギス到着。

一旦、ホテルに戻って、休憩!お風呂代わりのプールが気持ち良い!!

さてさて、夜遊び夜遊び!!
(そういえばジョホールバルで遊ぼうという発想はこのころまだ無かった。
今だったら絶対に遊んでる。)

<続く>

2012/03/09

一日でシンガポールを!マーライオンだ!!

<前回からの続き>

12月*日:到着翌日、シンガポールを観光!!

9時:中心部のラッフルズスクエア、マーライオンへ。


の前に、朝ごはん。

いや、僕、やはり屋台大好き。こういう文化があるところに住みたいわ。
ちなみに、シンガポールでは屋台の集合体をホーカーと言って
街の至る所に存在する!食べ物天国だ。
(朝飯を食べたところはホーカーとは言わないらしい。)


そう、そして、日本は寒~い冬の真っただ中。
しかし、シンガポールは夏!昨日までの寒さが嘘のよう。非常に心地よい。
過ごしやすく、そして爽やかなシンガポールの風が僕らを包みます^^


10時:ラッフルズ像、マーライオンと定番の観光スポットを行くが、観光客が多い。
しかし、この、中心のビジネス街はネクタイを締め、
さっそうと高層ビルをゆく、東南アジアの金融都市、シンガポールの姿ですね。


ああ、僕も将来、こんなかっけええサラリーマンになりたい・・・。


そして話題のマリーナベイサンズも。

マーライオンでは、中国人観光客が非常に多かった!


11時:中心部を抜け、南へ歩くと大きな屋台や韓国街?も見かけた。
ちょうど駅があったので、そこから地下鉄でオーチャードロードへ。


12時:オーチャードロードはシンガポール、
いや東南アジアを代表するショッピングストリートです。
デパートは伊勢丹や三越などの日系があり、これは非常に大きな存在感があります。


14時:適当に歩いて、ブギスまで。
ブギスには、賑やかな中華系ショッピングストリートがある!
やっぱ、中華系って、親しみを感じて、居心地良いねー。


そしてブギスからは、アラブストリートが近い。


16時:アラブ!モスクが見える。しかし、アラブっぽいのはこの周辺だけで、
非常に小さい街であった・・・。絨毯屋が多い。そう、ペルシャ絨毯の店だ!!


18時:中心部に戻って、マリーナベイサンズへ。
カジノに行こうと思ったが、パスポートを失念。
後日再来(というか、ハマって毎日来る羽目になる。)ということで、
施設内をフラフラ。


大型ショッピングセンターになってて、カジノもあるということで、
高級志向な店が多いんだけど、しっかりホーカー(屋台)もあって、
そこは安くて、ばっちし!!
横浜のランドマークプラザにちょーっとだけ、雰囲気は似てるかも。


そして、施設内には運河(写真下方)が・・・、
マカオのベネチアンをパクった様な感じだ。
といっても、経営者は同じ、サンズグループなんですが。


何より、このサンズからの眺めは最高です!シンガポールの
中心部を贅沢に望むことができます。夕暮れ時、デートや家族を連れて
楽しむその姿に、ちょっぴり嫉妬をしてしまいます^^ 男三人じゃーー。


20時:更に嫉妬スポットのシンガポールフライヤー(観覧車)へ。

一日でシンガポールを見てしまった。

<続く>
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...