2015/03/31

パタヤ・ハリウッドでゴゴ娘と濃厚に絡み合う!<その6>

皆さま。


アンケートにお答えいただきありがとうございます。
引き続き、ご協力のほどよろしくお願いします。


回答が100件を超え、目標数をほぼほぼ達成したので、
このタイ旅行記が終わったくらいには、結果を公表します。


一点アンケートから気になったのですが、女の子の写真について
もっと載せるべき、載せるべきではないという項目を作ったのですが、
断然「もっと載せるべき」というご意見をたまわりました。笑
無理のない常識的な範囲内でご意見を反映させていきます^^


<つづき>

2015年2月*日23時:パタヤ・ハリウッド。


まりりん、パタヤのウォーキングストリートに位置するエアポートクラブで
女の子をロングでペイバーして、向かうはハリウッドです!!


ウォーキングストリートの前にたむろするソンテウに乗ります。


「ハリウッド、オーケーナ??」


「クラップ、クラップ!!」


てな感じで、ゴゴの彼女がソンテウ手配等全部やってくれます!


「まりりん、早く乗ってナー!!」


誰も居ない貸切のソンテウに乗ると、彼女は再び僕の膝の上へ。


再びベロベロなディープキスをソンテウに乗りながらするんですが、
さすがにソンテウの外には人が多く若干恥ずかしい気もしますが、ここはパタヤ。


誰一人として気にしない居心地の良さがありますね^^


ウォーキングストリートから貸切ソンテウに乗り10分程度でハリウッドに到着!!



「まりりん、200バーツだナ!!運転手に渡してナ!!」


まぁ高い気がすっごいするけど、貸切ソンテウだとこのくらいするのかな?


相場が良く分からないから、仕方なしか・・・。


パタヤの貸切ソンテウの現在の相場は200バーツです。
巡回ソンテウが10バーツなので高いように感じますが、ボラれているわけではありませんね。
250バーツとか言われるときもありますが、200バーツで交渉すれば下がります。
バイタクは距離によって50バーツから100バーツですが、5~60バーツが相場です。
(ヨッシー様より、コメントで情報頂きました!相場通りのようです。)


ハリウッドに到着すると、受付のおねーさんがメニュー表を持って僕のところへ。


「えぇっと二人だと・・・ウィスキーをボトルか、
そうじゃなきゃビールがありますけど、どうしますか?」


じゃあ、ビールで!


「ビールだと一人2本+入場費で350バーツ、二人で700バーツになります!」


意外と安い。まぁボトル入れるとこれじゃ済まないだろうけど・・・。


そして、中に入ると早速爆音が鳴り響いています!!


ハリウッド、とにかく広い!!


ステージが目の前に大きくあり、そこで生演奏が鳴り響いてます。


客席は一階と二階にあり、日本のクラブとは大きさのレベルが違います。


人も多い。若い人が多いのは当然だけど、普通におっさんとかも多いです!


音楽もまりりん好みの変にチャラくない感じで、ノれるんで、自然と身体が動き出します。


「ここは良さそう、居心地が良さそう、楽しそう!」


すぐにハリウッドの”良い”空気が伝わって来ました。


そんな良い空気が流れているのをモロに感じ、
店員さんに連れられ、席に座ると、すぐにビールを持ってきてくれます。


「チョンケーヨ!!ソンケーヨ!!!」


日本語に直すと、乾杯、一気飲みてな感じで彼女と飲みがスタートへ!!


彼女と全身を絡めながら、リズムに合わせて踊ります!!


さすがゴゴ娘、踊りはなかなかのもの^^


まりりんも恥ずかしげもなく、彼女と踊ります。


日本では絶対にこれほどまではじけられないです。笑


タイという魔力は恐ろしい・・・^^


というところで、更に恥ずかしげもなく女の子とツーショット!!!


ゴーゴーから飲んでたこともあり完全に酔いも回って、
もはや最高潮に気分が良いです。


「ねぇーまりりん、はい!ビール・・・ナ・・・・!」


ただの乾杯ではない。


女の子から口移しでベロチューしながらビール飲むなんて、
ホンモノの彼女でさえやったことないです。笑


彼女からのビール、美味しいですわ。


「はい・・・!じゃあ今度は俺からね・・・!」


まりりんの一旦口に含んだビールを女の子へ。


女の子は勢い良く飲んでいきますよーーー!!


「もう、まりりんったら・・・^^」


そんなまりりんの口からいっぱい女の子へとビールを飲ませ、
女の子は結構酔ってるようで、テンション激高です!!


気が付けば、女の子とハグしながら、
そして息が切れるほどまでのディープキス。


女の子とまりりんは飲んではハグとベロチューを繰り返し、
女の子は僕の股間にだんだん手が伸びてゆく・・・。


さっきから、彼女でもこんなことしたこと無い!
どっかのAVみたいなシチュエーションに大興奮。


もう、ずっと120%勃起したままで収まらないです^^


彼女はエロいし、ノリも良いし、可愛い。


パタヤのゴゴ娘は本当に最高だな・・・と一人目から大当たりで、大満足!


周りは人がいっぱい、けれどそんなこと気にせず彼女と濃厚な感じに出来るのは、
パタヤが成せる技なのか・・・パタヤは本当に良いところですわ。


ハリウッドは生演奏で、絶対にリズムに乗れる感じだし、日本のクラブのような
陰湿で危ない感じ(笑)も無いし、純粋に、いや不純にも楽しめる場所です。


多くの人がハリウッドを勧めている理由が分かります!


そしてトイレに行くときに、ソファーがあるのですが、気分良くしてニコニコ歩いてたら、
女の子から声を掛けられました!それもなかなか可愛い感じのコ!


残念ながら僕には既にゴゴ娘の彼女が居たため、一緒に・・・は
出来なかったけど、フリーで行っても楽しめそうですね。



「じゃあ、そろそろホテル行く??」


「うん、そうしようナ・・・。」


ハリウッドで一時間ほど、濃厚に女の子と絡んで、いよいよまりりんの
泊まるホテル、LK ロイヤル スイート ホテル (LK Royal Suite Hotel)へ帰ります。


これから、濃厚にスパンしますよー!

