2013/12/30

アクセス解析から、2013年の「香港発アジア行。」を振り返る。

皆様、今年もお疲れ様でした!


まりりんは年末年始に海外に行くことが出来ず、家でぼぉっとしております^^;;


しかし、円安で大変そうなんで、今はおとなしくしているのも悪くないと思います。


例えば人民元!!

去年12月は1元=13円でした。
ちなみにまりりんが香港に住んでいた2012年9月には1元=12円でした。
そして今日現在では、1元=17円です。


東莞のサウナのおねーちゃんが600元だとすれば、
2012年9月では7200円今日行くと1万200円ですから、エラい違いです。
それでもまだまだコスパを考えると良いところに違いありません。


しかし、長期的に見て人民元は切上げしてゆくでしょうから、
どんどん上がるし、中国国内のインフレもありますから、
2014年には更に条件が悪化しているかもしれません。


天国の行く末を気になってしまいます。
東莞が摘発される前に、まりりんの財布が耐えられなくなりそうです。


あと、我らが香港ドルもこの1年で、1HKD=10円から、今は13円!
香港141で400HKDのおねーちゃんが、1年前は4000円、今は5200円です。


1000円の値上がりって、かなり価格感変わってきますね。
もう141なんてイカネ!(*´Д`)=3


ついでに、タイバーツ。
まりりんが2012年9月に行った時は1バーツ=2.5円でした。
今は1バーツ=3円を少し超えるくらいです。


ゴーゴーバーで、ビール200バーツ+ペイバー代4000バーツ(+600)で4800バーツ。
2012年9月では1万2000円今行くと1万5000円。


3000円の差は小さくありません!!
ましてやインフレで、徐々に価格も上がってるという二重苦ですから、
タイで呑気に遊べるのも近い将来、無くなるかもしれません。


まりりん、これからどこで夜遊びすればいいんだ。(ノД`)


アベノミクスうんぬん言いますが、実態として性活が目に見えて苦しくなった1年でした。笑


民主党は何もしなかったかもしれませんが、円高なだけ、まりりんにとってはプラスでした。


2014年は円高になって、海外でのインフレも抑えられ、素晴らしい夜遊び年になることを
願っております!!早ければ1月か2月に香港かタイに行くと思います!!


そして、2013年をまとめるにあたり、「香港発アジア行。」の
2013年のアクセス状況をお知らせし、2014年の目標を定めたいと思います。


アクセス解析はGoogle Analyticsを9月から使用しているので、
9月から今日までのアクセスログを見ると・・・。


1日あたりのページビューですが、9月13日は329ページビューだったんですが、
昨日は3822ページビューと、約4か月で10倍以上アクセスが増えました。
(ちなみに、昨日は1日で最高のページビュー数を記録です!!)


10月の一日平均1600ページビューが、12月は2400ページビューです。


月間ページビューですが、10月は4万8千、11月は5万6千、12月は7万3千です。


オマケにGoogle Adsenceなんですが、9月は4200円で、12月現在は8000円です。
決して営利目的のブログではございませんが、夜遊び代の足しにはなりそうです!!

(色々ブログを拝見させて頂くと、ブログでの収入に興味がある方が多いようなので、
2014年はGoogle Adsenceの状況についてもご報告させて頂ければと思います。)


各数字だけ見れば、極めて順調に推移しております。


また、リピーター様がアクセスの約半数を占めているということもあり、
ひとえに皆様のおかげだと、本当に感謝しております。


2014年1月~3月の一日平均PVは3000へ、
月間PVでは、10万を超えられれば感動するほど嬉しいです。^^;;


奇怪な文章で、文字ばかりでかなり読みにくいとは思いますが、
2014年も地道に頑張ってゆきたいと思います。


アクセスの増加と、皆様からのコメントがこのブログのやりがいに繋がります。笑


というのも、2013年の最大の出来事は趣味にブログを書くことが加わったことです^^!
女も趣味も飽きっぽい性格ですが、ブログはしっかり続けたいと思います!!


2014年もどうぞ宜しくお願いします。

2013/12/29

中国夜遊びには欠かせない中国語の解説!その1

夜遊び中国語のお勉強!その一


夜遊びに欠かせないワードを集めてみたいと思いました。
ただ、夜の会話集などは、何も私が解説せずとも既に多くの著書があるので、
そちらをご覧くださいませ。




例えば、「男と女の中国語会話術―学校では教えてくれない!」です。


会話以外での、夜遊びを探している時に役立つワードを集めたいなと思っております。
隠語も多く、中国語不自由なまりりんには難しいですので、是非ともアドバイスをお願いします!


但し注意事項として・・・


私は広東語大好きで、広東語に敬意を表し、できれば広東語での音表記を
行いたいところですが、華南(広東)においても夜の世界では普通話が使われます。


理由として、そこで働いている女の子は広東以外から出稼ぎに来ている子で
広東語が話せないからです^^;;


ってことで、不本意ながら普通話表記で、でも文化の衰退である簡体字は大嫌いな文字なんで、
漢字文化万歳ということで、正規の表意文字である繁体字を使います。


まりりんの、無駄なこだわりかもしれませんが、お許し下さい!!



その1は夜遊びにあたって、基本事項とも言える中国語です。

・夜遊びのお店を探すときに重要な中国語ワード編。


「桑拿」(Sāngná)=サウナのこと。日本語のサウナという意味も含まれるが、桑拿はソープランド
の場合があるので注意。場合や地域によっては、その手のサービスが無いところもあるので、
見分けるには店の雰囲気と直感とともに、経験が必要である。ただ、香港やマカオであれば、
その手の店がほとんどである。その地域において、日本語の感覚で「桑拿に行く」と友達に言うと、
「エロしに行く」という意味に取られるので、十分注意が必要である。


「夜総会」(Yèzǒnghuì)=KTV、キャバクラのこと。但し、持ち帰り前提のキャバクラなので、
日本のそれとは仕組みも内容も異なっている。豪華な内装とともに、部屋にはカラオケがあり、
盛り上がったのちに女の子を持ち帰るというものである。女の子の質は桑拿に比べて高めと
言えるが、その分値段も高めである。中国語が出来ないとなかなか埒が明かないが、
マカオの場合であれば、日本語のできる担当者も存在するため、気軽に楽しめる。


「紅灯区」(Hóngdēng qū)=そのままを翻訳すると、赤い灯りの地域という意味。
繁華街というより、赤い灯り=風俗看板のライトということで、赤線、風俗地区を表す。
中国のどんな都市にでも存在すると言っていいが、その時の政治・社会状況等によって、
摘発されたり、場所が変わったりするので、最新情報を得ることを心がけたい。
ここでの遊びは床屋(理髪)、置屋である。


「理髮」(Lǐfà)=散髪屋のこと。日本語の意味である散髪屋の意味ももちろん含まれるが、
地域と店によっては、風俗店も兼ねている。しかしながら、その違いは店を見るだけで明らか
なので、そこまで神経質になる必要はない。地元客向けの為に価格も安いが、その分中国語しか
通じなかったり、病気やトラブル等のリスクも高い。語学とトラブル対応に精通していなければ、
近づかないほうが無難である。しかし、安く可愛い子とヤれるチャンスもあるので、
特に素人好きには向いているかもしれない。


「按摩」(ànmó)=マッサージのこと。もちろん普通のマッサージのことだが、店によっては、
スペシャルマッサージも兼ねているので、看板を見るとついつい注視してしまう単語である。
個室で行われる按摩であれば、スペシャルもある可能性も高いが、そうでないこともあるので、
相手側からの誘いに任せてみるのも手。普通のマッサージ店でエロを要求すると大恥をかくので、
ムラムラしている時には特に注意が必要な店の一つでもある。
また、盲人按摩の店ではエロを求めてはいけないが、エロいお姉さんからの勧誘がめんどくさく
感じた時に落ち着いてマッサージしたいときは、逆に利用するという選択肢もある。


「健康中心」(Jiànkāng zhōngxīn)=字のごとく、健康センターということも表すが、店によっては、
サウナとほぼ同じ意味を持つ場合もある。大規模な施設であることがほとんどで、店によっては日本の健康センターと同じく、大浴場があり、休憩室があり、マッサージありというものもある。
そのマッサージでエロ、非エロの分岐点となるわけだが、健康中心において、セクロスなしの
健康中心のほうが、よほど健康に悪いと思う。桑拿と併せて、街歩きの際には気になるワード。


