2013/08/26

明後日より、香港へ!

いよいよ明後日より香港に行きます!!

初日の予定としては、香港空港→東莞のサウナ→澳門のサウナで
先輩と合流、って感じて予定しております。

東莞では前回と同じく君悦酒店かなー。可愛い子の番号も
先輩に教えてもらったし!(最近ハマってるチワン族の子です。笑

澳門では東方かリオへ。でも東莞でヤる(できれば2人。笑
ので、澳門では寝るだけかーーー。それでも夢のようでワクワクする!

日本に居ると、全く気合が入らないのに、香港(というより東莞澳門ですか。笑
行く予定を考えると、めっちゃ元気になりますね^^

日本ってなんてつまらない国なんだろーーーー。

人生遊びが一番。

また報告します!

2013/08/25

下川島の衝撃。重慶のコは可愛い子!

<前回からの続き>


噂では、街に女の子と客引きがいっぱいいて、
置屋もあって、ということであったが、
表通りの大通りはそんな感じではなかった。


まだ早いかな。


置屋かな?ってのは裏路地にいくつかあっても、
なかなかドアを開けづらい。


と思っていたら、杞憂でありまして、
おばちゃんが入れ入れと言ってくる。


少々強引に腕を掴まれ、連れられたのは、花園酒店の置屋。
女の子は15人ほど。テレビを見ながら、
椅子に座って、実にのんびりしている。


しかも、若いのが多い気がする・・・
これ、年齢的に大丈夫ってのもおります。


おばちゃんの一言で、みんなだるそうに、
立ち上がり、僕を見つめてくる。


「ショートは300、ロングは500、どうするんだい?」


と、まぁ、特別可愛い子もいなかったし、
ここで焦っても仕方ないと思い、とりあえず様子見で。


そうすると、後ろからも出てくるし、仕事終わりの
子も返ってくるし、少しづつ入れ替わりがある。


「おい、早くしてくれよ。誰を選ぶんだい!!!」


と、おばちゃんの急かしが結構ウザイです^^

まぁ、手始めに、軽くいきますか、ということでチョイス。
後からやって来た子で、非常に好みの顔だ。


18歳、重慶出身。


なんか、好きな顔だなと思ったら・・・
重慶っぽい顔、好きなんですよ。


いつか重慶にも行かなきゃですね。


早速、ホテルに連れて帰り、メイク○ブ!!
あんまりメイク○ブをしたことが無いの?って感じの子だったけど・・・。
時折感じるその声が非常にいい。


しかし、マグロに近いし、可も無く不可もなく。1時間ほどで終了。


素人で、買う女というより、落とす女って感じです。


「また宜しくね!電話番号は***だから!」


と言われたけど、こんなメイクラ○は一回だけでいいです!


気を取り直して、二軒目!
海沿いを歩き、小石屋と桂園の海側の置屋へ。
店の前をウロウロしていると、さっそくおばちゃんに腕を掴まれる。


「今、連れてくるから、待っててね。」


8人ほど連れてきました。


もっと下川島って、オンナが溢れているところだと思ったけど、そうでもないのかな~。


某週刊雑誌には、2000人がいる中国最強の
エロアイランドという触れ込みだったんですが。


その10分の1、200人もいるのかな?って感じです。
噂が噂を呼んで、それが誇張されて日本に伝わっている気がしますね。
こんな感じの島の置屋だったら、中国のそこらへんにいっぱいありますし。


そして、話がそれますが、初めて下川島に上陸して、
エロを開拓した日本人って。いつ頃で、どんな人なんだろう。ふと思いました^^


よくこんな田舎の島を探したと思いますよ、現代のトレジャーハンター^^
日本人が知らないだけで、こういう所って、
中国中、世界中いろいろあるんでしょう。
未だ見ぬ楽園をいつか探したい・・・。


おっと、話を戻します。


でも、人数が少なくても問題無し!
中国の女の子好きですから、全然選べます!!


ここでも、まぁまぁ好みの子が居て、


「ニーハオ!どこ出身??何歳??」

「重慶出身だよ!!18歳!!」


あらまた、まさかの重慶。
そんな雰囲気はプンプンしていましたが^^


おばちゃんから、


「ロングでどうだい??選んじゃないなよ!!」


と、薦められるがままにロングに。
初日から過夜を選ぶつもりだったし、
あと2日あるし、まぁいいか、ということで。


恥ずかしながらも、早く行こうよと急かす
重慶オンナが、とても可愛いですね!
急がない理由は無いし、早速ホテルへ!!


