2014/10/31

広東省中山市で初夜遊びの旅!!その1

<はじまり>

黄色い風(摘発)が吹き荒れる広東省珠江デルタでございますが、
半年以上経過し、少しずつ復活しているとの噂もチラホラ聞きます。


とは言え、性都東莞の復活は現在でも絶望的で、
その分、珠江デルタでは東莞以外の都市が元気になりかけているとか、
そうではないとか・・・。


とにかく、情報がない。


じゃあ、見に行けばいい!現地に確認しに行くべきだ!!


と思っていたところ、グッドタイミングでOさんから連絡があるではありませんか。
→Oさんについては、こちらへ。


「まりりんさん、お久しぶりっす!!
仕事で華南行くんですが、良かったらジョインしませんか??」


「ぜひぜひ、行きましょう!!どこ攻めます??」


「深圳のKTVどうっすか?この前は残念な結果でしたし・・・。」


→この前の残念な結果については、こちらをご覧下さい。


前回の深圳KTVでは、興奮最高潮に持ってこられたにも関わらず、
最後の最後でお持ち帰りできないという、苦渋を舐める結果であった。


そこで、まずは香港在住の大先輩、スパンスパン王子様に連絡を取ることにした。
今度こそ確実なスパンをKTVでヤるためである。


「スパン様!お久しぶりです。今度深圳のKTV行きたいのですが、
どこかお勧め知りませんか??」


まりりんはスパンスパン王子様にクレクレばかりで大変恐縮です。


「まりりんさん!!ここどうですかね??
宝安にあって少し遠いんですが、かなりお勧めですよ!!」


いつも本当にありがとうございます、スパンスパン王子様!!


「Oさん、スパンスパン王子様に聞いた良いKTVが深圳にあります。
ここはどうですかね??」


「了解です!!ちょっと他の香港同志に聞いてみます。」


このエロ集会はまりりんとOさんだけではなく、
大勢でワイワイ!!(といっても4~5人程度)という計画です。


そして数日後・・・。


「まりりんさん、相談なんですが、今回は広東省の中山市にしませんか??
最近復活しているとか、していないとかで、ぜひ行きたくて・・・。」


「広東省中山市!いいですね。実は僕も行ってみたくて。
今回は中山に行きましょう。」


実は香港の同志は下川島へ行くそう!!
下川島から深圳、となると遠いので、ちょうど中間にある中山にすることに。


競馬に行くような軽いノリ(中山なので^^;)で広東省中山市に行くことが決定です。


スパンスパン王子様、せっかくオススメ頂いて申し訳ないです!!
今度ぜひ連れてって下さいね!!


そして、2014年10月某日、広東省中山市へ初上陸です!!


2014年10月某日:広東省深圳市。


香港から中山に行く方法はいくつかあるが、
今回は大陸経由でバスで行くことにした。
朝、深圳で野暮用があったことも理由なのですが。


福田口岸から地下鉄に乗って、会展中心へ。



そこで地下鉄を乗り換えて、空港方面に乗り、竹子林駅へ。



ここは、竹子林駅に直結して、福田のバスターミナルがあるところです。


この福田バスターミナルより、広東省各地にバスが出ております。


もちろん、中山行きのバスもありますよ!!
(ちなみに、羅湖からでも同じバスになる。)


朝早い福田バスターミナルは人気も多くなく、
それどころか非常に綺麗な設備で、中国のバスターミナルに
居ることを忘れさせられるような素晴らしい設備です。


中国のバスターミナルって、失礼だけど汚ったねぇ人民が列をなし、
大荷物持ってそこらへんでヒマワリの種食ってガヤガヤしているイメージなのですが。


こうして、近い将来普通の国、中国になっていくのかな・・・。


でも、窓口で英語が通じないのはこの先、50年は変わらない気がする。


たどたどしい普通話を話し切符をゲット。


もし、普通話も広東語もできないなら、


「広東省中山市」って書いた紙を見せるか、
「ジョンサーン!!」て叫ぶか。


本日現在、切符の値段は77元でした。

さて、これから中山市へ向かいます!!