「酒吧」(jiǔbā)=バー、ディスコ、クラブ等といった意味。特別エロいところではないが、
中国素人の出会いには欠かせない場所なので、酒吧からエロに発展する場合も大いにある。
なお広州や深圳の酒吧には、やたらオシャレなところもあり、日本よりもよっぽど欧米志向には
向いている場所である。特にディスコは日本と違い、客層も幅広く、日本では考えられない
ハゲ、デブなおじさんがはしゃいでいることもあり、非常に強い元気をもらえる場所でもある。


「酒店」(Jiǔdiàn)=ホテルのこと。特別エロい意味はなく、普通のホテルの意味である。
しかし、桑拿、KTVが併設されている酒店は注目すべきポイントであり、
普通のホテルとともに、夜遊びできるホテルの可能性が非常に高い。
どうしても中国でセクロスしたくなったら、酒店のサウナに突撃してみる攻め方もあり。
但し、ホテルの雰囲気やグレードによっては門前払いされるが、東莞のような場所であれば、
大型5つ星ホテルでもエロは可能なので、やはり地域性に考慮すべき必要がある。


「賓館」(Bīnguǎn)=酒店のようにホテルという意味であるが、イメージするのは安いホテル
であり、バックパッカーのような方々が泊まるホテルである。香港の場合では時間貸しホテルとして
営業している場合もあるので、普通に宿泊する時にはそのつもりで利用すべきしなければ、
雰囲気に大きな戸惑いを覚える場合もある。
もし素人の女の子、或いは街中の商売の子に誘われた時は賓館に行くことになるだろう。


「老板」(Lǎobǎn)=よく呼び込み等で、「老板!老板!」と耳にするが、
ボスという意味で、「社長!社長!」の意味である。遊ぶ側が老板と言われるのはもちろんだが、
馴染みのボーイには、老板!と呼ぶのも、相手を重んじる日本人ジョークとしては悪く無い。

トラブル時にも老板!と言わなければならなないが、中国の老板はやくざというか、共産党や
公安がバックに付いている怖いイメージで、できれば老板という言葉は発したくない。


今回は「・夜遊びのお店を探すときに重要な中国語ワード編。」ですので、
次回は「・夜遊びのお店に入ってからの重要な中国語ワード編。」をお送りします。


その2は、
中国夜遊びには欠かせない中国語の解説!その2

2013/12/28

広東省潮州市のサウナ・夜遊び情報!


深圳・廈門間の高速鉄道が開通へ。華南夜遊びに変化あり!

広東省汕尾市の夜遊び情報を調べてみた。


続きになります。本日28日、厦深高鉄が開通します!!
心より開通をお祈りしております\(^ ^)/


さて、深圳北を出発し、恵州市、汕尾市を抜け、小中都市を挟むと、
深圳-廈門間で最も重要かつ大都市である潮州・汕頭市に入ります。


汕頭市は中国の経済戦略上重要な拠点である経済特区であり、
汕頭市とともに潮州料理、潮州語などの潮州文化に代表される潮州市があります。


汕尾市とともに華僑が多い土地柄で、
まりりんの香港人友達にも潮汕にルーツを持つ者が多くいます。


潮汕出身の華僑と言えば、香港一・アジア一のお金持ちである李嘉誠さんが潮州出身です。
(※李嘉誠とまりりんは友達ではない。友達にはなりたい。)


そんな潮州と汕頭ですが、潮州市と汕頭市の駅である潮汕駅は・・・


あいやー、これまた随分不便なところだな(´Д`;)/
潮州市から約15km、汕頭市は約25kmあるぞ。


奈良にリニアが通るけど、京都としては少しでも京都に近付けて欲しいからって、
奈良の中心部ではなく、奈良と京都の中間付近に駅を設けて、結果両者不便になるようなものか。
(いや、どうなるか知らないですし、僕としては行かないのでどちらでも構いません。)


ただ掲陽市も含め、高速道路の位置を考えると、三市の中間点でうまく妥協したところかな、
という気がしなくもない。潮州・汕頭の中心部に駅となると、結果的に深圳-廈門の時間も伸びるし。


まぁそれにしても日本よりもめちゃくちゃに駅を作ってる感はあるので、
今はイケイケドンドンでいいけど、いずれか不便すぎてで利用者激減とかあるんじゃないか?!



そんなことはさておき、潮州・汕頭の夜遊び事情について調べてみることにしましょう。
まず興味を持ったのが、地球の遊び方に掲載されていた以下の記事から。


引用:地球の遊び方  第2336回 中国潮州にて格安ソープ! by ばす  2013年5月
<省略>広東省潮州市、あまり行く人はいないかと思いますが、 潮州料理で有名な地方都市です。広州からもバスで確か6時間くらい、飛行機だと汕頭市まで飛んで、そこからお隣です。今回行ったのは、とあるホテルの中にある***です。
 まず待合室で待ってると係員に呼び出されて、 20人くらい座ってる部屋をマジックミラー越しに見て選びます。そこから別室に行って、薬草風呂のような風呂で体を洗ってもらい、本番。料金は激安の250元!くらいだったはずです。<省略>

おおっ、なかなか潮州良さそうだぞ、という感じです。
もちろん夜遊びをメインにするには東莞や恵州に敵う都市は無いでしょうけど、
潮州や汕頭は夜遊び抜きでも一度は行ってみたい土地です。


昼は真面目にお勉強観光して、ついでに夜遊びできれば、素晴らしいではないか!!
という視点ですので、夜遊びメインな方は東莞恵州の記事をご覧ください。


さて話を戻しますと、某巨大掲示板でも、ここ数カ月時折潮州の話題が上がってます。
とは言え、書き込みには有力な情報は上がって無くて、まぁ情報が無いんだと思います。


ここは汕頭は置いておいて、Baidu検索で「潮州」にプラスして、
こちらにあるキーワードなんかを入力して調べてみました。


まずエロ・非エロ置いておいて、潮州にはマッサージ・桑拿が多い事!


比較的大きなホテルならサウナが併設しているだろうし、
そういうところには結構な確率で夜遊びも出来るでしょうから、
地道に一つずつ当たって行って、開拓するのも手です。


でも、もう少し突っ込んで調べてみることにした。


そうしたら、以下の書き込みを見つけました。


潮州市金沙海岸桑拿价格~~急急急!!!


「三年前は450元だった。今はどうなの??」


「今も同じだよ!それにオススメは金信、金龙、汇景で、良い!」


というのを発見。キーワード対策からか、エロい単語は見つからずに、
桑拿どうか、ということだけであった。(真面目な桑拿かもしれないが、金額的にそれは無いと思う。


「浅草のちょっと先にある高級な銭湯に行きたいんだけど、
オススメはどこですか?前は3万円だったんだけど。」


っていうのと変わらないだろうと、勝手に都合よく意訳です。


そして金沙海岸桑拿(潮州市湘桥区永安路)ですが、


ここです。金沙海岸桑拿は有力です!!


金沙海岸桑拿を調べると、全套全套ってワードが出てくるし、
それを思わせるキーワードばかりが出てくるので、間違いなさそう。
广东潮州市新洋路金沙海岸桑拿の若干の解説も発見しました。


極めつけは、

この外観です。外観から夜遊びできますよ的なのがかなり醸し出されていると感じますが、
まりりんの感覚はおかしいのでしょうか。中国的夜遊び桑拿臭がプンプンです。


次に、


金信酒店(潮州市湘桥区潮枫路79号)にある金信桑拿です。
ここも検索すると、そういう感じのワードばかりなので、ほぼ確実かなと思います。
KTVもあるし^^;;(KTVと桑拿はセットで夜遊びを提供しているという思い込み。


そして、金龍大酒店(潮州市湘桥区环城南路35号)の金龍桑拿も。


更には汇景度仮村(潮州市湘橋区潮州大道匯景度仮村)です。
ここも桑拿ありのKTV併設だから、間違えないのではと思います。


わかりにくい価格表ですが、これを見ると300~500元、
3年前なのでもう少し上がってるとしても、500元~700元くらいかなと推定されます。


そして酒店有桑拿服务吗?潮州洗浴・养生保健中心にホテル併設のサウナ一覧表があります。
最もセクロス有るか無しかは不明ですが、迷ったらここのサウナから当たってみるのが
確実かなと思います。なんだかんだでたぶん做愛もやってるだろうし^^;;


ただ、具体的な話はネット上からほとんど見つかりませんでした。残念。


次にキーワードを「潮州+红灯区」と入れてみました。


潮州の红灯区と言うと、


潮州の体育館の向かいの裏通りと書いてあったんで、この辺りか。
それにしても体育館の裏、潮州市人民政府の近くという場所にあるものなのか。
今あるかどうか分からないし、ガセネタかもしれないから、現地調査しかない。


更に調べると・・・
「潮州市区夜保健服务会所信息」
あとは、デリバリーの電話派遣のページは見つかりましたけど、
まりりんには高い壁なので、詳しくは省略です。



とりあえずこれくらいで御勘弁下さい^^;;
個人的には具体的桑拿名を調べられたんで、満足です。あとは現地調査のみ!