シャワーを浴びる時の、あの美しいクビレと、胸の具合が、こうなんとも、芸術的。
舌をネッとり、吸いつくようなその物と重慶笑顔は、いい!


 なんか、やばいです!


小さな大砲が獲物に向かってロックオンw


 <続く>

2013/08/24

やっと、夜遊びアイランドの下川島到着。調査開始です!

<前回からの続き>

さて、香港を出て6時間は過ぎただろうか・・・。
やっと、下川島の王府洲海濱旅游度假区に到着しました!!


こんな田舎の島に、何しに来てんだか・・・いやいや、正式な調査です!!


夢にまで見た下川島のエロゲートを潜ります。
きっと天国へ続くゲートです^^


入場料もしっかり。というか、40元もします。


そして、これ、ハガキになるんです^^
遊び記念にはがき出せます!


さて、この夜遊び観光特区内は歩いて移動
できるほど小さいというのは確認済みです。


早速、ホテルを目指して、端っこのホテルから、料金を聞きますか。


確かに小さくて歩いて行ける距離だけれども、
暑い・・・広東省の海沿いは暑いです。香港以上かな??
そして、噂のカートには乗せてもらえずで、道端をテクテク歩くこと、数分。


最初のホテル、桂園酒店です。


なかなか綺麗!
そして、ロビー混んでる。


「今夜有冇房呀??(今夜部屋ある?)」
の簡単な広東語で通じました。


「有有!!(あるよ、あるよ。)」


と言われ、
「幾多錢呀?(いくら?)」
と聞いたところ、


「700元!」と言われました
(ウル覚えでありますが・・・)。


シーズンとは言え、さすがに高い!日本円で8500円程度です。
日本でもこんな値段で泊まりません。


おねーさんには簡単に金を払うのに、貧乏まりりんは、こういうところは意外とケチなんです。


気合を取り直して、次のホテルに向けて歩く。


暑い暑い。


桂園酒店の隣、富士酒店もそんなような価格、
やべえ、人民元足りるかな・・・。


そして周ること5件目くらいか、錦江大酒店へ!
なかなか綺麗なホテルなんで、期待していなかったけど、
480元ということで、ここに決めることにしました。


一日目だし、長旅だったし、何より早く休みたかった!
ではなくて、オンナに時間を費やしたかった!!!


さっそくチェックイン。部屋も綺麗で、wifiも有線ながら繋がるし、文句無しです。
シャワーを浴びで、金庫に金を入れて、さぁ、可愛い子との戯れへ向けて、出発です!!

<続く>

2013/08/23

広東省珠海市より台山市下川島への行き方

<前回からの続き>

さて、マカオフェリーターミナルから、拱北口岸へ。


拱北口岸国境の抜け方はこちらを参照して下さい^^


イミグレの建物、中国側は増築中だったので、
拱北口岸の混雑も近いうちに改善されるのかな~。


イミグレを抜けて、中国広東省珠海市へ入ります。


すっかり天気も上がっています^^


目指すバスターミナルはイミグレを出て、道を隔てたところにあります。
イミグレを背にすると、道の左側です!繁華街の蓮花路とは反対側です。



バスが並んでおり、駐車場もあるんで、すぐ分かります。
拱北口岸広場の下には巨大なショッピングセンターがあり、
地下ショッピングセンターを経由して行くのも良いでしょう。
拱北口岸出口から徒歩5分です。


拱北通大汽車駅に到着!
拱北の通りの、大きなバスターミナルです。

さて、バスターミナルに入って、チケットカウンターへ。


「台山山咀港、1位」でオーケーです!1位というのは人数で、
人数によってここを入れ替えるのみの簡単ですよ。


バスは11時がありましたが、それは既に満員とのこと。


満員?下川島にそんな人が行くのか・・・。


仕方なく、その次の12時30分で向かいます。



っても、2時間ほど空き時間が出来てしまったー。

珠海拱北口岸広場の下で早めの昼ご飯を食べます。


テキトーな感じの大陸は、慣れると非常に心地良い。
料理も美味しいです。


さて、バスが早めに発車する可能性も大いにあり得るので、
そうのんびりはしてられない^^
結局、心配で11時45分頃には拱北通大バスターミナルに戻ってしまいました。