<続く>

2014/10/29

香港エロ情報雑誌「夜生活」と「微信」でお得に遊ぶ。その5

<つづき>

2014年7月1日:広東省深圳市羅湖の羅湖大酒店のエロマッサージ。


 余韻に浸りつつ、シャワーを浴び、お会計へ!!


「ありがとうございました!!268元です。」


通常料金だと、298元と少々高いのですが、
割引券を持っていたので、30元割引です。


わりびきけん・・・?


そう、実はこの羅湖大酒店サウナに来た理由は割引券があるからです。


「そんな割引券、どこで手に入れたの??」


とお思いでしょうが、ここは香港のエロ情報誌「夜生活」を紹介しましょう。


香港の街中には、至る所にスタンド新聞売り屋があります。


そう、ここに「夜生活」が売られています。


というか、セブンイレブン等で売っているのを見たことがありません・・・。


とにかくここでオッサンに20元払い、「夜生活」を買ってみましょう。



「夜生活」は香港、マカオを中心とし、エロ情報が載っている雑誌です。


香港はマッサージや夜総会、141情報、マカオはリオや18サウナの女の子が紹介
されているものであり、必要な情報は写真と漢字で読み取れます。


そこに大陸情報(少ないですが)がありまして、そこにあるのが羅湖大酒店でした!


そしてこの羅湖大酒店に限らず、割引券が付いていることもあるので、お得ですよ!!


この場合、30元割引だから、夜生活を買う為に投資した20元は回収できました。


そんなに面白い雑誌ではないですが、ぜひ香港に来た時はお買い求めを^^


「安いですね!!また来ますわ!!あ、微信ありますか??」


ぜひマネージャーには微信があるか聞くようにしてください。


「ありますよ!!登録してください。
次回、微信から予約された時も30元割引になりますので!」


お得情報に大陸夜遊びは「夜生活」「微信」は欠かせません。


ちなみに、「微信」では最新の女の子ラインナップも見ることが出来、
非常に便利です。新人女の子の情報も随時アップロードされてます。


そして女の子とアドレス交換も、微信が基本ですし^^
女の子の日常の写真を拝むことができます。笑


さてさて、今週も良いエロ休日を過ごしました。


深圳のエロマッサは言葉と仕組みが分らないと
なかなか利用しずらいですが、羅湖大酒店はお勧めです。

深圳には一体どのくらいのマッサージ屋があるのだろう・・・。
これ以降も、深圳マッサージ屋を開拓します!!


<おしまい>

2014/10/26

羅湖大酒店は二発目も追加料金不要?!その4

<つづき>

2014年7月1日:深圳・羅湖国貿のサウナ、「羅湖大酒店サウナ」。


 女の子はひたすらに、お湯と水を交互に口に含み、
ただひたすらに舐め続けるだけ。


女の子の温かみ、というよりお湯の気持ちよさにハマります^^;


そんな口の中にイン!!


個人的にはゴムをして中でイくのも良いんですが、
口に出すほうが、好きかも知れません。いや、好きです。笑


女の子がエロいってか、精子口に含んでる姿ってすげえ変態じゃないですか!!


あれに興奮しますよね。


いや、変態なのはまりりんの方か・・・。


「うぅぅ・・・。イく前に言ってよ!!」


と若干笑顔で怒られつつも、ティッシュに出す姿がまたエロい。


いや、変態です。


まりりんはしばしの賢者タイム。


そんな時も、気を利かせてヘッドマッサージをやってくれるのは良いですね。


女の子の膝に頭を乗せ、テキトーなヘッドマッサージですが、これでも十分気持ち良い!


「そうそう、何歳??」


「どこ出身?」


「深圳来てどれくらい?」


他愛のないトークですが、こういうところで確実に普通話を習得です!!


ヘッドマッサージで落ち着き、トークで安らぎ。


そんなことだから・・・あれ??
また、まりりんの愚息が元気になりかけております。


非常にだらしないです・・・^^;


「あれ??また???元気だねぇ・・・??」


「う、うん、、、ごめん!!」


本来、この手のマッサージでは一回のみで、
二回目の発射は無いのがデフォルトなんですが、
まりりんは一人辺り/2発というのが一つの満足基準です。


もちろん、この女の子でも、もう一発イきたい!!