<つづく>

2015/03/27

パタヤ・エアポートクラブで極上娘をペイバー。<その5>

<つづき>

2014年2月*日22時:パタヤ・ウォーキングストリートにあるエアポートクラブ。


言わずもがな、まりりんはスッチー大好き。
幾度となく機上で見るスッチーおねえさんとスパンしたいと願った事か・・・。


なんて理由でエアポートクラブに入ったわけではありませんが、
呼び込みの女の子が可愛かったので、ついついイン。


エアポートクラブ店内に入ると、手前が舞台、中程には何とお風呂!
女の子が入浴している・・・その奥には再び舞台アリの中々面白い作り。


僕はお風呂と店奥にある舞台の間に席を取り、
女の子の入浴を見ながら、ゴゴ娘の踊りを見るというまさに最高のポディションへ。


と、一目で目に着く可愛い子が奥の舞台で華麗に舞っているではないか!!


「すみません!あー、レオビールで!!」


ビールを飲みながら、入浴シーンを見つつ、そして気になる女の子とアイコンタクトを取る。


まさにゴーゴーの醍醐味ですね^^


その気になる女の子もようやく僕の挙動を気にしてくれたようで、
こちらを盛んに気にしてくれて、女の子から強い視線を感じます。


「(ネェーネェー!!ソコ行ってイイ??)」


「(ウン!ヨロシク!!)」


会話はしてないんだけど、アイコンタクトで会話しました。笑


そしてすぐその女の子は僕の隣へやって来てくれました。


20歳、コンケン出身、ナラ。


「サワディクラップ!」


「サワディカー!!」


か、可愛い・・・遠くで見るより、近くで見る方が遥かに。


「あなたの視線感じたナー!!」


「そりゃ、あなたを可愛いと思ってたからだよ!!」


「コープンカー!!!」


いやー、まじでこの子は良い。


この前の記事で書いた

「僕が女の子を選ぶ基準としては、目を合わせてくれる事、微笑んでくれる事、
そして何よりも可愛い事の三点が非常に重要になります。」

全て当たっているいわば理想の女の子だ。


「もう少し、寄って良いナーー??」


「もちろん^^」


僕の隣へまた一つ、少しずつ近づき、やがて膝の上へ・・・。


そうなると、目と目が合い、顔と顔が近付き、彼女の口の中へ・・・。


まりりん、この時点で120パーセントのフルボッキです!!


僕みたいなブサメンであっても、ベロベロしてくれて、
濃厚イチャイチャしてくれるなんて、もうこの子は間違いない。


早速、ラインを交換。


相変わらずラインで見ても可愛いな。


雑談もそこそこに、早くもペイバー希望!!


「ねぇ、ロングでいい?この後、ハリウッドクラブ行きたいんだよー!」


「うん!行こう行こう!!」


おーい、ママさん!ペイバーしたいんだけど。


「おいオマエ、その子、ペイバーするカ??」


「そりゃ、もちろん!!」


「ペイバー料金は1500バーツだナ!ロングはウチは5000バーツだナ!」


合わせて6500バーツ、飲み台も含めれば7500バーツ。


日本円にして、3万だぞ。全然安くない。
ペイバーが800バーツ、ロング400バーツくらいと見込んでいたんだが。


とは言え、こんな上玉な子をリリースするわけにはいかない。
それにパタヤ初日、多少の出費は仕方あるまい・・・。


「じゃあペイバー料金と飲み代合わせて2500バーツだナー!
ロングのお金は後で直接女の子に渡してナー!」


ということで、女の子は私服に着替え、エアポートを退店。


店を出てウォーキングストリートで早速女の子とディープキスしてしまた。


もうパタヤ、最高過ぎ・・・^^


仲良く手をつなぎ、その後向かうはもちろんハリウッドクラブ!!


ハリウッドで、更に濃厚にこの子と絡みたい。

<続く>

2015/03/25

パタヤを代表するゴーゴーバー、バカラへ!<その4>

<つづき>

2014年2月*日21時30分:パタヤ・ウォーキングストリート。


パタヤ童貞のまりりん、いよいよパタヤで最も賑やかな
ウォーキングストリートへやって来ました!!


賑やかな一本道の両サイドには、ビアバー、飲食店、コンビニ、
そして我らがゴーゴーバーが乱立し、多くの人が闊歩する。


まさにここがパタヤの歓楽街でございます!!


ドン、ドン、ドン・・・♪「おにーさん、ちょっと見てってカーーー!!」


ゴーゴーバーの前に数えきれない程立ち並ぶ女の子達・・・。


ゴーゴーから流れ漏れるミュージック、それに掻き消されぬよう声を張る女の子ら・・・。


ちょっとでも隙を見せると少々強引に、


「ちょっと見てってナー!見るだけタダだナー!!」


しつこいとは思いつつ、ちょっと嬉しい、いやタイに来たと実感されられる時でもありますね。


この非日常的な、日本(無論香港)でも決して見ることの出来ない
イヤらしいこの歓楽街の雰囲気・・・、最高ですね!!


心躍ります。この雰囲気が好きでタイに来てるんだ、そう言っても過言ではありません!


「Good man go to heaven, Bad man go to PATTAYA!」


ウォーキングストリートを歩いてると、こんな広告が張ってありました。


俺は悪い奴なんで、死んだらパタヤに行きたいですね。


天国があるとすれば、俺はここが天国だと思います。
って、ウォーキングストリート滞在まだ3分ですが・・・笑


その天国一丁目にあたるだろう、パタヤを代表する噂のゴーゴーバー、BACCARAバカラへ。


バカラはバンコクのソイカウボーイでもお馴染みのゴーゴーバーです。
日本人好みの可愛い女の子を集めているとのことで、ここに行かない理由はありません。


「サワディカー!!おにーさん、コッチの席で!!」


そう言われるも、とりあえず店内を一周し、女の子をチェックするのは必須です。


もし席に座って自分好みの可愛い子が居なかったら、無駄ですからね^^;;


その店内は22時前とあり、大混雑。
韓国系なり欧米系なりも居るけど、圧倒的に日本人の牙城。


そして、可愛い日本人好みの女の子は日本人のオジ様がキープ。


踊ってる女の子に可愛い子が居ないわけじゃないけど、
大混雑過ぎて、のんびりする雰囲気じゃないし、そこまで無理することも無いかな。
それにどんなに可愛い子が居ても、混雑を気にしては楽しさも半減ですしね。


とのことで、バカラは一周して退店。


バカラを見ることは必須だと思いますが、どうもこの日本人だらけという
大混雑な雰囲気に負けることが多いのもまた事実であります。


でも、困ることは何もない!ここは天国・パタヤ・ウォーキングストリート。


さぁ、めげずに次へ次へ。


次に行ったのは、バカラの近くにあるアイアンクラブへ!