バスターミナルの荷物検査をくぐり、待合室へ。


ヤルことが無く、人民の観察をするが、まぁいい時間つぶしになります。


突然騒ぎ出したり怒り出したり、床でトランプしたり、まぁ飽きることはありません。
そんな人民が僕は大好きです。


さて、


12時30分を過ぎたのに、いっこうに来ない、バス・・・。


あら、もしかして、やらかしてしまったか。
あれほど注意してバス見てたのにな。


と思いましたが、20分遅れで到着です。
大陸なんでオンタイムではないのは当たり前として、ひやひやさせられました。


遅れを取り戻すかの如く、
直ぐに発車、結局30分遅れで珠海を出ました。


珠海拱北発、台山山咀上下川行き!
冒険みたくてワクワクします。いいですねぇ^^


バスはガラガラで10人ほどしか乗ってません。
さっきの満員って・・・?


広東省珠江デルタを西へ、西部沿海高速の田舎を走り抜けつつ、
その先の下川島に想いを馳せます・・・。


途中、いきなり家族連れが高速道路の路肩で降りてったり、


前の奴が床にコーラをこぼして大変なことになったり、


人民、本当に落ち着きが無い^^
やっぱり、そんな人民が大好きです。


(これは、養殖池か?)

珠海から2時間程、やっと台山市の山咀港に到着です。


建物に入り、右側に下川島行きのチケットカウンターがあります。
下川島行きと上川島行き両方あり、注意が必要です。


早速、下川島行きのチケットを買うも、すぐに出発らしい!!


待ち時間無くて、良かった^^


しかし、
夏休みとあってか、非常に人民が多い・・・。


ひとつ前のバス満員も納得です。


田舎で綺麗な海かと思いきや、海は珠江デルタの砂で汚いですね・・・^^


乗船!小さい船だったし、臨時便だったのかな。でも、満席です。


船に揺られながら、隣のおばちゃんに、


「あんた一人?!」


と言われてしまった。エロ目当てがバレるなぁ。
家族連れが多いし、男1人は非常に目立つ、非常に恥ずかしい・・・。


しかし、変態な事を妄想すると、一刻も早く下川島に着きたい!!


長い長い、30分でした。


ようやく下川島の独湾港に到着です。
港の前に停車中のバスに乗り換え(10元ぐらい?)て、


更に山道を20分ほど越えて、「王府洲海濱旅游度假区」に到着!!


ようやくです。夢にまで見た、エ口アイランドの夜遊びゲート。


入場料を払って、、、さぁ、ここからは、中国最強のアイランド、調査といきますか!

<続く>

2013/08/22

<序章>中国最強のアイランド、広東省台山市下川島へ。

<序章>

2012年8月*日。

「中国最強のエ口アイランド」

「広東省の沖に浮かぶ夜遊びの島」

そして、

「男の楽園」

と言われる秘境、広東省台山市下川島!


大きな地図で見る

広東省台山市の沖に浮かぶ島、
下川島にある「王府洲海浜旅行中心」
への行き方とその内容を調査してきました^^


既にGダイアリーや他ブログ等、或いは2ちゃんねるでは超有名であり、
某週刊誌にも取り上げられたことがあると言う・・・。


そして、少し調べると、

「既に下川島は終わった。」

とのコメントを見かけます。


そんなことを書かれて、行こうか、行かないか、かなり迷うはず・・・
ましてや広東省台山市の沖にある島だ。


行き帰りも煩雑で不安が残るし、
遠くてもしダメだったら、せっかくの休暇がもったいない。


もちろん、私も迷いに迷って・・・


でも、行いきます!


私の場合、香港に住んでいるので、ハードルは
かなり低いんですが^^



少し探すと、こんな本も出てて、遊び方等下川島のことも
書かれているけど、自分の目で確かめなくては、何も分からない!


ってことで、一年前の2012年8月に、下川島に上陸してきました。


まずは香港・上環から、マカオ行きフェリーへ搭乗!