潮州の感想としては、大型のホテルが多く、またKTVやサウナも併設している
ということで、遊べるんではないかな、というネット上から見た妄想です。

地球の遊び方の感想記があるけど、具体的なホテル名・桑拿が書いてあれば
ばっちりだったんですが、なんとも出すに出せないようなムラムラ感が残る記事です。


当たり前かもしれませんし、改めて思ったのですが、東莞のように大っぴらに
やってるところは中国広しども東莞だけであって、基本的には法律に違反しているということ。
更に中国ですから、そうそう情報はネット上で落ちていないモノだなと思いました。


でもでも、検索では少なくとも汕尾よりも、それっぽいものがヒットする確率が高いです。
それだけ潮州が大都市だからでしょうか。


それにしてもこの手の遊びくらいなら、中国のどこでもやってるでしょうから、
いちいち情報を出さなくても、ホテルに行きの、桑拿に行きので当たり前に有るもので、
これで問題無いんでしょう。


「桑拿?做愛?そんなもんどこにでもあるだろ。」


中国人にとってはこれくらいの印象でしょうし。(とまた勝手に妄想。


でも、当地の中国人はそれで良くても、異国の日本人の言語不自由者が
中国で遊ぶには情報は重要ですから、やはり現地を歩いて、足で情報を稼ぐしかありません。


廈深高鉄を機に、多くの人に行きやすくなるでしょうから、香港を中心に
情報は今後出てくるでしょうし、新しい所を開拓したく、早く行ってみたいと思います!!


潮汕駅より先は福建省に入ります。
廈門の夜遊びなんかも調査してみたいですが、あんまり良い結果も得られそうにありませんので、
厦深高鉄の開通を記念した夜遊び調査はこれくらいにしておきます。笑

<おしまい>

2013/12/27

広東省汕尾市の夜遊び情報を調べてみた。


深圳・廈門間の高速鉄道が開通へ。華南夜遊びに変化あり!の続きです。

明日、厦深高鉄が開通します!!


ささやかながら開通を記念して、厦深高鉄沿線の夜遊びを調べてみることにしました。


厦深高鉄は深圳北駅を出発し東へ向かうと、まずは恵州市に入ります。
恵州の夜遊びに関しては、まりりんも一度行ったことがあるので、

<旅のまとめ>2013年10-11月香港・広東(東莞・恵州・広州)旅

の恵州をご覧いただければと思います。


厦深高鉄は、恵州を出た後、次は汕尾市(しゃんうぇい)に入ります。


以下、Baidu百度百科を引用して少し汕尾市について調べてみました。


汕尾は東西132km、南北90km、人口は330万人(23の少数民族有り)です。
華僑の出身地としても知られています。


香港からは直線距離で約150kmであり、東京駅から静岡駅くらいのイメージ。
ちなみに香港から車で約3時間かかるそうですから、日帰りで行く限界くらいかなと思います。



南シナ海に面する港町で、色々写真見てるとなかなか綺麗で風光明媚ななところですね。
もちろん主要産業は水産業であり、美味しい海鮮料理屋もいっぱいありそう。


そんな汕尾市の入り口、厦深高鉄汕尾駅は・・・


駅から中心部までは6~8kmといったところでしょうか。
中国の駅なりバスターミナルなりは市街地より離れた所ばかりで、不便極まりない。


しかしながら厦深高鉄開通によって、香港より手軽に行ける場所になるでしょう。
さて、どんな遊びがあるのでしょうか。


Googleでキーワード入れましたが、汕尾夜遊びの日本語での情報は皆無です。


そこでBaiduで、検索ワードは「汕尾」にプラスして、
「小姐」「性交」「桑拿」「全套」なんかを入力しました。


エロか非エロかはさておき、桑拿はあるらしい!(当たり前だ。

この結果は盲人按摩も含んでおり、盲人按摩は100%エロはないだろう。

それ以外の場所は表立っては無いかもしれないが、中国なら有る可能性に賭けて突撃も悪くない。



もう少し「汕尾+桑拿」を調べましょう。


まずヒットしたのが、金色年华休闲会所のサイト。

ここは内容見ても全套は絶対にやってますね。莞式(東莞式サービス)みたいだし!笑
ただ、施設があるわけでは無く電話で派遣のデリヘル型。
中国語不自由には高すぎる壁。これを利用して遊ぶのは僕には困難そう。


次に検索には、浪琴休闲娱乐会所やら汕尾娱乐会所桑拿というワードが出てきた。

詳しく調べても、そんな桑拿は実在しない。(調査不足の可能性も高い!


以下、

>汕尾休闲会所保健中心提供:特色理想专业舒心的放松式服務,
专业培训打造出来的一流高档次技师服務员。(体验保健上門预约:186-21207377)

汕尾全套保健,服务汕尾市区,会所专业培训打造出来的技术型一流女技师,
全天候24小时 会所联系服务电话:18621207377 乐乐


恐らく先程の金色年华休闲会所と同じ仕組みと思われる。
ここも電話なら無理か。



まだまだ調べを進めます。

次に、「遂に汕尾的红灯区を見つけた。」(红灯区=風俗街)


ってありまして、簡易に紹介されています。
それを参考に、まりりんが地図を作りました。場所は・・・



ここに置屋・散髪屋等の風俗街があると思われます。


ただ質問で、「红灯区はまだあるのか?」といった質問も有りますが、
まともな回答になっていないので、分かりません。


もちろん有る可能性もあるし、過去に有って今は無い可能性もある。
こういうところを実際に足を運んで現地調査したいと思います^^;;



そこで、「汕尾+紅灯区」で調べると、

「汕尾の紅灯区はどこにある。」

ってことで見たんですが、まさに釣りタイトル。
電話番号が書いてあり、ホテルに呼ぶシステムのようです。
汕尾の紅灯区は電話の向こう+ホテルの部屋だそうです。笑



あと、少し調べて気になったのが、


美丽华大酒店(汕尾市汕尾大道汕尾大道中段)でして、KTVあるし、桑拿もある。
たぶんやってるだろうな、って感じます。この手なら他にもいっぱいあるんだろうけど。



ちなみに、エロ同士の香港人友人であるT君に汕尾について聞いてみた。


「汕尾ってどう?エロいかな??」


「汕尾?遠いね!!あんな遠い所行かないよ。」


「遠いけど、明日厦深高鉄開通するから行きやすくなるよ。
エロいところあれば行きたいんだけど!!」


「そうなんだ、初めて知った。笑 でもあんな田舎にエロい所無いよ。
それに手前は恵州なんだから、普通恵州に行くでしょ??」


「だよね!ありがとう。」


ということでした^^;;



色々調べたんですが、良い結果は出ない!!
もちろん行かないと何とも言えませんが、この結果だけから言えば、
汕尾市は夜遊びシティーではなさそうです。残念。



言い訳として、ネット上の情報はこれぞってほど無い。
Baiduそのものの検索能力も結構低い。デッドリンクや広告ばかりで、的を得たページに飛ばない。


そもそも夜遊びを調べる際、多くは日本語のブログや口コミ、
掲示板等サイトを通じて情報を得るものと思います。


それが無ければ現地情報(現地語)を見るしかありません。


しかしBaidu上には、そういう使えるサイトがありません。
もちろん、広告用に載せているものは多く見かけますが、
個人が作ったブログやら情報サイトというものが無い。


例えば、「広東省エロい街を紹介します。」とか、現地発のブログなり情報サイトがあっても
良いような気がするんですが、そういうのはネット検閲或いは取り締まりの対象なんでしょうか。


そして、次に頼りにする口コミのいわゆる知恵袋的なものなのですが、
中国知恵袋や掲示板で見かける「○○(例えば汕尾)性交在哪里??」
(○○でセクロスできる場所はどこ??)