「ねぇ・・・、もう一回はダメ??」


「も、もう一回・・・??」


普通はここで断られるか、追加料金を言い渡される。


「うん!!いいよ!!!」


あれ、以外とすんなりです。


「ただ、あと時間が10分少しくらしかないけど、
それでも大丈夫??イける??」


「もちろん。笑」


スタンダップしてからのまりりんは、早い。


女の子は再び裸になり、今度は手を使い高速ピストン。


よくAVで、この手の高速ピストンをし続けるものがありますが、


女の子はよく手が疲れないな、と思うし、


男はよくイかないな、と本気で関心しています。


まりりんは、すぐにイけますので、女の子にとっては優しいはず。笑


そしてフィニッシュ!!


こういうことばかりやってると、そのうち中でイけなくなりそう^^;


「おお、気持ちよかったわ!!ありがとう!!」


「ちょうど時間だね!!また来てね!!」


服を着て、女の子は休憩室まで送ってくれて、バイバイ。


マカオのように豪華な休憩室はありませんが、
少し寝れるくらいの休憩室はあるので、そこでしばしの休憩。


うん、なかなかグッドなサウナですよ!!

<続く>

2014/10/23

深圳マッサージでのハードプレイ。その3

<続き>


2014年7月1日:深圳・羅湖国貿のサウナ、「羅湖大酒店サウナ」



女の子はプレイ道具?を取りに控室へ戻っております。


さて、これからどんなプレイが始まるのでしょうか・・・。


ローションとお湯を持ってくるということで、期待です!!


「ごめんごめん!遅くなって。」


5分ほどで女の子が戻って来ました!


右手にはお湯入りのコップ、左手にはローション等が
入っているであろう道具セットを持っています。


「じゃあ、まずは寝て~!」


まりりんは黙って寝ますが、
既にギンギンの愚息が天井を打ちつけるほどです。


「じゃあ、脱がすよ??」



そして、女の子は服を脱ぎ、上半身裸に・・・。


「舐めるよ??」


とは言わず、黙ってまずは背中から・・・。


背中の上から下、右から左へと舐めると、
やがてシック○ナインの態勢になり、今度は足の先から・・・。


足の先、膝、太ももへと進むと、もううつ伏せの必要はありません。


仰向けになると、女の子の美しい裸体が現れます。


なかなか好みのプリン型で、もう夢中になってしまいますね!!


しかし、基本は守りのまりりん。笑


仰向けになると、すぐに乳首攻めをされ、


そのあとは、先ほどの逆、正統なシックスナ○ンの態勢へ。


まりりんは、自慢ではありませんが、
女の子のオマ○コを舐めたことはありません^^;
生理的にまだ受け付けられないのです。


女の子には舐めさせるくせに、まりりんはセコい奴です。


女の子の音をシュポシュポ立てながら吸われるこの感じ。



そしてお待ちかね!!ここで、お湯も登場です!!


お湯を口に含み、そのままフ○ラ。


生温かい口の中で、非常に心地良い感じになります。
性的な意味ではなくて、健康的にすげー良さそうな気がします^^


東莞、またマカオのサウナを思い出させるようなハードな攻められに、
もうそろそろ我慢できなくなってしまいます。


アイスandファイアーはまりりんお気に入りのプレイの一つですから!!


日本でもあるのかなぁ・・・。


そんなことを考えつつも・・・。


「じゃあ、そのままイくよ!!オッケー??」


<つづく>

2014/10/20

羅湖大酒店には、マカオのアイスandファイアーがあり?その2

<続き>

2014年7月1日:深圳・羅湖国貿のサウナ、「羅湖大酒店サウナ」へ。



 「ニーハオ!!」


マカオのサウナのように豪華で洒落た受付ではなく、
極めて普通過ぎる簡易的なもの。受付でダラダラしている従業員は大陸っぽいですね。


「何人?一人??」


「はい、一人よ。」


「老板(ボス)!!一名様入ります~。」


ロッカーキーを貰い、脱衣所へ。


ロッカーにはどこのサウナにももボーイがいるのですが、
これが服からパンツから靴までロッカーに入れてくれるので、
便利っちゃあ便利ですが、変な所にサービス精神が傾いていますよね、大陸は。
といっても、あとできっちりチップを請求されるわけですが・・・。


