2015/07/27

マカオ・東方皇堡水療會所(East Castle Spa)への期待!<その35>

<つづき>

2015年3月*日17時30分:マカオ・東方皇堡水療會所



マカオ空港より、無料カジノホテルバスを乗り継いで、
港澳フェリーターミナルに程近いCasa Real Hotelへ向かいます。


マカオ空港からタクシー直行でも良いんですが、
節約できるところは出来るだけ節約したいのと、
タクシーでは香港ドルで支払い、マカオパタカでお釣りが来るのが嫌で、
時間がかかってもついつい無料バスを選んでしまいます。


マカオ空港から港澳フェリーターミナルへの直通無料カジノホテルバスはありません。


なので、一旦カジノホテルに向かいそこで港澳フェリーターミナルへ乗り換えることになります。


私が選んだのはいつもお馴染みのベネチアン行き。


マカオ空港から遠まわりして10分ほどでベネチアンに到着です。


ここですぐに港澳フェリーターミナルへ乗り継ぎます。
バスは10分おきくらいに来るので、さほどロスタイムはありません。


しかし、カジノホテルバスは遠まわり。
どのようなルート選択をしているのか全く持って不明ですが、
私の頭の中にあるマカオ地図を思い浮かべるともう少し違うルートがあると思うんですが。


さて、お馴染み港澳フェリーターミナルへ着いたら目の前の陸橋を使い海立方へ。


海立方を超え、細い路地を進むとCasa Real Hotelへ。


入口には東方皇堡水療會所の看板が出ております。


因みにマカオには、東方皇堡水療會所東方水療会があり、
それぞれ同じ経営でも場所も中身も違うのでご注意を!


東方皇堡水療會所は皇家金堡酒店(Casa Real Hotel)の3階、
東方水療会は華都酒店(waldo hotel)の6階になります。


東方皇堡水療會所のある皇家金堡酒店に入り、
エレベーターにて3階へ。



「いらっしゃいませ!!」


と日本語で言われるはずもなく、広東語にて挨拶がなされますが、
周りから聞こえてくるのは普通話ばかり・・・。


何も今更なんですが、まりりんは大陸の人が嫌いです。
なんで嫌いかって言えば、煩くてマナーが悪いからです。
もちろん、煩ければ何人でも日本人でも嫌いなんですが、
大陸の人の煩さといいマナーの悪さはうんざりです。


マカオではのんびりしたい。
上品で贅沢な時間を求めてマカオでは過ごしたいと思っているからです。


「オニーサン達、ドコノ人??」


隣では団体の日本人客もいて、日本語対応も可能みたいですのでご安心を。


早速服を脱ぎシャワーへ。
シャワーのあとはお風呂に入りたかったのですが、
お風呂は無く(というか水風呂)で、かなり残念です・・・。


そしてソファーで寛ぐこの一時。
片手にはアイスミルクティーを飲みながらぼぉーっとテレビを見て、
マッサージのおねーさんを広東語で冗談を言い合うと、
自分もずいぶん香港人のマネがうまくなったなぁと思います。


「ドン、、ドン、ドン!!」


ショータイムの始まりです。
ここ東方皇堡水療會所でのショータイムは、18サウナその他と違い、
休憩室にて行われます。休憩室にて行われてる点では、
同じグループの東方水療会と同じですね。


ただ東方水療会では無料フ○ラ付きのショータイム、
こちらは女の子は並ぶものの、無料フ○ラだったり、
女の子といちゃつくようなショータイムではありません。


それよりもコスプレに力を置いているらしく、
女の子が女子高生、ナース、スッチーなんかの服を着てショータイムをしています。


まりりんはコスプレは正直どうでもいいので、魅力はありません。


肝心の女の子もなんだかこれといった感じの子はいなく、
そんな中でもこれなら、という子は日本人に先を越される始末・・・。


といっても焦ることではないので、これぞがいなければ仕方なし!!
いたらどうしようかなぁ・・・と考えるゆとりは、タイでスパンしまくって、
正直疲れているから来る余裕かもしれません。