というものは見かけますが、質問に対して的確に答えているのはあまりなくて、多くは
「エイズになる。」「誰かが答えるだろう。」とかそんな要領得ないのばかりです。


うーん、中国夜遊びをネット上で情報を得るって難しいですね。


なんで情報が無いんでしょう・・・。
まりりんが思うに、規模の大なり小なりはあるにしても、中国であればどんな町にも
エロい場所はあると思うんです。思い込みかもしれませんが。


こんな情報はネットではなく、口コミメインなんだろうか・・・。


情報が当局によって消されているのだろうか・・・・。


書き込んだ本人が当局から逮捕される可能性があるのだろうか・・・。


それともまりりんの検索の仕方が悪いだけだろうか・・・。


(けど東莞+桑拿とか入れると、広告も多いけどそこそこ情報は取れる。)


もし良い調べ方有りましたらご教授下さい。



汕尾の確実な夜遊びをネット上から見つけることが出来なく、調査結果は散々です!



次は汕尾よりも日本人にも少しは馴染み深いであろう、経済特区の汕頭市
潮州料理で有名な潮州市において、夜遊び情報調査をリベンジしてみます。

2013/12/26

香港のクリスマス夜事情。

メリークリスマス!(昨日ですが。


まりりんは、友達と飲んで終わるいつもの日でした。


でも街や電車、カップルだらけですね。人目を気にすることなく電車の中でイチャイチャしてやがる。
帰りの汐留なんて、帰宅リーマンに交じるカップルのアンバランス感。
これから待ち合わせだろうOLら、明らかに大学生とイチャイチャしているリーマン。
羨ましいわっ。


それにしても世の中にあんなにカップルいるなんて、ちょっとびっくりします。
すげーブスならどうでもいいですが、しょーもねー男と結構可愛い子が
歩いてるの見ると、凄い嫉妬してしまいます。


まりりんももう少し頑張ろう!(周りに良い女が居ない。笑



それにしても、クリスマスはラブホ、満室になるんでしょうか?
まりりんはクリスマスにラブホに行ったことがないので分かりません。
これからセクロスって時に、満室ほど萎えるものないですよね。
そして満室満室のラブホを彷徨う姿なんて、見たら指差して笑ってやりたい情けない光景です。



そして我が故郷、香港ではクリスマスのラブホは満室満室満室で
クリスマスセクロスに便乗した値上げもあり、大変なことになっているようです。


「平安夜時鐘酒店一晚$1,700 嚇窒情侶」
http://hk.apple.nextmedia.com/news/art/20131226/18566995



僕の良く見てるアップルデイリー香港なんですが、
動画ニュース、結構面白いんでオススメです!!


これによると、旺角や佐敦のビルの中にある汚ねー宿、
一泊というか時間貸しでも200~500HKDくらいの宿が、クリスマスには・・・


1700HKD!!!高すぎる。


どこのエエホテルなんだろうと思う。


まだ九龍塘にある高級ラブホ街なら分かる。


けど、旺角のビルにある汚い宿、売春宿みたいなもんだぞw
あんなシーツも洗ってるか定かでないところに、そんな金出すかね。
そこまでしてセクロスしたければ、マカオの18サウナに俺は行く。


でも、そんな発想は負け組です。笑


香港は一人暮らしなんて贅沢な事をしている人はほとんどおらず、
また不動産価格の高騰で、結婚しても親と同居が当たり前の社会。


個人の空間が非常に不足している社会ですが、その影響はラブホまで及びます!


香港でクリスマスにセクロスするのも一苦労。
悩み多き香港人のクリスマス。


まぁ、彼女の居ない僕には関係ない話しです^^;;


「香港ではクリスマスって、恋人と過ごすものなの??」


早速、K氏に聞きます。ちなみにK氏は彼女無し。(モテるけど)


「うーん、というより皆で集まってパーティするものだよ。
でも相手居る人同士なら、パーティー終わった後にセクロスは十分あり得るね。
皆のパーティー来なくて、彼女とディナーなんてのも、もちろんある。
けど、日本ほどクリスマス=恋人同士ではないかな。」


日本社会のクリスマス=カップルと過ごす=セクロスという図式より、
香港は若干欧米志向なのかなという気はします。


それでも香港中のラブホは満室に値上げの嵐なんだから、セクロス野郎いっぱいいるんだろうな。


でも、みんなで集まってクリスマスパーティーやる社会のほうが良かったなー。


来年は皆でパーティーを盛大にやる社会か、
キリスト教の影響下にない地域に居たいものです。

2013/12/24

深圳・廈門間の高速鉄道が開通へ。華南夜遊びに変化あり!

深圳から廈門までの新幹線、中国的に言えば高速鉄道が12月28日に開通するそうです。


これ、結んでいる場所や駅のある地点を追うと、香港拠点の華南の夜遊び
結構使えそうな路線かもしれないので、少し踏み込んで調べてみることにしました。


まずは深圳・廈門新幹線(厦深高鉄)のニュースを集めてみました。


→高鉄サイト
「人民網日本語版」2013年12月19日

 写真は17日、高速鉄道の車内で利用者のためにダンスを披露する美しい「高速鉄道乗務員」たち。鉄道部門は同日、福州、厦門(アモイ)、漳州などの乗客300人以上を動員し、厦深(厦門―深セン)高速鉄道の正式な開通前の乗車体験を行った。
中国の東南沿海部を貫き、厦門と深センという経済特別区2カ所をつなぐ厦深高速鉄道は28日に開通する。


東南沿海鉄道の厦深高速鉄道施工現場 「人民網日本語版」2010年12月15日

 厦深(厦門ー深セン)高速鉄道とは東南沿海の主要幹線の重要な一部だ。同路線は厦門(アモイ)西駅から出発し、諸ヘ州、諸ヘ浦、雲霄、詔安、潮州、汕頭、掲陽、汕尾、惠州を通り新深セン駅に至る全長502.4キロの路線で、計20の駅が設置される。そのうち福建省内の部分は145.4キロ。工事には厦門中枢の関連工事と深セン中枢の関連工事が含まれる。
 厦深高速鉄道は2011年に完成、開通する予定で、開通後は福州ー厦門ー深セン間で毎日150組の列車を運行する。高速列車の運行時速も時速250キロから300キロに引き上げる。開通後は東南沿海部の多くの地方が結ばれることになる。

廈門深圳高鐵 全線完成鋪軌(一部のみ引用)
 廈深高速鐵路東起福建省廈門市,西到廣東省深圳市,貫穿廈門、汕頭、深圳3個經濟特區,沿途經過福建省廈門、漳州和廣東省潮州、汕頭、揭陽、汕尾、惠州、深圳,全長502公里。通車後,深廈之間單程僅需3小時左右。
中国語に疎いまりりんでもこのくらいは分かります。笑
ふむふむ、廈門と深圳間の502kmをこれらの都市を通って3時間で結びますよ、と。


アモイ-深圳の高速鉄道が全線でテスト走行

これコピペできないので、簡単に抜粋すると、廈門-汕頭-深圳の3つの経済特区を
4時間弱で結び時速200kmで走ります。これは長距離バスに比べ半分の時間で済みますよ。
そして施工は5年かかって、途中駅は18駅あります。ちなみに深圳北駅では広深港高鉄と
乗り継ぎができますし、他の駅でも高鉄に乗り継げますって感じです。


→年底深圳厦门实现高铁接驳

高鉄に関わる動画ニュースですが、嬉しい事に広東語でした~^^;;(普通話版もあり。)
要するに開通することによって、廈門から先の福州やら杭州、上海まで高速鉄道で
行けますよって話です。


そして、中国版wikipediaから。→厦深铁路

これが一番分かり易いです!
(中国語分からなくてもあんまり問題ありません^^;;)


まとめると、廈門北駅を出て、途中に漳州、潮州、揭阳、汕头、普宁、汕尾、惠州の都市を通り、
深圳北駅を繋ぎます。広東省の区間が357km、福建省区間が145kmあって、20の駅があります。
4年間の工期がかかりましたが、今月下旬の28日に開通します。

時速は200-250kmで深圳-廈門間を3時間で結び、
ファーストクラスは181元、セカンドクラスは150.5元になる。


ということです。重要性はないけれど、個々の数字の違いが新聞によって変わってて、
適当じゃねーかよ、と思いますが、やはりそんなことは重要ではないので、まぁよしとしますか。



よっしゃあ!!これで、汕頭や廈門にも気軽に遊びに行けるではないか!!