先程のバカラとは異なり、人は多くなく、僕としては丁度よい感じ。
可愛いっぽい子も居るので、今回は素直に席に着くことにした。


「すみません!ビール、あっ、シンハーで!!」


「カーー!!シンハーナー!!」


酒好き女好きとしては、この酒を飲みながら女の子のイヤラシイ踊りを
見れるなんて、やはりここが天国に違いありません。


「オイ、そこのイープン!誰か付けないのカーー??」


ママさんがちょいとしつこい以外は天国なんですが^^


「じゃあ、僕の目の前に居るあの子で!!」


21歳、チェンライ出身。


「サワディカップー!!」


「サワディカー!!」


手を合わせて微笑まれると、もうこのまま死んでもいいなと思います^^


僕が女の子を選ぶ基準としては、目を合わせてくれる事、微笑んでくれる事、
そして何よりも可愛い事の三点が非常に重要になります。


どれかが欠けてもいけないし、どれかが欠けていると地雷を踏む可能性が高くなります。


とは言え、こんな理想通りに行くことは多くないんですがね。


そして、女の子にドリンク一杯。


席に呼んだ以上、女の子にドリンクをおごることはマナー、
というかルールだと思い、ここをケチる日本人が多いのが
少々理解できないのですが俺、コーラはおごりません。笑


「コーラ、飲んで良いカー?」


「コーラ?ダメだよ^^; アルコールオンリーだから。笑」


「うぅー意地悪ナー!じゃあテキーラ!」


俺が酒を飲んでいる以上、アルコールに付き合えないのはありえないです。
女の子から俺に対するマナーだと理解しております^^


「カンパーイ!!」


「いや、チョンケーヨ!(乾杯)、ソンケーヨ!(一気)!だね!!」


女の子の「この意地悪ー!!」みたいな笑顔が、またたまらないですね!


いやぁ、まりりんはエムなんですけど・・・。


と、酒を飲み適当な雑談を数十分。


僕はタイ語が不自由、相手は日本語が話せない、
そうなると必然的に英語になるわけです。


すると、何十分も話すほどの内容が無いわけで。
いや語学能力じゃなくて、コミュニケーションの問題かもしれませんが。


「もしペイバーするならロングが良いんだけど、どうかな?
いや、実はこの後にクラブに行きたいなーなんて思ってて!」


「私はショートオンリーなの。だから、クラブに行くほどの時間は・・・。」


そう僕としてはスパンスパン王子様「ぜひパタヤのハリウッドには!」とおススメ頂き、
KK様のブログにもしばしば「パタヤのハリウッドに女の子と行きました!」とあり、
是非とも女の子とハリウッドクラブに行きたいと思うのだ。


「じゃあ。ゴメン!!」


「オーケー!!また来てね!!」


可愛かったけど、目的遂行の為に時に、犠牲はやむ終えぬ。


さて、そんなことでアイアンクラブを出て、
その隣にあるエアポートクラブへ。


エアポートクラブの店内に入り、一目で目に着いた子。


そこでは、完全に僕好みの女の子が居るではないか・・・。


<つづく>

2015/03/23

パタヤ到着、いよいよ初ウォーキングストリートへ!<その3>

<つづき>

2014年2月*日20時:パタヤ・ノースパタヤバスターミナル。


スワンナプーム空港からパタヤまでは高速道路で1時間30分程度でした。


大きな渋滞等も無く、極めて順調だったと言えるでしょう。


しかしパタヤ市内に入った途端、渋滞に引っ掛かり、
高速道路出口から、ノースパタヤバスターミナルまで30分も掛かってしまいました。


お下劣ビーチ、パタヤの地にして渋滞に引っ掛かり、
車内のファランどもらもイライラを隠せない様子。


「もうパタヤ着いてるんだから、早く下ろせ―!
もうここからタクシーで勝手に行くから、好きにさせろー!」


的な雰囲気でしたが、30分もすると、ようやく終点の
ノースパタヤバスターミナルに到着です。


ここからバンに乗り換えです。


「オマエ、どこのホテルナー??」


「ええっと、ソイ9近くの・・・。」


「予約票見せてナー!」


「ああ、LK ロイヤル スイート ホテル (LK Royal Suite Hotel)
それなら、このバンになるカー!乗ってて待ってろナー!」


バンには既に女の子3人、ファラン1人、そして僕の併せて5人。


どうやらこの人数だけらしく、すぐにホテルへ向けて出発です。


前に座ってる女の子3人から聞こえるのは普通話・・・。


思わず、


「ニーハオ!!。」


「ニーハオ^^ どこの人??」


「日本人だけど、香港住んでるよ。
深圳や広東省は仕事で良く行くんだ!」


「あれ、私たち、深圳に住んでるの!
もしかして、今日の飛行機は1時間ディレイした・・・?」


てな感じで中国・深圳娘とバスん中で話しますが、如何せん可愛くない。笑
これが可愛かったら、良かったんだけどなー、なんて思いつつも。


まずはソイ8付近にあるホテルへ。


中国娘「ニー!!ナーリー酒店マー??」


俺「LK ロイヤル スイート ホテル (LK Royal Suite Hotel)