「ここは見送ろう。」


疲れている、とは言え素直にそういう選択ができるようになったのは
がめつく攻めるあの時より、大人に少しは近づいたかなと思う時です。


それにこのサウナは少し、というかかなり高めです。


写真が料金表ですが、最低がHKD1898、その次がHKD2198です。
AVを模したようなプレイに、スター級やその他国籍別で料金を分けています。


他のサウナなら基本HKD1500程度から、高くてもHKD2000を少し超える程度だったかと
記憶している中で、ずいぶんと高い値段です。


円安だけではなく、インフレ要因も多分にあるかと思うのですが、
「じゃあ、ちょっと試してみようかな。」程度では選べません。


まりりんは1HKD=9円の時、そして18サウナで1300HKDくらいの時の記憶があるので、
その時を考えると倍する(1HKD=16円、そして上記価格)ことになります!!


金に糸目は付けない・・・ですが、やはりお気軽に遊べないのはちょいと痛い。
それ以上にその金額を払いたいと思えるような可愛い子がいないのも問題なんですが。



マカオは可愛い子、というよりも美人な子が多く、
まりりん(というか日本人)は素人系な可愛い子好きなので、
マカオの大陸美人的なのだと確かに良いなとは思うのだけど、
美人というだけでは選ぶのを躊躇してしまうのは否めないですね。


そんなことをぼんやりと考えていると・・・選択肢はほとんどない。


それに先程の大陸の人やら、日本人のバカ会話でさえも気になる始末。
休憩室が明るくてうるさくてがやがやしているのも落ちつきがありません。


少しでも広い休憩室や、お風呂やサウナ、レストランに逃げるといった
ことができればまだしも、東方皇堡水療會所は決して広いところではないため、
少し混んでくるとゆっくり寛ぐことも困難です。


更に寝るところもなく、このソファーで一夜を過ごさなければならないという・・・。


一晩中鳴りやまぬショータイム、
そして煩い大陸客、更に睡眠を遮られると思われる明るい光・・・。


マカオのサウナにしてはかなり大陸的なこの感じ。


マカオに期待している、のんびりとゆったりと流れるイヤらしい時間が、
ここ東方皇堡水療會所では見込めない。


まりりんは東方皇堡水療會所は合わない・・・。


2015年3月*日21時:マカオ・東方皇堡水療會所


そう思うとすぐに違うサウナへ行こうと思い、
早々と着替え、次へ向かうことに。


 「あれ、あなた遊んでないの??入場だけ??」


会計時に不思議な顔をされ、
入場料だけでは割高なHKD600近く払うと、
なんだか凄い腹も立ってきました。


ここは安定感のあるサウナに行きたい・・・。


安定感というより高級感ありまったりしたサウナ、
そう、リオスパへ向かってこの覚めた気持ちを再度高めることにしました!!



<つづく>

↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

2015/07/16

スクーンビットからドンムアン空港、そしてマカオへの道。<その34>

<つづき>

2015年3月*日10時:バンコク・ナナ・Maitria Hotel Sukhumvit 18



レディーボーイとの初夜を済ませ、
非常に複雑な二度目のちょっぴり憂鬱な気分の朝・・・。


一度目の朝には、


「あっ、隣に女の子・・・。」


と思うも、そこはまりりんより愚息な男の子・・・?


あれ?昨日は何をしたんだっけ??


と初めての夜に再度ショックを受けるも、
その魅力にはまりつつあるまりりん・・・。


そんなことを気にすると二度寝も集中できませんでした。


何事も”やってみないと分からない”とは良く言うものですが、
まさしくです・・・やってみて、ちょっと良いなと思った自分がかなり悔しいです!