華南夜遊びのエリアが一気に広がります。
夜遊び関係なしに、汕頭や廈門には一度足を運びたいと思っていた為、楽しみです。


そして注目なのは、途中駅に”恵州南駅”が出来ることです。


恵州南・・・・?笑


なんだか、夜のニオイがプンプンするんですけど^^;;


恵州南って、恵州のどこに駅が出来るんだよー。って調べますと、
惠州南站惠州南站(Baidu)
厦深铁路将经过惠阳区建惠州南站,站点将设在淡水新桥。新桥是未来惠阳的中心城区。
恵陽区だって!!そして、淡水新橋だって、そこが未来の中心になるだって!!


すげー、恵州淡水。やり過ぎなくらい立派です。
こんな街と駅がどこに出来るのかというと・・・。


驚くなかれ、駅は・・・。


ここです。そう、この前行ったサウナホテルから数キロの地点だぞ!!
人民五路や六路の中心部から近い。淡水バスターミナルと駅が同じ距離か駅が少し近いくらい。

中国広東省・恵州(ナイトライフ) 


まさか淡水の中心部に近い所に高鉄の駅が出来るなんで驚きです。
中恒泛亚大酒店琼苑大酒店へは駅からタクシーで10分ほどか。


今までは深圳羅湖からバスで90分かかりました。そしてバスは鉄道に比べ様々な面で
心配ですが、言葉が多少不自由でも、そして鉄道という安心感は代え難いものがあります。
(中国の鉄道は安心できないかもしれませんが、個人的にバスよりましだと考える。)


やった!!確実に恵州淡水のサウナに遊びに行く機会も増えそうです。
今の常平天国が壊滅した時に、その代替として本格的になりそう。


ただ、問題が一つ・・・。


深圳の駅が香港との国境のある羅湖口岸や福田口岸付近ではなく深圳北駅ということです。


深圳北・・・これが結構な厄介者です。


香港側の落馬洲駅からイミグレを通り、福田口岸駅へ。
深圳地鉄4号線に乗って、9駅を20分


そこに深圳北駅は位置しており、そこから厦深高鉄に乗り換えるという流れになります。
(深圳北駅の解説や写真等は私の大好きな深圳・香港 夢時間さんの深圳北駅に詳しい。)


遠い。わざわざ口岸から地下鉄乗って深圳北まで行ってられるか!


これだったら、羅湖からバス乗って90分かけても変わらない気がする。



と言っても心配するなかれ!そんな状況は早々に解決することが決まっています。


→広深港高速鉄道(Wikipedia)


香港の九龍駅近くの西九龍から、広州南駅までを結ぶ新幹線の工事が進んでいます。
深圳北はその途中駅にあり、深圳側のターミナルとして完成し、深圳北から広州南は既に
運行開始しておりますので、現在は香港側の完成待ちという状況です。


2015年に香港区間が開通予定で、これが完成すると、香港・西九龍から深圳北は
乗り換えなしで、14分で結ばれる予定です。
広深港高速鉄道について(PDF注意)


つまりは、香港空港からエアポートエクスプレスで西九龍駅へ、
そこから広深港高鉄に乗り継ぎ深圳北へ、更に厦深高鉄へ乗り継ぐという少々面倒ですけど、
香港空港から2時間もあれば淡水サウナにインできると読んでます。


一通り完成されれば、本当に便利になるし、活動エリアが広がります。
その中でも厦深高鉄、なかなか使えそうですし、実際使う機会も必ずやあるだろう。


日本では新線開通に伴うワクワク感なんて感じることはほとんどありませんが、
日に日に進化し、成長している華南なり広東なりって、面白い。


それこそ”聖活”が変わるものですからね^^
まりりんの広東夜遊び聖活も高速鉄道開通によって、
少しづつ遊びのエリアと幅を広げるきっかけになります。


これがワクワクしないわけがない。

北陸新幹線や九州新幹線開通よりもよっぽど身近な話題として認識しております。笑


さて、次回はもう少し厦深高鉄沿線の夜遊びを調べてみることにします。

<続く>

2013/12/23

(追加)広東省珠海市の夜遊び情報をまとめる!その4

一連の珠海情報、反応が多くて大変嬉しく思います!!
ありがとうございます。


もっとしっかり調べてみようと思い、Baiduで「珠海 桑拿」とか、「桑拿 全套」とか
調べてみましたが、なかなか有益な情報ありませんね^^


ただ、「珠海桑拿全套」ってのを見つけました。
投稿は2012年12月28日の一年前なので、今は有効か分かりませんが・・・。


>珠海哪里有桑拿全套


珠海のセクロスできるサウナはどこにある?!と書いてあったので、
ビンビンに反応しちゃいました。


この情報が正しければ、なかなか使えます^^;;


珠海哪里有桑拿全套:珠海(香洲)    推荐链接 珠海莲花路最新视频http://zhuhailhl.tcsw.cn/

珠海度假村桑拿 双钟 238 + 全套 500
金花王酒店 双钟 138 + 全套 300 
碧海酒店 双钟 138 + 全套 200 
大都会桑拿 双钟 138 + 全套 200 
金凤凰桑拿 双钟 280元(6时后加70) (无全套服务,有含冰火) 

珠海(吉大) 

假日酒店 双钟238 + 全套400(有照片看) 
怡景湾酒店桑拿 双钟388 +全套500 (最贵,可以看海景,囡囡水准最好) 
怡海楼酒店桑拿(洲仔) 双钟 98 + 全套 200(钱包带入房给) 
南油桑拿 双钟 98 + 全套 200-300 

珠海(拱北) 

香江酒店健康中心 
九洲酒店华泉按摩中心 (3月份酬宾特价) 双钟50 
交通大厦桑拿 双钟138 + 全套 200-300 
蓝天休闲中心(海湾酒店前300米) 双钟88 
南洋海景桑拿浴室 双钟198(VIP房248) + 全套 300 
步步高酒店 双钟118 +全套 300-400 
金叶酒店 双钟138+全套 200 
骏德会酒店健康中心 双钟 118 + 全套 200-300 
拱北宾馆健康中心 双钟 168 + 全套 200-300 
粤海酒店 双钟168 + 全套 200-300 
海湾酒店桑拿 双钟 350元(6时后加70) + 全套 300-500 
绿都酒店桑拿 双钟 98 + 全套 200-300 
华侨宾馆桑拿 双钟 198 
银都酒店桑拿 双钟3楼238(VIP房7楼338) + 全套 200-300 (有照片看) 
鸿都酒店桑拿 双钟158(优惠时间118) + 全套 200-300
岐关酒店桑拿 双钟88(VIP房138) + 全套 200 

珠海(拱北)


香江酒店健康中心 双钟138(VIP 268) + 全套 200-300直接给
交通大厦桑拿 双钟138
蓝天休闲中心(海湾酒店前300米) 双钟88(优惠期间,消费100送50代金券)
南洋海景桑拿浴室 双钟198(优惠期间)+ 全套 300
步步高酒店 双钟118 +全套 300-400
金叶酒店 双钟138+全套 300-400 
骏德会酒店健康中心 双钟 118 + 全套 200-300 
拱北宾馆健康中心 双钟 168 + 全套 200-300 
粤海酒店 双钟168 + 全套 300-400
海湾酒店桑拿 双钟 350元(6时后加70) + 全套 200-300
岐关酒店桑拿 双钟 168 + 全套 200 (含冰火) 
绿都酒店桑拿 双钟 98 + 全套 200-300 
华侨宾馆桑拿 双钟 198 
银都酒店桑拿 VIP房338 双钟238 + 全套 200-300
鸿都酒店桑拿 双钟158(优惠时间118) + 全套 200-300 
芙蓉王酒店桑拿 双钟150+全套200