中国娘「ブーシーブース!!!」


ということで、このホテルではファランだけ降りて、次のホテルへ。


次のホテル、と言っても先程のファランが降りたホテルから程近い場所。


運転手「ベラ エクスプレス ホテル (Bella Express Hotel)ナー」


中国娘「ウォーメンダー!!シェーシェー!!ザイジェン!!」


不細工3人組の中国深圳娘らが降りてゆきます。


バンには最後一人の私まりりん。


早くゴーゴーに行きたいまりりんにとって、一番最後なのは少々悔しい感じ。笑
だいたいこういうのだと俺が一番最後になるんだよな・・・なんて思いつつ。


「おい、LK ロイヤル スイート ホテル (LK Royal Suite Hotel)ナー」


そんな悔しい思いも3分程度で到着し、ソイブッカオに面する
LK ロイヤル スイート ホテル (LK Royal Suite Hotel)にチェックイン。


1000バーツのデポジットを取られたほかは、既にネット決済なので清算無し。


ちなみに、一泊約1500バーツで朝食付きなので、まぁまぁかなと思う値段。


Agodaで見たホテルの写真イメージが良く、ゴージャス感を醸し出しているのと、
セントラルパタヤロード、ソイブッカオに位置し、パタヤの土地勘が全くないので、
何となく便利そうなかと思ってこのホテルを選んだわけです。

結果はと言うと、僕のチョイスした安いプランはこのホテルの向かいに位置する
別館の客室であったことで、このプールに行くのが少々面倒だったこと、
シャワーの出が悪かったことは不満ですが、それ以外は特に不満なし。


但し、パタヤの土地勘を身に付けてゆくと、ビーチロードか、セカンドロード沿い、
またその南端に位置する歓楽街のウォーキングストリートになるべく近い場所に
ホテルを取るべきだったと思う。


このホテル自体に特に不満は無かったのですが、次回は無い(主に交通面で)かなぁと^^;;


話を戻しまして、チェックイン後、荷物を置いて
すぐにウォーキングストリートへ向かいます!


パタヤは初めてで良く分からないのですが、
とりあえず海に向かって歩き、海が見えたら向かって左側に行くと、
ウォーキングストリートにぶち当たります。


但し、歩きかタクシーかは感覚が分からず、
結局歩いた訳ですが、ホテルから20分以上は軽く掛かった気がします!


しかし、無事にパタヤのウォーキングストリートに到着です!


このウォーキングストリートでこれから遊びまくります!!


<つづく>

2015/03/21

タイ・スワンナプーム国際空港からパタヤへ!空港でやるべき事は。<その2>

<つづき>

2014年2月*日16時40分:バンコク・スワンナプーム空港に降り立ったまりりん。


空港でやることは3つあります。


1つは、金を下ろすことです!


タイバーツ(というか外貨)を得る方法としては、主に二つの方法があると思いますが、
まずは両替することです。これは多くの方が利用しているやり方ですね。


但し、空港のレートが悪いというのは世界的な常識です。
一方で、空港から移動するのに、現地の金が必要・・・。


この場合、少額のみ空港で両替し、あとは街中で両替する
というやり方は有効ですが、どうにもメンドクサイ。


なので、もう一つの方法として、私はいつもATMカードから下ろしています。
私の持っているカードは香港HSBCカードで、Union Payを使って下ろすことになります。
他にもCirrusやPlus等ありますが、若干手数料等に違いがあるほかは変わりません。


今回は2万バーツ(約7万円)下ろしました!
2万バーツの理由としては、ATMで一度に下ろせるマックスが2万バーツだからです^^;;


2万バーツにプラスして、ATMの手数料が50バーツ、香港側手数料が20HKDです。


2月*日の公式レートは1HKD=4.17 THBでした。


私の銀行口座から引かれていた金額は4,860.11HKD(手数料込)です。


香港側手数料を引くと、ざっくり4,840HKD、つまり1HKD=4.142 THBです。


この日の空港レートは1HKD=4.07 THB程度だったと思いますから、
もし空港で両替すれば、4,914HKD約60HKD差ですので、
手数料を考えても、ATMで下ろす方が安いということになります。


ちなみに、ATMはそこらじゅう至る所にありますので、ご安心を!!


ということで、2万バーツを手に入れたまりりん。


二つ目のお仕事。


次に向かうは、下ろしたてのタイバーツを手に1Fにあるケータイショップへ。


各社ケータイ会社が並んで、SIMカードを販売しております。
各社料金やサービス等に若干の違いがあるものの、
ほとんど変わらないので、空いているところで購入します。


今回はAIS社へ。


「サワディクラップ!!SIMカード欲しいナー!!」


「SIMカードはこれになるナ!」


観光客にも非常に分かりやすい表を見せてくれつつ説明してくれます。


SIMカードは2種類ありまして、199バーツ299バーツのもの。
両方とも7日間ネット使い放題(10日間も有)は変わらないのですが、
後者は音声付(つまり電話が出来る)になります。


音声付の必要は特に無いのですが、タイ娘とエロ電話する等、
何があるか分からないので、299バーツのものを購入。


アクティベイトですが、全て店員さんがやってくれますので、ご安心を。


但し、日本からのケータイはSIM FREEの機種でないことも多いため、
海外に頻繁に行く方は是非とも香港あたりでSIM FREEのケータイを一台・・・!
なんてのは、既にスパンヤオ初め、世界の常識ですね^^;;


「これでセットアップできたナー。楽しんでカー!!」


これで金に続き、通信できるケータイも手に入れた。


次に向かうは・・・!!


17時:スワンナプーム空港B1にあるバスターミナル兼タクシー乗り場へ向かいます。


もちろん、パタヤ行きのバスチケットを購入するためです。



パタヤ行きのチケットは写真場所の1か所のみでの販売です。


誰よりも足早にそのチケット売り場へ向かうまりりん。


普段から足早な香港人もびっくりの競歩です!!


「サワディーカーップ!パ・タ・ヤ!欲しいカーップ!」


「パタヤナー、次、バス、18時カー!!」


「一時間!!18時のバスが一番早いナ?」


「カー!!18時ナー!」


「クラップ!!18時のバスでオーケーナー!!」


ノースパタヤバスターミナル行きでして、そこまでだと運賃は149バーツ、
そこからミニバスでホテルまでの送迎付きだと250バーツとのこと。


バスターミナルからホテルまでは自分でタクシー捕まえても良かったけど、
到着が夜ということ、またパタヤが初めての場所ということもあり、
100バーツ(とは言えたった400円程)だけでホテル送迎は非常に有難く安心。


迷うことなくホテルまでの250バーツチケットを購入。


(ちなみにベルトラベルホームページで予約すると20バーツ安く230バーツのようです。)


なお、タクシーだと1000~1500バーツという事前情報で複数人居るならまだしも、
一人には痛すぎる出費・・・。一人の場合はバス選択しかなさそうですね。


なんてな感じで、バスチケットとそのバスに乗る証明とのことで、
胸に張るシールを手渡されます。


出発までは、隣にフードコートもあるので、時間は何となく潰せてしまう。


さて、何を食べようかな・・・とそんな時!