そんな思いを抱えつつ、今日はまりりんの拠点であるマカオへ帰ります。
なんだかんだで、今回のバンコクも大満足です。


ホテルの前にある屋台で軽く朝食を取りつつ、BTSのナナ駅に向かいます。


アソーク駅からBTSに乗って、終点のモーチットへ向かいます!


終点のモーチットよりドンムアン空港行きのバスが出ているとのことです。


バンコク中心部、チットロム、サイアムを抜け、 スワンナプーム空港へ行くエアポートレール
乗り換え駅のパヤタイを過ぎると、BTSの車窓からはバンコク郊外の様子へと移り変わります。


多くのビルから、中小のマンション、広々とした戸建・・・
まるで日本の郊外かのような風景がここバンコクにも広がっております。


そんなことを考え、車窓を見つつアソークから約20分。
終点のモーチットへと到着します。


終点のモーチットよりドンムアン空港行きのバスが出ております。


まずは改札口を出ます。改札口は一か所しかありません。
改札口を出てすぐの歩道橋に続く道を左へと曲がります。


下に大通りを挟み、その向かい側にある大通りへと続く歩道橋を進みます。



季節は3月。桜?とも思えるような美しい木々が写真左側に見えます。
この歩道橋を渡り終え、左右あるうちの左側へと進みます。


そこでしばらく待っていると到着するのが、ドンムアン空港行きの路線バス、
A1が到着します。ドアが適当な位置で勝手に空きますので、スキを見て乗り込みます。

ちなみにバスに乗るときに運賃を払ったり、日本的な整理券を取ったりすることはありません。


バスはモーチット駅前で少々停車したのち、すぐに出発してドンムアン空港へ向かいます。


ドンムアン空港行きの乗客はわずか数人・・・それもドンムアン空港から、
海外に向けて行くなと言う感じの人は少なくて、大きなバックを持ったまりりんが目立ちます。


さて、すぐにバスはドンムアン空港に向けて出発します。
すぐにオバサンの車掌さんがバス運賃を収受しに来ます。
ええっと、15バーツ(約50円)になります。


タクシー等でドンムアン空港へ向かうよりも、確実に格安です。
そう言えば、バンコクの路線バスに初めて乗る機会だった!


バスはすぐに高速へ入り、バンコク市内より一路北へ。
高速道路を10分も走れば、ドンムアン空港に到着です。


ドンムアン空港は皆様ご存じのとおり、以前はバンコクの玄関口として
メインに使われていた空港ですが、今はLCC専用空港と言った感じに、
如何にも安そうな旅行者、落ちついた感じの無いLCCの広告群に囲まれ落ちつきません。


LCCターミナルのくせに、というか空港なら仕方ないんですが、
巷の食堂の二倍以上はする空港のレストランで食べます。


昨日に引き続き、北タイ名物のカオソイが朝からセクロスで疲れた身体に効きます。アローイ!


国際線も多いドンムアン空港ですが、やはりタイ国内へ向かう便が多いドンムアン空港。
北タイの県都他、北タイへ発着する便が多いのか、北タイ名物のカオソイは非常に美味しいです。


2015年3月*日13時:バンコク・スワンナプーム国際空港



ドンムアン空港は規模の割に人が少なく、
イミグレも荷物検査もほぼ待ち無しでパスします。


国際線の専用ゲートな訳ですが、やはりと言っていいくらい中国系の人が多いです。
ドンムアンからは東南アジアを中心とした便が多いですが、やはり目立つ行先は中国です。


武漢、重慶、長沙といった省都レベルの都市から、
南昌や太原といったマイナーな都市へも飛んでいます。


さて、マカオへ向かうエアアジアFD764へ搭乗開始です。


マカオ民よりも明らかに大陸民が多いと思われますが、
日所会話言語である広東語を聞くと、バンコクと言う異国でありながら、
安心感を感じている自分がいます。


エアアジアFD764はマカオへ向けてオンタイムでデパーチャ―です。
マカオへはおよそ2時間強の空の旅ですが、やはり前後との席感覚がキツイ。
エアアジアでは2時間くらいが限界です。