珠海夜总会

店名 特色 柔情服务价 板主推荐指数
至尊俱乐部 高级夜总会,消费高档店 半套:800柔情服务价:1200 90%
王府夜总会 中.高档夜总会有舞池、大中小包厢.穿制服 半套:800柔情服务价:1000 机乎清一色东北妹 妹媚素质不错 95%
名都夜总会 中.高档夜总会,大中小包厢 半套:500柔情服务价:800 中国城的老妈咪 85%
华骏夜总会 高档夜总会 半套:800柔情服务价:1000 素质不错 90%
天地人间 高档夜总会一楼摇头二楼KTV 一楼行情 3 8 1 二楼行情 2 5 8 珠海最大的摇头店共198包厢东北妹居多 妹媚素质不错95%
阿里山歌舞厅 中高档夜总会一楼有歌舞秀,可在吧台畅饮  半套:800柔情服务价:1000 台湾人开滴 90%
金钱豹夜总会 中高档夜总会有舞池 半套:500柔情服务价:800 台湾人开滴 85%
伯爵歌舞厅 中档夜总会 半套:500柔情服务价:800 80%
长安俱乐部 中高档夜总会 半套:800柔情服务价:1000 90%
富绅夜总会 中档夜总会 半套:500柔情服务价:1000 80%
昌安歌舞厅 低档夜总会 半套:500柔情服务价:1000 70%
燕子吧 中高档夜总会 半套:800柔情服务价:1000 台湾人开滴 东北妹居多 90%
粤海夜总会 中高档夜总会 半套:800柔情服务价:1000 90%
海湾夜总会 高档夜总会 半套:800柔情服务价:1200 95%

双钟は二時間、全套がセクロスという意味ですから、あとは表通りです。
予想なんですが、この双钟というのは入場料プラス普通のマッサージ2時間の価格と思われます。
(中国語疎いため、ご教授頂ければ幸いです。)

スパンスパン王子様より情報を頂きました。ありがとうございます。

このプライスリストにある「双钟」は、ご指摘の通り2時間という意味ですが、珠海の場合は部屋を2時間だけ時間借りするという意味で、実際のサービスとしては1回スパンしたら自動的に終了となるようです。


例えば表の一番上、「珠海度假村桑拿」を見ると、2時間238元+全套500元ですから、
合計738元となるわけです。



安い所を探すと、例えば拱北口岸から近い「金叶酒店」なんてのは、
2時間138元+全套200元の338元ですから、かなりリーズナブル。

まぁ、ホンマかいな?!って気がプンプンしますが・・・^^
恐らく表向きは営業してなくて、地元客向けにって気がします。



AR様から情報を頂きましたので加筆させて頂きます。ありがとうございます!

拱北側からの蓮花路入口にあるCA制服着たおねーちゃん巨大看板の東雅保健城という店
マッサージ代138+300のチップでエロを楽しんできました。
顔見せは5人くらいしか居ませんでしたが、レベルは中くらいです相場より高いと思ったので、

強気に何度も値下げ交渉してみましたけど1元も下がりませんでしたが…


2013/12/21

(結論)広東省珠海市の夜遊び情報をまとめる!その3

<その2からの続き>


「昔の珠海は良かった!!天国だった。」


珠海の夜遊びについて調べるとそんな声ばかりです^^;;
いや、昔の珠海は相当天国だったそうです。


僕は全盛期の珠海を知らないので、ここはネット情報より過去を空想妄想することしかできない
のですが、全盛期は恐らく2000年始め~2007年くらいの話と思われます。


また、2003年には珠海でこんな事件も起きています!
185人が売春、総額450万円相当に-中国・珠海の日本人集団買春事件



さぞや珠海が凄いところだったんだな、と思わせます。
ここは各サイトさんを参考に、まりりんオリジナルフィクションですが当時を振り返ってみましょう。

・・・2005年当時、蓮花路には10代20代の若くて綺麗でスタイルの良いの女の子が数百人居て、次々に声を掛けられた。これでもか!って美人が次々に攻めてくる。
女の子をゆっくり観察するために、蓮花路中程にあるビヤバーに座ってビールを飲みながら女の子を観察していると、すかさず隣に座って来て、どう?と誘いが来る。
道行く女の子とも目を合わせながら、これぞ!という女の子がいたら突撃。
交渉するとショート100~200元程度、ロングでも400元程度とまさに天国。

しかし、その先にある歩歩高酒店(現在は竹林酒店に新装開店)には
多くの女の子がロビーにたむろしているため、そちらも見たく、女の子を振り切った。

ロビーには大勢の女の子が居て、先程の女の子を少し後悔しつつも、
全く見劣りのしない、いやそれ以上の女の子ばかりで、どの子を選ぼうか、選べないくらい。やっと見つけて、上のホテルへ・・・女の子は久しぶりに選ばれたようで、本当に嬉しがっていた。ショートのつもりだったけど、女の子は可愛いし、とてもサービスが良いので、ロングにした。まるで恋人のような濃厚関係だ。やはり疑似は楽しい。
ああ、珠海は最高の夜遊び場だな・・・。また来よう。 

全盛期当時と乖離あるかもしれませんが、
ネットを通じて調べた全盛期の珠海の印象はこんな感じです。


過去は美化されるとしても、各サイトの記述がある程度事実であるとすれば
当時の珠海は相当天国、バンコクみたいな状況だったんでしょうかねぇ・・・。
東莞や恵州のようなサウナ中心とも異なるようだし、こういう遊び方、個人的には大好きなんです。


サウナや置屋もいいけれど、素人のような女の子と街中で出会う・・・。
もちろんお金はかかるし、女の子は春を売ってる決して素人ではないんだけど、
それでも街中の可愛い子とヤレる感覚って、いいじゃないですか。笑


東京メトロ乗ってて可愛い子見つけても、池袋歩いてるギャルとも、こういうことはできません。
たとえお金のやり取り前提で声をかけて交渉するだけで、間違えれば犯罪者です!
でも、お金を払ってでもお相手したい可愛い子はいくらでもいる。
それが珠海では叶っていたと思われます。


ああ、この頃の珠海に行ってみたかった・・・。そんな言葉しか出てきません!
今の珠海は当時を知る人からしてみれば、相当つまらないんだろうな^^;;


今でも珠海には夜遊びできる場所が地元客を中心にあるのでしょうが、
深圳と同様、まりりんは地元事情に全く詳しくなく、言葉も不自由な為、遊びには限界があります。


そして感じたことは珠海や深圳、広州といった表向きの都市に関しては、過去のように野放し
ではなく、確実に取り締まりを強めている、表としては壊滅済みとしているんでしょう。


深圳も2000年前半までは結構な遊びが出来たと聞きますから、一連の場所が公安に潰されて、
東莞・恵州に移動したと考えているのが私の妄想です。


夜の事情は時の政権指導者と方針によって、それこそ朝令暮改のように事情が変わりますけど、
変わらないことは、この国で身体を売ることで収入を得ている女の子、或いはその方法でしか
生活できない人々がウン千万人はいるでしょうし、その利権に群がる人々もいるでしょうし、
都市部で儲けて貧困の内陸農村へお金が周ってる構造が無視できない規模あるでしょうし、
大切な事は人民の性欲は絶対に変わりません。


表だけではなく、裏の中国地下経済の実態は手の付けられないくらい凄いことになっている
でしょうから、表も裏も綺麗に全部潰したら、それこそ生活が立ち行かなくなる人民激増で、
中国共産党政権が潰れるんでしょうし、そんなことは当局は百も承知でしょうから、
だからこそ今の野放し天国は東莞・恵州なのかな、という気がします。


今東莞は天国ですが、これらも数年もすれば壊滅して、
「あの頃の東莞は天国だった。」ということも十分考えられますし、
今考えもしないところが、逆に天国になっている、という可能性も高いでしょう。


そして珠海の場合は東莞・恵州もあり、中山や江門へと移動したと妄想しています。
というのも、香港人友達のT君は恵州とともに、中山・江門のサウナに行くようです。


現地人ではない人には珠海や深圳に比べ馴染みの薄く、経済的にも珠海に比べて
弱いであろうこれらの都市に珠海から移動したと見るのが適当でしょう。
(中山や江門も調査しなきゃか・・・笑)