「おい、オマエ!おつり忘れたカー!!オマエ、1000バーツ出したから、
750バーツのおつりあるナー!!」


早速、やらかしましたが、優しい係員さんがわざわざ届けてくれました。


これが、中国だと・・・(以下省略


気をつけなきゃですね。ついつい浮かれてた。


17時50分:スワンナプーム国際空港B1にあるパタヤ行きバスチケット付近。


「おまえパタヤ、カー??バス乗ってナー。」


バスはどこ・・・?


「バスは出て目の前の八番カー!」


という感じで、パタヤ行きのバスに乗り込みますが、
バスは既に大勢の客で満席に近い状態。


やはり一番多いのはファランで、その次に中国、韓国系、タイ人と続く感じ。


肝心のイープンというと、たぶん数人しか居なかったんじゃないかなー。


18時:バスは定刻通りにスワンナプーム空港をディパーチャー。


すぐに高速道路に乗り、既に日が沈みかけている中、
南へ、南へと世界一のお下劣ビーチ、パタヤに向かって爆走中です。


<つづく>

2015/03/19

香港発パタヤ行。未だ見ぬパタヤを求めて!<2015年2-3月タイ(パタヤ・バンコク)・マカオ旅行記>

香港社畜人生も早一年・・・。


ということで、バカンス休暇を取りました。


さすが香港企業、バカンス休暇なるものがあるのか・・・
って、あるはず無いじゃないですか^^;;;


一年目の節目に無理して休んでタイに行きましたよ!てな話です。


タイはタイでも、バンコク、チェンマイ等にはもう10回行ってるのかなぁ。

その時の旅行記はコチラへ。

→<旅のまとめ>2012年1-2月タイ・台湾・香港・マカオ旅。

→<旅のまとめ>2012年9月タイ・バンコク編。


しかし今回は今までとは異なり、パタヤ!へ行ってきました。


世界一のお下劣ビーチと名高いパタヤ・・・。
若干20歳も後半にしてパタヤデビューとは遅いかもしれませんが、
その時の出来事をご紹介し、皆さまに楽しんでいただければ幸いです。


それでは、どうぞお楽しみください^^


<はじめに>

2014年2月*日9時:香港自宅。


前日に飲み会があり、相当ベロベロに酔っぱらいました。
なぜなら、タイに行くからです!


パタヤの世界一お下劣なビーチであんなことや、こんなこと・・・。
バンコクでは、どこのMP行こうかな、ゴーゴーのあの娘はどうなったかな・・・。


そう考えると、酒が進まぬはずはありません。


まりりんは酒好き金好き女好きという、どうしようもない人間なので、
今回のパタヤ、バンコク、そしてマカオというその全てを満たせる今回の旅を
非常に心待ちにしておりました。


あらしかし、二日酔いで飛行機間に合うかしら・・・^^;


11時:二日酔いで気持ち悪い状態ながらも、香港国際空港到着。


飛行機は12時10分発香港航空HX775便です。


さほど混んでないチェックインを済ませるも、


「まりりんさん、この便はディレイしまして・・・出発は13時15分になります。
ご迷惑おかけしますが、宜しくお願いしますね。」


えぇー予定より一時間もディレイとは。


一時間という貴重なタイでの時間が失われてしまうではないか!!


とは言え、こういう時のプライオリティーパス!でラウンジへ。
(香港国際航空では、プライオリティーパスで二か所のラウンジを使うことができます。)


昨日飲みすぎたというのに、迎え酒で再び生ビール。


それに朝ご飯も食べるとなると、一時間のディレイはあながち悪く無しか・・・^^


貧乏根性丸出しです。


13時:ゲートへ。


ゲート522という沖止め確定です。


ゲートに並ぶ長蛇の列のほとんどは大陸客で、
これから機内で壮絶な時間が予想されます。


その前に大陸客とバスに乗らなければならないという苦痛の罰ゲーム。


ゲートを超え、バスに乗り、沖止めの飛行機へ。


足を踏まれたにも関わらず、謝るどころか舌打ちされ、
思いっきり再度踏み返されるというキチガイプレイ。


本当に大陸客は嫌い・・・。


13時15分:予定通り遅れ、ディパーチャー。


そのまま1時間遅れ予定が、なかなか飛行機が動かず結局離陸したのは14時前。


バンコク・スワンナプーム国際空港到着予定は16時とのこと・・・。
マイペンライ、落ち着いてバンコク到着を心待ちにします。
さて今回の香港航空ですが、LCCのようでLCCではなく、一応しっかりしたキャリアです。


機材もA330で、二通路の2+4+2席の組み合わせ。
LCCならA320で、一通路の3+3席という何とも乗りにくく狭く最悪な機材が一般的ですが。


もちろん飲み物も機内食も出るし、それでいてオールイン片道HKD500(約7500円)
なので、かなり満足です。機内が大陸客ばかりでなければもっと良いんですが、
こんなに安くては文句も言えません。


ほぼ満員の(大陸)客を乗せた香港航空HX775便は、
海南島を超え、インドシナ半島、ラオス上空、
タイ国内に入ると、イサーンから、スワンナプーム国際空港にインへ。


スワンナプーム国際空港には、16時到着、予定より二時間遅れての到着です。


我が香港航空機の隣には、JALの飛行機。
これは、JL031便で、東京羽田11時-バンコク16時の便です。


あちゃ・・・空港に日本人溢れてるかな??


16時:バンコク・スワンナプーム国際空港に到着。


足早に入国審査場に向かいますが、いやぁーーータイいいっすね!!


道ですれ違う係員の女の子が可愛い可愛い。


早くパタヤでこんな可愛いタイ娘とスパンしたいです!!


と気持ちがはやるも・・・。


イミグレは大混雑!!