この羅湖大酒店も今まで行った他サウナと変わることなく、
シャワーのみがあります。もちろん、湯船があっても入りたくないので、これで十分です。


シャワールームの中が若干尿臭いのは、どこも一緒でご愛敬ですな^^;


さて、シャワーも浴び、プレイ部屋へとボーイが先導し、移動します。


「お気に入りの子はいますか?ここは何回目ですか??」


「お気に入りの子はいないので、テキトーに連れてきてください。初めてですよ!」


「好的(オーケー)!!」


部屋は20部屋、いやそれ以上あるのかなぁ・・・。


ホテルの1部屋を改造して、2部屋にしており、
窓のない部屋と窓のある部屋に分れます。
もちろん、窓のない部屋は以前はシャワールームやトイレとして
使われていたんでしょうから、あまり広くない。


広めの窓のある部屋を希望し、イン。


「少々お待ち下さい。今女の子連れてきますから!
飲み物は何にしますか??」


「コーラで。」


すぐにコーラが運ばれてきて、あとは女の子を待つばかりです。



この間、これから逢う女の子への期待が膨らむ一方で、
早く逢いたいというじれったさでいっぱいになります^^;


「ニーハオ!**番、**です。」


女の子がまずは2人、どちらも甲乙付けがたく、


「ブーハオイースー!(すみません!)」


第二回目へと期待します。


まぁこの手のサウナではピカ一に可愛い子は皆無でして、
少しでも良いかな、と思えば素早くチョイスし、
サービスに期待するのが必勝法だったりしますが、
今回は初めての羅湖大酒店サウナということもあり、様子見です。


「老板、こちらはどうですか?!」


「ニーハオ、**番、**です!!」


再び二人の子を連れてきたわけですが、
片方の一人はなかなか良さげな感じ。
笑顔=サービスの良さとも比例するこの大陸においては、
彼女の笑顔はかなり期待させる笑顔であった。


「好的!!」


女の子と二人っきりになり、まずは軽いマッサージ。


うつ伏せになり、まずは上から、そして腕、腰、太もも、足と行き、
再び太ももから上へ戻ります。笑



この普通のマッサージにマッサージ効果を期待するのはダメで、
あくまでスペシャルマッサージへの前儀と考えるべきでしょう。


もちろん、前儀にはちょうど良く、まりりんの愚息は
うつ伏せの状態のまま、ベッドを突き刺しております。


「じゃあ、ちょっと待っててね!ローションやお湯取ってくるから。」


ローションはまだしも、お湯って何だ・・・?!


まさか、マカオ名物のアイスandファイヤーか?!


ハードプレイ好きのまりりんにとって、
アイスandファイヤーは大好物ですよ!!


<続く>

2014/10/18

深圳マッサージの真髄、羅湖へ!その1

まりりんの深圳エロマッサージ廻りは続きます。


6~7月は深圳市福田区のマッサージばかり攻めていましたが、
やはりマッサージの本場と言えば、羅湖です!


しかし、福田の綺麗かつ安心できる雰囲気にすっかり飲み込まれ、
羅湖に行くのはためらっていました・・・。


けれども、やっぱりマッサージと言えば、羅湖です。


その羅湖にある羅湖大酒店に行ってまいりました。


2014年7月1日:すがすがしい休日の朝。


そう、今日は香港特別行政区の記念日で休みなのです。


休みの日は、決まって深圳へ。
そして、深圳のエロマッサージへ!


というのが最近の生活スタイルです。


なのでこの休みも、例外なく深圳へ向かいます。


大きなバッグを持った大陸人に混じり、私も大陸へ。


12時:MTR東鉄線で羅湖へ。


どこもイミグレは混みますが、羅湖は外国人専用レーンが香港側、中国側ともにあり、
かつ中国内地民イミグレとはしっかりを区切られて、わりとまともに運用されているので、
香港⇔深圳間のイミグレでは一番便利かつ速かったりします。