隣が居なかった事が唯一の救いです・・・隣が可愛いおねーさんならな^^


2015年3月*日17時:マカオ・マカオ空港


エアアジアFD764は定時の17時15分にマカオへと到着です。


エアアジアだからこその沖止めなんですが、タラップから降りてバスに乗り換える
わけではなく、そのまま歩いてマカオの空港ビルディングへと向かう形です。


タラップから降りてバスだと非常に面倒なのですが、
歩いて行くという感じは好きですね!


バンコクとマカオ。


バンコクは常夏の気候ですが、3月とは言えど少しは寒いマカオ。
そんなことを感じつつ、冷たい海風に当たりながら入国審査へと進みます。


 マカオ空港の入国審査は本フライト到着により一時的に混み合いますが、
それでもスムーズに進み20分もしないうちにマカオへと出ます。


空港の敷地内にあるバス乗り場へ。
まずはタイパにあるベネチアン行きのバスに乗ります。


満員のバスはすぐにベネチアンへ向けて出発します。


ベネチアンに着いてからは、港澳フェリーターミナル行きへとバスを乗り継ぎます。


素直にタクシーで行けば早いんですが、お金を節約するまりりんにとって、
無料のカジノバスはとても貴重な存在です。
というか、香港ドルを澳門パタカに換金されられるのも嫌ですしね・・・。


港澳フェリーターミナルに着いたのち、皇家金堡酒店3階にある東方皇堡水療會所へ。


ここのサウで一夜を明かすこととしましょうか・・・。


バンコクではたくさん遊びましたが、やはりここ澳門ではまた違った遊びがあります。


さて、バンコクでの疲れを癒しに東方皇堡水療會所へ調査です!!

<つづく>

↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

2015/07/09

バンコク・レディーボーイの衝撃。<その33>

<つづき>

2015年3月*日27時30分:バンコク・ナナ・Maitria Hotel Sukhumvit 18


スクーンビットの屋台で声を掛けられて、持ち帰ることになったこの子。


夜のバンコクの屋台はレディボーイが多すぎなので危ないとは知ってても・・・。


もちろんレディーボーイと伺い、様々確かめるも男の要素が見当たらない・・・。


見た目はもちろん、声も女の子だし、胸もある・・・。


もしかしたら、本当に可愛い女の子じゃあないのかなぁ・・・。


「一緒にお風呂入ろう!!」


「じゃあ、私先に入るナ!!でも私は恥ずかしいナ。
まりりん入って来ないでナ!!」


目の前で服を脱ぎ、ブラを外すと軽くDはありそうな巨乳です。


「これは凄い!!」


まりりん、これからベッドの上で繰り広げられるであろう一戦に期待しないわけがありません。


「お風呂終わったナ!!」


バスローブ姿で現れた彼女はより一層可愛い。


まりりんも急いでシャワーを浴びて、すぐにベッドへ。


さて、女の子のバスローブの上を服を脱がせて、
ベッドに寝かせておぱいをペロペロ。


フル○ッキになったところで、女の子の下へ・・・。


「まりりん、まだ早いナ!!もっと上を攻めてナ!!」


可愛い子の顔から首から胸を攻める攻める!!


もうまりりん、我慢できません。


「じゃあ、入れるよ・・・?」


「まりりん、少し待ってナ・・・。」


そう・・・・・・・・・・・・・。



下に行くと、ある・・・。


ある・・・?


「まりりん、本当にゴメンナ・・・。」


?!?!?!?!?!