イミグレは香港‐深圳間で嫌というほど味わっており、
中には人民に殺意を覚えるほど混雑していたことも数多くありますが、
今このバンコクのイミグレの状況は香港―深圳と照らし合わせても酷いレベル。


レーンの数と並んでる人を見て、香港-深圳の経験を踏まえて、
イミグレ脱出計算をしますが、軽く30分はかかりそうな感じ・・・。


しかも、イープン(日本人)ばかりです。笑


飛行機がディレイしなきゃ、マシだったのかなとか考えますが、
バンコクのイミグレはそもそも結構な混雑で有名なので、諦めよう。


「今夜さー、さっそくナナのゴーゴー行こうぜ―!!」


「おう、ゴーゴー初体験で楽しみだわ―!!」


なんて会話が聞こえてくると、はやる気持ちを抑えられないですね。


それにしても、みんなタイに何しに来てんねん?笑


16時40分:ようやくイミグレを超えて、晴れてタイ・バンコクに入国です。


これから、お金を下ろして、ケータイのSIM買って、
パタヤ行きのバスへ乗り込みます。


<つづく>

2015/03/18

<旅のまとめ>2014年10月広東省中山市で初夜遊び旅

<旅のまとめ>2014年10月広東省中山市で初夜遊び旅。

2014年10月広東省中山市で初夜遊び旅のまとめです。
順番に並んでおりますので、タイトルをクリックしてご覧下さい。

1:広東省中山市で初夜遊びの旅!!その1


2:深圳から中山への高速バスでまさかの事態・・・。その2


3:深圳発中山行。人生最大の危機の行方!その3


4:広東省中山市はどんな街?その4


5:広東省中山市にサウナはあるのか?その5


6:「まりりんさんのブログ見て下川島に行ったんですよ!」その6


7:広東中山の国際酒店KTVへ。その7


8:広東中山一最高級のシャングリラホテルKTVへ!その8


9:中山のシャングリラホテルに居た!AKB指原似の小姐と戯れる。その9


10:シャングリ・ラ ホテル中山KTVで高すぎるお持ち帰り!その10


11:KTV美人娘”さっしー”との一戦にまさか・・・。その11


12:中山発深圳行。やはり中国娘は金が一番!その12


<編集後記>

今更の編集後記になってしまい、申し訳ございません。
中山市への夜遊び旅日記ですが、実際に行ったのは中国のどこにでもある
KTVにしか過ぎなく、地元の置屋やらサウナやら、中山市らしい珍しい情報を
提供できなくてすみませんでした。

但しKTVの女の子はかなり可愛く、「AKB指原似」とさせて頂いている通り、
まりりん好みの女の子で最高だったんですが、
女の子の日という事情、それに高すぎたお持ち帰り代に悔やまれました。

遊べるようで遊べなかった中山ですが、
中山市の雰囲気は悪くなく、大陸に見られるような殺伐とした感じは
私はさして感じなく、むしろ広東語の空間に落ちつくくらいでした。

但し何か決定的な情報が無い限り、遊びで中山に行く事は無いでしょう・・・。

以上を2014年10月広東省中山市で初夜遊び旅のまとめとします。
ご覧下さいまして、ありがとうございました。


↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

2015/03/17

中山発深圳行。やはり中国娘は金が一番!その12

<続き>

2014年10月*日:9時広東省中山市にある国際酒店


AKBの指原に似ていなくもない通称”さっしー”とのセク○スは、
まさかの最中にさっしーの生理が始まってしまった。


そんなことからまりりんはナカではなく、口でイかされたという不本意にも関わらず
しっかりとショート料金の1500元は(当たり前だが)取られ、
どちらかと言えば、少々不満な朝を迎えます。


いや、さっしーは可愛かったし、KTVまた最中の時間は楽しかったんだけど、
どうもコストパフォーマンスを考えると、なんかなぁという気分。


そんなことを考えつつ、国際酒店のトップにあるレストランで朝食反省会です。
香港人向けの朝食バイキングで、なかなか食べ物がおいしい。


中式である飲茶やチャーハン、西式であるハムやソーセージにシリアルといった、
一連の満足行くものは揃えており、さすが”国際酒店”と名が付くだけのこと。


それにこのレストラン、回転するんです!!
あの鄧小平が食事をしたと言う深圳国際貿易ビルにある彭年酒店
深圳羅湖口岸目前にあるお馴染みシャングリラホテル深圳にも
回転レストランがありますが、ここ中山にもあるのです^^;


中山の景色を一望しながらの朝食・・・。
珠江デルタの地方都市でさえ、ビルが乱立する様子がこの回転レストランから
見えるわけですが、果たしてそれだけのホンモノ経済力はこの国にあるのでしょうか。


11時:ロビーにて、べジータさんと待ち合わせ国際酒店をチェックアウト。


こちらより予約したのですが、朝食付で350人民元(約7000円)だったので、
地方にしては高いかもしれませんが、クオリティーを考えると満足です。


「べジータさん、おはようございます!昨日はどうでした??」


「おはようございます。いや、女の子は昨日のKTV時とは変わって
意外とあっさりした感じでしたね^^: すぐ帰っていきましたよ。」


私も同じような印象で、KTVでは結構盛り上がるんだが、
肝心の逢瀬となると、あっさりした印象・・・。


まぁ、中国娘との逢瀬自体いつもそんな感じなので、
特に違和感は無いのですが、べジータさんは正直かなりのイケメン。


つまりイケメンだから、ブサメンだからというよりも、やはり中国娘は金が一番!!


当たり前と言えば当たり前・・・なんでしょうけどね^^;


これがタイであれば、金が一番とは言え、それを感じさせない
ホスピタリティーというか、”その時間を楽しく過ごしたい”というような
タイ人らしい考えを感じることができるんですけどね。