それに比べ、福田口岸、深圳湾口岸の休日は内地民も外国人も同じレーンで
なかなか悲惨なので、避けるようにしております。外国人専用レーンの存在有無はかなりデカイ。


羅湖=混んでるイメージが多くの人にあるかと思いますが、
確実に一番時間の掛らないるイミグレだと思います。


但し、その分同じ身分である外国人も多いので、
イミグレ審査時間の長い黒人・中東系の団体さんがいたら、ジ、エンドですが・・・。


さて、今日もほとんど待つことなく、中華人民共和国・深圳市羅湖区へ入ります。


地下鉄に乗って一駅目の国貿駅へ。ここにお目当てのサウナがあるのです。


13時:国貿駅周辺は大型のショッピングセンター、オフィスがあり、
さすが深圳経済特区の中心です。しかなり綺麗に整備されていると感じます。


そんな国貿はサウナ、いや綺麗にいえばスパ!の激戦区です。
大小様々なスパが乱立し、しのぎを削っています。


なので、羅湖・国貿周辺はサービス良い!!と言われているのは、
香港人なら誰でも知っていることで、激戦区ではない福田にわざわざ行かないのです^^;


まりりん、そろそろ福田から卒業ですね。
でも、福田ももう少し調べてみよう・・・。


と話を戻しまして、駅から歩いて5分、日本人出張者で有名な
粤海酒店の直ぐ隣に今日のお目当ての「羅湖大酒店」があります。


この羅湖大酒店も日本人がよく宿泊するらしく、
多くの個所に日本語が書いてあり、日本料理屋も入居しています。


そんな日本人出張者を癒す、いや香港人も虜にする
羅湖大酒店6Fにある「羅湖大酒店サウナ」へイン。



「ニーハオ!!」


さて、羅湖大酒店サウナはいかに・・・。



<つづく>

2014/10/15

まさかの中国の女の子の家で・・・。

<続き>

2014年6月某日:広東省深圳市、マッサージ屋から女の子をお持ち帰ります。


さて、タクシーを降りて、家へ!!


もう、まりりんの頭の中は桃色ピンクなお花畑。


もちろん、まりりんの愚息はギンギンになって、
我が街のように深圳を堂々と歩きます。


愚息が立ってるくらい、この街の人は一切気にしない!


そんなことを気にしないくらい、
この街は前に向かって全速力で走っています!!


いや、全速力で女の子の部屋へ走りたいのは恥なまりりんで、
こんな時に限って、女の子は鍵が見つからなかったり、
部屋へ向かうエレベーターが遅かったりして、埒が明かぬ。笑



「さぁ、ここ!ようこそ。」


マッサージ娘が一人で暮らすには贅沢すぎる空間・・・。


「友達と三人で暮らしているの!
友達は今は仕事で居ないから大丈夫だよ。」



うーん、友達も居て、さんピーだの、よんPだのでも・・・^^;


それはさておき、早速女の子と熱いキスを交わし、
服をゆっくりと脱がせます。


「じゃあ、シャワーに行くね?」


「はい!!待ってます!!」


女の子のシャワータイムほどじれったいものは無いですね。。。


そして、シャワー長いのが、苛立ちと興奮を最高潮にもっていきます。


「ごめんごめん!じゃあ、次まりりんね。」


タオル一枚になった女の子を横目に、
まりりんは爆速シャワーです。


「えっっっ、もう出たの??早すぎだから。」

出るのが早いのはシャワーだけではありませんが・・・。

そんなことを気にせず、さっさと女の子のベッドにイン。


「ねぇ・・・やっぱり做愛じゃなくて、
打飛機マッサージにしない??小費は要らないから。」


「ダメ。笑 做愛って約束で連れ出したんだから!」


「うーん、だって、ゴムが無くて・・・。」


無いものは仕方ない。生でやるしかない。でも、さすがに無いのは怖い。
そんな時の為、いや中国では危険すぎるため、
まりりんは常にゴムを所持しております。^^

財布にゴム、なんて中学生かい!!と思われますが、
この国では、そのゴム一つで救われることがあるのもお忘れなく。


「じゃあ、付けるわ。これでオッケー??」


「ううぅん・・・。」


女の子は結構恥ずかしがりやな一方で、なかなかエロい。


まりりんの愚息が包まれたゴムをパクっと咥え、
少しずつ、やがて息を詰まらせるほどに少しずつ上下が大きくなり、
そして激しくなってゆく・・・。


最初からまりりんの愚息はギンギンですが、
もう、まりりんも我慢できません。


「じゃあ・・・入れるよ?」


女の子は何も言わず、ゆっくりと股を開き、まりりんはそこに速効でイン。


女の子は小さい身体で、小さい身体の女の子はこの国では美人と言えない。
大きい女こそが美人であるこの国において、この小さな身体では、
夜の世界で生き残っていくのは大変かもしれない・・・。