マカオフェリーターミナル到着後、タクシーで10分ほど、
拱北口岸(マカオ・中国ボーダー)へ。


そして、中国・広東省珠海市へ。
ここからバスで、エ口アイランドを目指します。


バスに乗りながら、想うことは、今夜の遊びばかり。・・・


さて、中国最強のアイランドと噂された
伝説の島、下川島はいかに!


マカオは今日も雨・・・。

<続く>

2013/08/21

香港から人生を考える。

遅くなりましたが私、2013年3月に大学院を修了致しました。

ただ、このまま日本に居ても色々無理そうだし、それなら人生香港で暮らそうかな。

ってことで、その下見?いや下見は十分だけど、気分転換に
9月上旬、香港と、再び東莞とそして、久々にマカオに行ってきます^^

マカオは18かなぁ~。最近、良い評判聞かないけど、どうなんだろう。

東莞のマッサージと、マカオのサービスが一体になれば、かなり凄いと思うんだけれど。

帰国後、レポートします。

2013/08/10

当ブログ登場人物紹介。

「香港発アジア行。」をご覧くださいまして、ありがとうございます。


まりりんはお陰様で多くの友人、先輩方と
海外夜遊びを同行させて頂いております。


そこで、当ブログに登場した主な方々の紹介を簡単に行います。


・番長さん



2013年8-9月香港・東莞・マカオ旅
2012年9月タイ・バンコク旅
に登場。

まさに夜の同士、目指すべき先輩像です。
大学時代の先輩ですが、番長さんと海外夜遊びを
同行させて頂いたのは、大学卒業以降の話です。
大学時代に一緒に行ってたら、もっと人生狂っていたと思います^^


香港・マカオの居心地の良さにハマったのか、
年に2~3回ほど行き来するフリークエントビジターです。


実は番長さんにもブログがありまして、「アジアの夜遊び」になります。
こちらも宜しくお願いします^^
同じ旅をしておりますが、番長さんからのまりりんに対する
視点が書いてあるので、面白いと思います^^


ちなみに、今でも東京で月一回ほど会ってます!

・Yuさん
2013年8-9月香港・東莞・マカオ旅
に登場。

Yuさんは、学生時代に同じアルバイトをしていた時の先輩です。
今でも毎週のように頻繁に飲んでいる飲み友達です^^


2013年8-9月香港・東莞・マカオ旅で一緒に香港・マカオへ行きまして、
初めての18サウナデビューとなったわけです。
実は東京でも結構遊んでいるらしい遊び人の夜の先輩です。


・Oさん
2012年9月タイ・バンコク旅
に登場。

元香港在住。同じ大学で、私が香港に住んでいた時、
香港にて行われた某大学OBOG会で知り合った方です。


Oさん、バンコク・パタヤが大好きで、かなりのタイ通です。


・T君
2013年10-11月香港・広東(東莞・恵州)旅
に登場。


香港人。ワーホリで日本に来ていた時に神楽坂にて出会いました。
高校生の頃、先生と一緒に東莞へ行き、そこで初体験したという凄い過去を持つ・・・。
まさに夜同士、夜遊びは国境を超えます!!
恵州のサウナ情報や深圳情報は彼にお任せです。


・K氏
2013年10-11月香港・広東(東莞・恵州)旅
に登場。


香港人。香港中文大学卒のエリートで、広東語、普通話、英語、日本語とマルチリンガル。
香港政府に務めており、尊敬する友人です。
しかし、夜遊びはしないらしい・・・。


・ヒデ
2009年1月初香港・初マカオ旅
に登場。

大学時代の友達。サークルで知り合ったイケメン。
常に彼女はいるし、遊んだ経験も数知れずらしいが、いわゆるチャラ男ではない。
まりりんの敵どころか、男の敵のはずが、どこか憎めない愛想あるキャラクター。
マカオのサウナでは、イケメンぶりを発揮する。


・W君
2015年10月上海旅
に登場。

仕事の関係で知り合った上海出身中国人のW君。
彼の御蔭で上海にて豪遊することになるが、その理由は彼は共産党員ファミリーだから。
彼のパパの威力は夜の力を牛耳っているよう(どこで本当かは不明)です。笑

でも、彼が実は素人童貞なのは公然とした秘密です。

ちなみに上海で僕以外とは上海語で話しているので、何を話しているか全く分かりません。


【最終更新日:2015年10月17日】
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...