イケメンのべジータさんでもこの扱いなので、
ブサメンまりりんだけ酷い扱いというわけじゃなくて良かったです。^^


11時30分:国際酒店からすぐ近く、富華酒店横にあるチケット売り場へ。


深圳行きのバスチケットを購入します。


「むごーい、深圳、2個、下次巴士!」


一人77元、次のバスは30分後。


「まりりんさん、実はまだ朝食食べてなくて・・・、良いですかね??」


あの回転レストランで朝食を取らなかったなんて、実に勿体無し^^;
近くにあった香港式茶餐廳で食事をすると、すぐ30分後が迫ります。


12時:富華酒店前からバスに乗車。


中山行きは満席のバスでしたが、帰りの深圳行きはガラガラです。


中山市内をグルグル周り、いくつかのバス停で客を拾うも、
全部で若干10名ほどを乗せたバスは、高速道路に乗り深圳へ。


行きの反省を踏まえ、もちろんトイレは行ったほか、
万が一を考えてペットボトルも持参です。^^


行きと違って渋滞も無く、広州南の南沙、東莞虎門から長安を抜け、
工場と農村の広がる風景から、福田の第二ボーダーを超えると、深圳中心区へ。 


第二ボーダーを抜けると一気にビルが並ぶ風景は、
知ってる土地ということもあり、なんとなく安心感がありますね。


それに第二ボーダーである旧深圳特区の外と中では雰囲気に違いがあるように思えます。


深圳特区の羅湖、福田、南山と、旧深圳特区外の龍崗・宝安では、
同じ殺風景でも、秩序がある殺風景と、秩序が無い殺風景の感じです。

まぁ、よく分からないですが。(笑


14時:行きよりも早い2時間弱で深圳の竹子林にある福田バスターミナルへ。


もし、羅湖に行く場合はこのまま乗ってたら羅湖まで連れてってくれますが、
福田バスターミナルで降りる場合は注意しなければなりません。


福田バスターミナルで降り、テロで厳しくしているのか、
パスポートを公安に見せて検問を過ぎると竹子林駅へ。


15時:会展中心にて用事があるというべジータさんとは、ここでお別れです。


「今までありがとうございました^^ また是非どこか行きましょう!!」


「ありがとうございました。ブログ楽しみにしていますが、
くれぐれもばれない様にお願いしますね^^」


17時:福田のボーダーを抜けて、香港へ。


本来では、サウナや置屋といった手軽な遊びを中山に期待していた一方で、
実態としてはKTVとなってしまい調査不足感が否めませんが、
今後とも調査を進めたく思います!!


また、Oさん、浜田さん、べジータさん、ありがとうございました!!
同行させて頂き、非常に楽しくさせていただきました^^


<おしまい>

2015/03/15

KTV美人娘”さっしー”との一戦にまさか・・・。その11

<続き>

25時:シャングリ・ラ ホテル 中山(中山香格里拉大酒店)にあるKTVより
女の子をお持ち帰りし、宿泊している国際酒店へ。


「さっしーーー!!」


「早い早いって!!まずはシャワーね。」


まりりんは結構溜まってましたので、
部屋に入るや否や、さっしーにハグ。


いや、めっさ良い香り・・・。まさに素敵な女の子の香りです。


たまらんすねー。


さっしーが先にシャワーへ。.


その間に教えてもらったさっしーのWechatで色々写真を見まくります^^


中国でWechat交換は必須ですね。
女の子とダイレクトにコンタクトがとれるメリットの他、色々写真がありますので。


例えば、さっしー写真!



ひゃ・・・可愛い。
この写真がAKB指原に似てるかはさておきですが^^;


さて、そんなかんやでさっしーのシャワーが終わり、次はまりりん。
念入りに愚息を洗うよりも、早くさっしーとセ○ロスしたい思いが先行し、
速効でシャワーを浴び終わります。


ベッドに横になり、さっしーのボディーを堪能へ^^


ところが、思ったほどお○ぱいは大きくなく、
まぁ、でもそんなことはどうでも良いかとおっ○いへ。


まりりんの愚息はいつも以上にフルスタンダップ。


早々とさっしーのナカへ。


但し、カラダの相性はまぁまぁといったところ。
さっしーのアソコは所謂”ガバマン”で、まりりんの愚息では、
一生懸命腰を振らないとボルテージが上がりません。


とは言え、すぐにイクのは勿体ない。
時間を掛けながらまずは正常位にて。
ゆっくりと愚息を出しては入れ、入れては出しを繰り返し、
そんな時のさっしーのエロい声はたまらないです。笑


ところが10分ほど挿入をしていると、


「ちょっと痛い・・・。」


と、さっしーより。


いや、まりりんの愚息では、痛い思いをさせるようなブツでは無いはずですが。


一旦挿入を止め、さっしーのカラダから愚息を抜き取ると・・・。


「うわ!!大丈夫??」


「やっぱり・・・始まっちゃった。」


量は多くないものの、血が付着しておりました。



いや、まりりんの愚息がさっしーの性器を傷つけたわけではなくて、
どうも生理のようです。


まりりん、血が苦手。^^;;;;
ここで、一気に萎え萎えモードへ。


「ごめん。ロングは不可と言ったのも、生理が始まりそうだったからなの。
挿入はちょっと痛いから、口じゃあダメ??」


「うーん、そうだね。ちょっとこれだと大変だよね。
でもそれなら早く言ってくれれば良かったのに・・・。」


高い金払って、その上生理だからナカでイケないなんて、
なんてイケてないんだろう。
早く言ってくれたら、持ち帰らなかった・・・はずはないか。笑


でも総額4万円分はしっかり堪能するからなー!!


ちょっと不満はありつつも、カラダの事だから仕方ない。仕方ない・・・?笑


さっしーはおまん○んの血を拭き取り、再度シャワーを浴びたのち、
ベッドでウダウダしているまりりんの愚息へ。


サウナ娘ではなく、KTV娘。
フ○ラはあまり慣れた様子ではなく、どちらかと言えば痛いくらい・・・。


”「ちょっと痛い・・・。」”


先程さっしーから言われた言葉だが、そのままさっしーに返したい。笑


とは言え、AKB指原似の”さっしー”にフ○ラされてる興奮はたまらないです。


やがて、口の中で放出。


「ウェエエエ!!もう、イく時はイくって言ってよー。」


少々不満はありつつも、一応のフィニッシュはさせて頂いた。



フィニッシュすると、早々と服を着替え、
帰る支度するあたりはホスピタリティーの無い中国娘らしい。


「今日はゴメンね~。また中山来たら誘ってね。
その時はオッケーだから!!」


指切りげんまん的な許してね、と^^


「ほんと?じゃあまた中山行くから!今度はダイレクトで会おうね。笑」


そう言って1500元を渡すと、
フ○ラに3万円払ったとちょいと虚しくなりました・・・。


「えー、またKTV来てね。あはは^^」


さっしーは帰路へ。



 27時:さっしーの若干血で濡れたベッドで就寝・・・。


中山KTVでの戦いはこうして終わるのであった。


<続く>

2015/03/13

シャングリ・ラ ホテル中山KTVで高すぎるお持ち帰り!その10

しばらく更新が出来ずに申し訳ございませんでした。
少しずつ再開させてゆきますが、今後の予定としては、
以下を予定しております。


①現在の広東省中山KTV編を終わらせる。
②2015年2月に行ったタイ編(パタヤ、バンコク、及びオマケのマカオ)執筆。
③かなりボリュームのある深圳編を書いてゆく。


こんな感じで、書いていきたく思います。

とりあえず①の中山KTV編は3月中に終わらせられればと思ってます。


それでは、宜しくお願いします!!