しかし、確実に感じている彼女の身体はまりりんにとっては十分魅力的です。


最後のメイクラブでは特に動きもせず、いわゆるマグロの状態で
淡泊な印象があるものの、中国の女の子はそんなものであると感じています。


最後までエロければ、満足なんだが、と思いつつも発射!!


「ゴメン!もうイッちゃったよ。」


「早すぎ!でも、一回だけだからね。」


まぁ、中国娘だから、これくらい許すとしますか。


ゴムの処理もまりりん自ら行い、女の子にティッシュまで渡すなんて、
まりりんもこの国でおもてなしの心を女の子に理解させなければ。笑


「じゃあ、シャワー浴びたら帰ってね!」


やる前とは打って変わって、仕事が終わったから、
これでいいでしょ的ななのは、この国の常ですから仕方ないとは言え、
もっとタイのようにホスピタリティーさえしっかしていればなぁと思うばかりです。


シャワーを浴び、服を着替え、女の子とはお別れ。
マッサージ屋を出てから90分どころか、60分も経ってないような。


だって、ここは中国、深圳!


そんな細かいことは気にしない・・・。


それにしても、開拓し甲斐のあるこの街、深圳で、
更に激しいエロマッサージ屋探しは続くのです。


深圳エロマッサージ、続編へ。


<おしまい>

2014/10/12

深圳も、お持ち帰りが出来る!

大変長らくお待たせ致しました。


ようやく仕事も落ち着いてきまして・・・。


少しずつではございますが、更新を再開してゆきます!!


今までご迷惑をおかけして・・・今後もご迷惑おかけしますが、
無理のない範囲でのんびりやっていこうと思っています^^

どうか、気長にお付き合い頂ければ幸いです。


では、まりりんの香港、マカオ、深センでの日々を再び綴ります。


<続き>

2014年6月*日:深圳市福田の福民にある明珠休閑所。



「お持ち帰り・・・??いいよ!!做愛・・・ね。笑」


まりりん、三度の飯よりセクロスが大好きなので、すかさずお持ち帰りです。


それにしても、深圳のマッサージでお持ち帰りができるなんて、
驚きです。タイでしか出来ないことだと思ってました^^;


ウキウキしながら、一階にあるマッサージフロアで腰掛けながら、女の子を待っています。


「靚男!マッサージどう??」


「ごめん、今から女の子と・・・。」


「^^:::」


おばちゃんのイヤらしい眼つきが気になりますが、まりりんは全く気にしません。





「ごめんごめん!遅くなって。行こう!!」


ちなみにお持ち帰り料金ですが、マッサージ一回分の168元が必要になります。


時間の制限は特にないようですが、常識的にマッサージと同じ時間の90分、
長くて2時間といったところではないでしょうか。


手を繋ぎ、ウキウキしながら深圳の街を歩き、
これからのイヤラシイことを考えると、
ここが中国ではなく、バンコクあたりと思えてきますね。
ニヤニヤが止まらない。


テーメーカフェで女の子をお持ち帰りした時のような気分です。


とは言え、どこに持ち帰ろう・・・。そんなことは全く考えてなかった!!


「どうする?どこに行こうか・・・ホテルは知ってる??」


「そうだねぇ・・・。もし良かったら、ウチに来る??」


一瞬、危険なことも考えましたが、
本当に女の子の部屋へ良ければ、中国において貴重な体験になるでしょう。


女の子のベッドでメイ○ラブだなんて、考えただけでエロすぎる。


「じゃあ、タクシー乗ろうか!ウチまではそんなに遠くないけど・・・。」


「タクシーでどのくらい?」


「3分くらい!!」





タクシーでイチャイチャする間もなく、女の子の家に到着です。笑


<続く>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...