まりりん、初めての衝撃です。


だって、とても可愛いし巨乳の女の子。


でも、アソコにある。


無いはずのものが、しっかりある。


サイズは何と愚息のまりりんより小さいけど・・・(笑)


「まりりん本当にゴメン・・・。」


でもまりりん、衝撃は30秒で終わりました。


最初は無い筈の無いものが有ってビビりましたが、
でも可愛い子にオチ○ポがあったら、それは可愛い子のモノなんです。(笑)


まりりん特にその気は無いんですが、
女の子・・・いやレディーボーイの愚息を掴んで、上下にシコシコ・・・。


そのうち女の子がまりりんの愚息を咥えてフ○ラ。


これがまた上手い・・・とろけそうなフ○ラにまりりんは大満足。


そして・・・口内発射です!!!


次に女の子の愚息を掴んでシコシコしてあげます。


「まりりん、咥えてナ!!入れたいナ!!」


こんな要求が女の子よりありますが、
さすがのまりりんでもそこまでは許可しませんでした。(笑)


と、突然女の子の小さな愚息から、ネットリとした液体がまりりんの手に・・・。


「ハァハァ・・・。イッちゃった・・・。」


女の子の愚息はピクンピクンしてます。


人の射精をこうして見るとは思ってもなかった・・・。


「まりりん、気持ち良かったナ・・・。」


まぁ・・・気持ち良かったけど、
こうした形でレディーボーイと一戦を交えるとは思いませんでした。


何とか処女は守れて良かったです。(笑)


そして感想として、可愛いレディーボーイとこういうことをすることも悪くないです。


女の子が良いことに越したことは無い。


けど、こういう遊びもアリかなぁ・・・いや、もしかしたら目覚めてしまったかも。。。


可愛い子におち○ぽが付いてるだけですから、
ちょっと違和感あっても、女の子は女の子・・・。


いやいや、危ない。


初めての経験で確かに良かったけど、
出来れば次回以降は勘弁したいところです。(笑)


2015年3月*日30時:バンコク・ナナ・Maitria Hotel Sukhumvit 18


そんな衝撃から覚めた朝。


酒も飲み過ぎて、若干頭が痛いです・・・。


「おい、レディーボーイってウソついたから
1500バーツじゃなくて、1000バーツしかダメだぞ!!」


そんなことを言おうと思ったけど、やっぱり可愛いです。(笑


可愛い子・・・、タイの可愛い過ぎる子は時にレディボーイの可能性もあるためご注意!
と言いたいところですが、こんな経験もされてはいかがでしょうか??笑


まりりん、二回目はご勘弁願いたいところです。


さてさて、いよいよバンコクを離れ今日はマカオに帰ります!

<つづく>

↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

2015/07/06

バンコク・スクーンビットにいる謎の可愛すぎる子。<その32>

<つづき>

2015年3月*日25時30分:バンコク・スクーンビット


今宵は最後、バンコクの夜。


明日はバンコクからマカオへフライトです。


今回はパタヤとバンコクで約一週間居たので、かなり長い旅でした。


その旅の終わり・・・今までを反省するためにも、とにかく飲み!です。


既にお分かりの方が多いと思うのですが、まりりんは酒好き、女好き、お金も大好きな
しょーもない男ですが、どれも本当に好きなんです(笑)


まぁお金は一生満たされないとしても、今夜は最高のオンナを抱いたので
オンナはとりあえず満たされた状態にあります。


そこで、酒です!!


特にミュージックバーというか、前の前で演奏してくれるバーは大好きです。


ゴーゴーバーに流れているクラブ系の曲もノリノリで好きなんですが、
酒を片手にビートルズ、Queenなんて曲に代表されるベタ過ぎる洋楽も大好きです。


個人的にこれもベタ過ぎる「Journey - Don't Stop Believin
なんか店内で演奏されてるとノリノリで酒を飲んでしまいますね!!


もう、このままバンコクでどうなってもいい!!
今が楽しければ、明日どうなってもいいのだ!!