深圳や珠海は国際都市、投資を呼び込む最前線であり、それらの都市が
”売春都市”との汚名があると、海外投資家に顔向けできませんが、
それらに比べ確実に知名度の劣る東莞、恵州、中山、江門が実態として”売春都市”で
あっても、深圳や珠海といった都市の一応のメンツは立たせていますから、問題ないでしょう。


珠江デルタの各都市が都会化するにつれて、まだ都市化の遅い周辺市へと移動する。


その市域内でも、例えば恵州市恵城区の中心ではなく、恵陽区とか、
東莞で言えば、東莞市の莞城区ではなく、常平鎮・長安鎮、
中山市でも、中心城区ではなく深湾など、完全に妄想なんですが、
経済発展するにつれて、表舞台よりどんどん分かりにくい所へ移動するけど、
それでも確実に存在はする。そうした状況があるのではないかと思います。



まぁ、日本でも赤羽→西川口→越谷→太田や、歌舞伎町→町田→大和・厚木
といった規模は小さいけれども、遊び場が移動しているように、ここ珠江デルタも
いたちごっこのように同じ様な現象があると考えるのは普通のことと思います。



そのうち中国経済がいよいよコケ始めた時には珠海や深圳に戻るかもしれませんが。笑



とにかく、中国情報は一年前でも既に現地事情は変化しているということも
往々にしてありえるので、時代に着いていくのが精いっぱいです^^;;



よって今後とも情報は最重要ですし、現地を歩いて、現地主義の情報提供を
”香港発アジア行”は続けたいと思います。

まりりんも時代に負けず、中国(というより珠江デルタ)夜遊びを極めていきますので、
新しい情報や旅行を行い次第、報告を続けていきます!!



そのうち、当時珠江デルタの夜遊び事情の歴史的な重要資料になりうるかもしれませんし。笑


なんか今回は妄想記事ばかりですみません。皆様にお役に立てたどうかは分かりませんが・・・
話し半分に聞いておいて下さいませ!



しかし、事実としてやっぱり珠海は素直に買い物と街歩きだけして、
マカオで観光なり、セクロスなりが良いでしょう!!


残念ながら今の珠海で満足ゆく遊びはできない、そういう結論です。
それでしたらマカオ、東莞、下川島、未踏ですが中山や江門がある。


ただ立ち寄りがてら、少々覗いてみるのは決して悪くないと思います。
サウナや置屋なんて短時間の完全に立ち寄り向きですしね^^



まりりんは今回の珠海情報を調べるにあたってあまり役に立ちませんでしたが、
珠海情報も簡単に紹介されているので、こちらもどうぞ!


珠海情報ありましたら、是非教えて下さい!!

→(追加)広東省珠海市の夜遊び情報をまとめる!その4

へ。

<おしまい>

(調査結果)広東省珠海市の夜遊び情報をまとめる!その2

<その1からの続き>

さて、珠海の夜遊びについてです!!


まりりん、色々と調べました。
まだまだ調べ足りないとは思うのですが、とりあえずまとめたものを記事にします。


参考にさせて頂いたのは、いつもお世話になっている「華のくらし」さんサイトを参考に、
「眠れない夜の向こうに・・・」さんなどのサイトと、某巨大掲示板、某華南夜遊び掲示板等です。
(ちなみに、日本式カラオケやKTVの情報は除きます。)


調べたモノを地図に落としました。
この地図の範囲内ならじゅうぶん歩いて行ける距離で、拱北口岸から20分もあれば
地図の一番北である「昌安好世界健康中心」まで行けます。


以下解説です。

・蓮花路
珠海の繁華街にして、お遊びスポットの中心です。
蓮花路中程には、ビヤバーが立ち並んでおります。
ここで夜飲んでいると、女の子が話しかけてくるようですが、まりりんはそんな経験一度も無し。


女の子(と言っても、高齢の場合有りor客引きオババの場合も)が名刺を配っているよう。
名刺には電話番号が書いてあり、そこに電話して女の子を派遣してもらうシステム。


とういうのも、昔は女の子に声をかけられたらそのままホテルに直行するスタイルだった
ようですが、取り締まりが厳しいようで、このようなデリヘルスタイルのよう。
いや、今でも素人娘であれば、そのまま酒店に直行か!一発300元なり。


読者様から情報を頂きましたので加筆させて頂きます。ありがとうございます!

「中南海8mg」さんからの情報。

路上に鶏さんたちも何人かいました。挨拶代わりに名刺もらいましたがこちらも遊びませんでした。

「ぽわー」さんからの情報。

蓮花路の鶏は、300元で10名くらいで電話番号が書かれた紙を渡してくるけど、
指で3!以外は、何言ってるかわからなかったので、怖くて突撃できず。

夜中にぶらぶらしてると、おっさんとおばさんが、
マッサージマッサージと頻繁に声をかけてくる感じ。

「AR」さんからの情報。
遅くない時間帯なら昌安酒店から北へ向かう蓮花路にてポストイットを手渡してくるコがいますよ
ただレベルは。。。(300元です)

スパンスパン王子」さんからの情報

莲花路の鸡は昼間でもチラホラ見かけます。しかし、紙を渡す相手を選んでいるようにも思えます。
私も先日そこを歩いていましたが、一瞬目が合ったにも関わらず、出しかけた紙をひっこめられてしまいました。



・床屋、置屋
蓮花路中程、拱北口岸を背にしたら右側に行く路地があります。
食べ物屋が連なる通りを過ぎると、置屋や床屋が並ぶエリアがあります。
と言っても、そんな大々的にあるわけではありませんので期待しないように。


右側に床屋があり、そこには入ったことありますが、レベルは中の下~下というところ。
あんまり可愛い子は居ませんが、中には掘り出し物もいます。
チャレンジしたことないので値段不明ですが、相場観から言って300元程度が適正でしょう。



昌安好世界健康中心
珠海を調べるとネット上最も出てるマッサージ屋かもしれません。


「中南海8mg」さんからの情報。
蓮花路の昌安のサウナは90分600元で顔見世で10人くらい来ました。
自分は遊びませんでしたが中には「おっ」と思うようなコもいました。


「ぽわー」さんからの情報。
昌安世界2Fのサウナは、23時の時点で5~6人しかおらず、
値段も600元と、かなり高くなっていました。嬢はスタイルはよさそうだったけれど、顔はいまいち・・・


以前まりりんが行った時は400元程度と記憶していますので、インフレ激し過ぎです!

グループの昌安健康中心もあり。昌安好世界健康中心が閉鎖しているときは、
昌安健康中心に誘導されることもあるそうです。



・木綿花健康中心、鴻都酒店・・・etc(実態はいっぱいあるでしょう!)
ここらもスペシャルマッサージがあるようです。値段不明。500~600元程度か。



・水湾路
オシャレなバーやディスコがある通りです。
ここで素人の女の子をナンパ!というのが今珠海では最も良い女の子をゲットできるかも。
拱北口岸から1kmほど。もしタクシーなら「水湾酒吧街」と告げる。


「中南海8mg」さんからの情報。
3-4年くらい前にマカオのレストランで知り合ったウェイターに水湾路というところに連れて
いってもらったのですがディスコばかりでオシャレな若者が多く、
「六本木かよ!」っと思うくらい盛り上がっていたので驚きました。



帝濠度仮酒店

ここはどちらかと言えばサウナスタイルの店らしいです!過激が売りと見かけましたが・・・


「planetnightwalker~サムの海外風俗一人旅~」さんによると、かなり微妙そう。
ですが、「眠れない夜の向こうに・・・。」さんによると、なかなからしい。
もちろん人によって違うのは当たり前なんだけど、もし今でも498元なら行ってみる価値はある。
ただ拱北口岸から歩ける距離ではないため、タクシー利用必須。



数時間かけて調べられたのは、この程度です!!すみません。
珠海は東莞や恵州にあるようなサウナの形態はメインではなく、
マッサージのスペシャルか、フラフラしている女の子(鶏・素人ナンパ含む)、デリヘルのよう。


ネット上の口コミからエロマッサージ店は数件しか探せませんでした。
が、実態としてマッサージ店は多くはスペシャルもやっていると思われます。
マッサージは個室でのサービスで、店とは関係なく娘との交渉次第でしょうから、
なかなか実態は見えませんが。



おいおい、こんな情報だけじゃ、珠海で満足に遊べないよ!もう少し調べてよ!!