<続き>


さて、広東省中山市にあるシャングリ・ラ ホテル 中山(中山香格里拉大酒店)
にある中山一高級なKTVにて遊ぶ我々一向。

24時:カラオケを歌い、ゲームをし、そろそろ最後のお楽しみの時間です。


「Oさん、そろそろ持ち帰りますか??」


「そうしましょう!結構酒も入ってきましたしね^^」


こんなやり取りをしている間にも、べジータさんはかなり女の子とベッタリで良い感じ・・・。


その場でヤっちゃいそうな雰囲気です。


「ママさん、そろそろお持ち帰りしようと思うけど、良い?」


「もちろんです!」


「あ、まりりんさん、値段の確認とともに、一応公安大丈夫か聞いてくれます?」


持ち帰りとなると、やはり一番心配なのは公安。

部屋に踏み込まれて逮捕!なんてされたら冗談じゃあありません。


「ママさん!公安!コーアン!!大丈夫??今厳しいみたいだけど・・・。」


「公安?!ハハ!!何も心配することないですよ。中山は大丈夫。
それにこのホテルのKTVでは公安と関係作ってるから、全く問題ないです。
そんなこと気にしないで楽しんでください^^」


Oさん、一応ママさんは大丈夫ってますが、大丈夫ですかね・・・?


「まぁー・・・、ママさんがそう言ってるなら大丈夫でしょ。持ち帰りましょ!」


Oさんは若干心配な素振りを見せるも、
気にしても仕方ないてな感じで、お持ち帰り決定です。


「あ、ママさん、お持ち帰りはいくら??」


「その背の低い子たちは1500元、まりりんさんの連れてる
背の高い子は2000元ね。ちなみにこれはロングの料金。
ショートなら、そこから500元を引いた値段ですよ。」


う・・・!中山一高級なKTVの可愛い女の子の持ち帰り料金は高い。


例えショートでも、日本円で2万(僕の子は3万)、ロングなら3万(僕の子は4万)もする。


いくらインフレ激しい中国にしても、高すぎる・・・。


「うーん、高いですね。でも、持ち帰りますよ!可愛いんでね^^」


Oさん、さすがです・・・。私のような貧乏人にはハードル高し。


「ママさん、高すぎない??日本人だからってぼったくってんじゃないの??笑」


「いやいや、このKTVではどこもその値段ですよ。
心配なら隣に聞いてください?どこもこの値段ですから!」


確かに一軒目に行った国際酒店でも1000~2000元と言っていたような・・・。


今や世界きっての経済大国中国。
その中心的舞台と言える広東省、珠江デルタ。


珠江デルタの中でも最も裕福な市である中山市。


つまり、中国きってのインフレ都市が中山市とも言えよう。


その要素に加え、珠江デルタの東側の性都東莞市が崩壊し、
強力なライバルが没落した中、中山市のKTVは強気なんだろう。


気軽にKTVで遊べる中国へ行ってみたかった・・・。
僅か数年前までがそうだったなんて、今や信じられぬ。


「どうします??持ち帰ります??」


「当たり前じゃないですか。笑 まりりんさん何悩んでるんです??」


Oさん、べジータさん初めもう持ち帰る気は満々です。


「いやぁああ、日本円でショート3万、ロング4万ですよ!高すぎません??」


「確かに高いです・・・けど、こんな可愛い子持ち帰るんですよ。
金の問題じゃないですって。まりりんさんのさっしー、良いじゃないですか。
さっしーとエッチが出来るんですよ。日本のさっしーと3万でエッチできるって
考えれば、安すぎるじゃないですか。めったにないチャンスですって。」


まぁ・・・確かに。


AKBのさっしーとセク○スなんて、いくら金を積んでも出来るものじゃない。笑

(AKB指原―こんな子だった・・・?)


「それもそうですね。こんな可愛い子とエッチできるなら、まぁ仕方ないでしょう!」


そんなことで高すぎるお持ち帰り料金を払い、我々一向はお持ち帰りします。


但し皆さんショートということで、私もショート。
500元の差なのでロングか迷いましたが、
さっしー自体は今晩ロング不可とのこと。


部屋代の2000元、部屋の女の子に数00元のチップ、
それにお持ち帰り料金を入れて、一人当たり1600元ほど。日本円で3万プラス。
僕の場合はプラス500元の日本円で4万円超え!


ええ、高すぎますよ。


その分、しっかり楽しませてもらいますから・・・^^


25時:「ママさん、ありがとう!!」


「ありがとうございました。あ、出口はコチラになります。
公安は大丈夫だけど、ホテルのロビーから堂々と女の子連れて出るのは危険。
このエレベーターで裏口から出てホテルまで戻って下さいね。」


さて、シャングリ・ラ ホテル 中山(中山香格里拉大酒店)から歩いて数分、
我々一向が宿泊している国際酒店へ。


「まりりんさん、僕明日早い便なんですよ。朝7時にはホテル出なきゃです。
なので、恐らくここで解散です。また会いましょう!!」


あのOさんがロングではなく、ショートにした理由もこのあたりにあるんだろう。
浜田さんも仕事の為、朝早く香港に帰るとのこと。


私とべジータさんは深圳経由で帰ることにし、
朝の11時にロビー待ち合わせにした。


「ありがとうございました。Oさん、浜田さん、また会いましょう!!」


「是非!!今後とも宜しくお願いします。」


女の子を連れ、それぞれ部屋へ。


4万円分、たっぷり堪能させて頂きますよ、さっしーさん!


<続く>
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...