そんな危ない魔法が酒を飲むとすぐにかかってしまいます・・・。


「ねぇ、、、一杯ちょうだい??」


そうここはバンコク。バーで飲んでるだけで普通に女の子が寄って来ます。


まりりんは気分が良いので金に構わず軽く一杯・・・!


「カンパイー!!」


持ち帰る持ち帰らないにしても、一緒に酒を飲んで
ワイワイ騒げるのは最高に楽しいですよね!!


ここで一杯、二杯と重ね、ミュージックも合わさって気分は最高潮。


バンコクに来てよかった。この街で飲めて良かった。


そんなことをしみじみ思わせる瞬間です。
何曲か続けて聞いて、酒も飲むと既に三回戦を終え、
時間も遅いので20も後半のまりりんには若干きつくなってきました。(笑)


さて、そろそろかな・・・。


「じゃあ、帰るね!!」


気分が良いうちに帰ろう、そうしよう。
今日は時間も遅いし、十分楽しめた。


このくらいで帰って寝るのが丁度よい。


「カー!ごちそうさまナー!!」


必要以上に追ってこないのも、ゴーゴーバーではなくて、
普通のバーで飲む魅力の一つかもしれません。
おかわりもそんなにたかられることないですしね。


ここで持ち帰ることなく、酒とミュージックを堪能するなんて、
まりりんも少しは大人になりましたかね。(笑)


27時:バンコク・スクーンビット駅前屋台


そんなことで気分良く飲んでホテルへ帰ろうと思うと目の前には屋台あり。


若干空いたお腹を満たすために屋台へ腰かけたのが間違いだった・・・。


「ハロー!!!隣良い??」


この時間、というかスクーンビット交差点界隈にある屋台は
レディーボーイしかいない?ため、必要以上に強引に声を掛けられます。


でも・・・可愛い。それもかなり・・・可愛い。


「もちろん!!何飲む??」


レディーボーイと分かっていても、外見はそのまま女の子。
見た目可愛い子に屋台の安い酒をおごるくらい大したことはありません。


「あなた、カッコイイね!!もっと飲もう。」


可愛い女の子に商売でもそう言われたらまだまだ飲まないはずはない、
ってレディーボーイなんだけどね。


でも、こんな感じでどんどん乗せられて、かなり良い気分で酔ってる。
かなり酒を飲んでいる為、判断力もかなり、無い。


だから、もしかしたら本当に女の子なんじゃないかと思ってきました。


だって、本当に可愛いんですよ。


日本人だったら100人が100人可愛いというような女の子!!


「ねぇ・・・やっぱりレディボーイなの??」


愚問だとは言え、ここまで可愛いと本当にレディーボーイか疑問です。


「・・・、なんでレディーボーイだナ!!ヒドイナ!!」


「本当に・・・女の子??」


「カー!!レディボーイだなんて、ヒドイ!」


まさか・・・とは言え、こんな可愛い女の子が男のはずはない。


「まりりん、手、ココ、触ってナ!!」


まりりんの手を胸へ。


胸は軽く見てもDカップ以上ありそうなかなりの豊満な感じです。


そんなナマチチを惜しげもなく触らせてくれます。(笑)


確かにあった。十分あった。
シリコンかどうかまでは分からないけど、胸はあった。


これは本当に女の子ではないのか・・・、
いくらスクーンビット界隈の屋台はレディーボーイが多いとはいえ、
女の子がそこに混じっていても何も不思議ではない・・・。


「まりりん、ホテル、行こうナ。エッチなことしようナ!」


まりりん・・・酔いもあり判断が難しいところではありますが、
女の子と信じてこのメチャクチャ可愛い子と最後の一戦をすることに。


ちなみに値段は1500バーツで朝までとのことでした。


ウキウキワクワク、でも少し心配な・・・。


27時30分:バンコク・ナナ・Maitria Hotel Sukhumvit 18



こんなに可愛い子をひっかけた!!


楽しい楽しいバンコク最後の夜はまだまだこれからです。


<つづく>


↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...