と思われるでしょう!まりりん、次に珠海に行ったら調べますので、それまでお待ちください。
珠海の南屏夏湾といったところはお遊びスポットもあるようですが、ネット情報は皆無なため、
まりりんが次回突撃するしかないでしょう。



でも、感覚的には・・・珠海は遊ぶには向いてない!!
おとなしくマカオで遊ぶべきだ、という結論です。


しかし、ホントにそうなのか??ネットで調べると珠海のエロい話しは多いぞ!!


と思うかもしれません。

こんな結論は少し早い気がしますので、もう少し詳しく珠海と夜遊び事情について考察します。


<その3へ続く>

2013/12/20

(概論)広東省珠海市の夜遊び情報をまとめる!その1

昨日は、マカオ-珠海間イミグレ革命の記事を書きまして、
そうなると珠海に行く機会が増えるだろう、ということで珠海の夜遊びをまとめてみます。


だって、珠海の遊びを調べても、なかなか出てこないんです。


試しに「珠海 夜遊び」ってググりますと一番上には・・・


香港発アジア行。: まだまだ天国の珠海!マカオから珠海蓮花路へ。



って・・・弊サイトではありませんか!!
内容は珠海の夜遊びに関わることではないのに、期待させて大変申し訳なく思います。


それ以外で、検索結果より面白そうな記事を書いているサイトを紹介しますと、





あとは某巨大掲示板です。


何にしても”これだ”といったまとまった情報がありません(。_。;)


ここは一つ珠海の夜遊び情報をまとめてみようではありませんか!!


その前に、「珠海って何?」という方向けに、珠海について簡単にまとめます。


・そもそも珠海(日本語:しゅかい、普通話:ジューハイ、広東語:ズーホイ)とは?


珠海とは、中国広東省珠海市のことで、マカオ特別行政区と接し、
深圳やアモイ、 汕頭と並ぶ経済特区の一つです。(高校地理で暗記させられましたでしょう?


経済特区ということもあり、ビルが立ち並び経済的にはかなり発展している一方で、
大陸ということもあり、円安元高のインフレ気味ですが、物価は日本よりか香港マカオよりも安い。


マカオからは徒歩で入国しますし、香港からでしたら船で70分で到着します。
休日は香港・マカオ人がゴルフや休暇、買い物をしに行くほど身近な場所ですし、
逆に珠海からはマカオへカジノ目当てに大勢の人が押し掛けています。


ちなみに2016年(工事は遅れている模様)には香港からマカオ・珠海に橋を架ける
”港珠澳大橋”という壮大な建築も進んでおり、これらの都市はますます緊密化しております。


そしてマカオと珠海の間には国境があり、出入国審査があります。
我々日本人には馴染み無いものなので、国境そのものを見るのも立派な観光でしょう^^;;


この国境があることで、香港-深圳のような関係と同じくマカオ-珠海の関係がありますが、
マカオが香港よりも様々な面で小さいのと同じく、深圳よりも珠海は小さいのんびりした都市です。


人口規模も150万人程度(これでも多い!)で、商業や工業の発展も深圳・東莞と比べると
限定的で、行政機能も強くないことから、広東省の一地方都市のような感じです。


言ってみれば開発の余地が残されているエリアと言って良いでしょう。
都市化も進んでいるようで、数年したら深圳のような大都市になってるかも(それはないね^^;;


で、我々日本人には全く馴染みの無いと言っていい珠海ですが、
そんな珠海ってどこが中心部なの?見所は?観光は?マカオから少し行ってみたいな!
そう興味を持たれたかもしれません。


では、簡単に紹介しましょう。まずはマカオから珠海へ!


マカオから珠海へは、
国境面白観察記!マカオ⇔珠海の拱北口岸国境抜け方マニュアル。
をご覧ください。


珠海の中心部は、黒丸で囲った4km×4kmのエリアでして、決して広くありません。
マカオ-珠海の拱北口岸を中心に、コンパクトなエリアです。
頑張ればエリア内を歩いて周れますが、歩いて行くべきところも無いでしょう。



でも少し歩きたい、どこを歩けばいいかな?という問いに明確に答えられるのが
繁華街でして、その名を蓮花路と言います。赤で囲ったのが蓮花路で全長は1.5kmほどで、
一応歩行者専用道路でホコ天みたいな感じですが、拱北口岸から7~800mも行ったところで、
途中でホコ天は終わってます。そのくらいで店も少なくなります。



蓮花路はこんなところです。
服屋や雑貨などの商店があり、食べ物屋やビヤバーも連なっていて、結構賑わってます。


珠海に他には何がある?で、結局どうしたら良い?と言われると、まりりんは・・・


・国境審査そのものが観光資源だ!(中国に少しだけ足を踏み入れたい!)


・拱北口岸の地下はショッピングモールだし、歩いて蓮花路を見るのも良い。
(最近は表立った偽物は減りましたが、裏ではまだまだあるようです。)


・マッサージやサウナ(健全なほう)がマカオに比べ安い為、ゆっくりのんびりする。
→おすすめは、益健休閑保健中心です。場所は・・・

拱北口岸から徒歩5分です。エロ無しです。笑
値段は正しく覚えていないんですが、60元程度だったと記憶しています。


言葉が不自由で地理感が無い身分が行くとなると、これくらいでしょう^^;;
これくらいでしたら、3時間もあれば十分です。


多少言葉と地理感があるとすれば、
珠海国際サーキットや珠海湾仔海鮮街、あと「珠海漁女の像」に行くという手はあります。


そこが面白いかは全く別ですが^^;;


つまり、普通に観光する都市ではない!ということです。


もちろん一つ一つを見れば立派に観光する都市でしょうし、
ボクなんかは、街歩きや中国そのものが好きなんで、あちこち歩き廻って見ますが、
普通の人が普通に珠海に行っただけなら、国境越えて拱北口岸地下のマーケット見て、
1時間程ですぐに帰ってくる、というパターンが一般的でしょう。


マカオのほうが見るべきところは多いし、観光資源は桁外れにあります!


そんな珠海ですが、「珠海、治安はどうなの?」とよく友達から聞かれます。
この治安うんぬん自体あんまり意味の無い質問ですが・・・。
いや、心配な気持ちはよく分かります。


最低限注意すべきことを注意すれば、突然襲われたり殺されたりすることはありません!笑
荷物や財布の管理はしっかりすることは、どこの外国でも同じことです。


拱北口岸や繁華街での人ごみの中では最低限の警戒はする、
飲んでる時でも財布や荷物を目から話さない。金を持っているようなそぶりをしない、
バカみたいに大声で日本語で話さない。危ないと思ったビルや路地に行かない。


それに中国人は日本人と同じ人種なんで、貧乏そうな格好して中国語出来るふりして話さなくて、
キョドキョドせずにいれば、彼らと同化して分かりません。
でも、深圳の場合はちょっと危険な感じと雰囲気がするので、違った心づもりは必要ですが。


珠海の治安、大丈夫です!全く問題ありません。
(なんかあっても、まりりんは責任取りませんが笑)


怪しい人が多いし、怒号が聞こえたり、喧嘩してたりして、人だかりがいっぱいできてるし、
治安維持と書かれた警察や交番がそこらへんにあるけど、中国ってこれが普通だと思います。


それを治安が悪いんだ!と言えばそうかもしれないし、感覚は人によって違いますから。


スリや詐欺が多いヨーロッパ、殺人や拉致の絶えないアフリカや南米に比べると中国って安全と
思いますが、ニセモノや食品や道路横断するときには、かなりの注意が必要です。笑


色々言いましたがまとめますと、失礼ながらマカオや大陸のおまけで行くところが珠海であり、
目指すべき街ではないけれども、マカオに比べて物価が安く買い物や食事、マッサージが
出来て、マカオの半額でホテルに泊まれて、国境を歩くという体験が出来て、
そして中国を垣間見ることが出来る、旅の寄り道にはもってこいの街だ、それが珠海です。


さて、珠海のお勉強はできました。で、肝心の珠海の夜遊びはどうなの?凄いの?
何があるの?マカオよりも安いかな??


肝心の続きは次回で!!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...