2015/10/30

夜の上海に魅力有り、再訪を誓って。<その5>

<つづき>

2015年10月某日16時:上海・亚马逊桑拿会所



コトを終え、豪華な休憩室へ。


そこには先にコトを終えて寛いでいる徐君とW君が堂々と座って一服中^^


「おう、まりりん。どうだったよ??」


「おぉお!めっちゃ良かった。ハオ好だね。」



「いやぁ、それはそれで嬉しいけど、本場はこんなもんじゃないぜ。
俺はいつも虹橋にあるサウナに行くけど、あっちのほうがレベルが高い。
ここは女の子せいぜい10~20人くらいだ。虹橋のサウナだと、50人は並ぶぜ。」


「じゃあ、今度連れてってね!!」


「おう、任せておけよ!!」


かなり心強い徐君。


本当にエロは世界共通だと思い知らされます。
心と心を繋ぐエロ。エロで世界は繋がっている!!


次の虹橋も宜しく頼む!


「ところで、中国公安は大丈夫??こんなに派手だと危ないんじゃない??」


「上海は昔から大丈夫だよ。もちろん、知らない奴は捕まる。
それにコネの無い奴も捕まる。」


まるで自分がコネを持っている、ということを誇示するような言い方だ。



「いいか、見せしめで摘発することは定期的にある。
そういう情報は事前に入る。だからそういう時期は俺も行かない。
そういう状況なのに捕まるのは、コネの無い奴か、君ら何も知らない日本人だ。」


上海のサウナ然り、それなりの場所で捕まる日本人は少なくない。
中国は常に危険と隣り合わせな状況は理解する必要はあるけど、
必要以上にビビらなくても良いと、徐君は続ける。


「何たって俺が居るなら大丈夫さ、俺はコネがある。」


心強い。けど、この自分を誇示するのって、どうもこの中国において
信用ならないんだけど、まぁコネも中国語も分からない、まりりん一人よりはよほど心強い。


「とにかく、次回これはまた来なきゃね!!宜しくよ!!」


「任せなってコトよっ!!」


後からW君より聞いた話だけど、彼はオヤジが上海市役所勤務で、
どうも共産党員らしい。夜の世界と表の世界はここ中国では紙一重・・・。


16時30分:上海・亚马逊桑拿会所


さて、夕方の便で東京へ帰ります。


サウナでゆっくりしている時間はありません。


本当はこの亚马逊桑拿会所を色々と調査したかったのですが、
マカオと同様、個人用ソファーが並ぶところや、
仲間内で騒げるようなソファー、レストラン、バー、大浴場がある感じです。


マカオのサウナと同様、無料の飯や飲み物はあったのかな・・・?
そんなことすら分からないままで、再訪問しなければです。
但し宿泊施設として利用できるのは確認しましたので、ホテルが無ければここでも!!


再度軽くシャワーを浴びた後、お会計です。


「お会計は950元です。でも、友達ね!!750元でオッケーです。また来てくださいね!」


「いやいや、俺が全部払う。まりりんは1元も出さないでくれ。」


さすがにピンク代おごりはなかなか無いですが・・・。



「いやいいって、出す!」


「いやいや、出させてくれよ!!」


そんなこんなで、結局徐君にご馳走になりました・・・。


ありがとう、徐君!!


さて、徐君の車で空港に向かいます。


このサウナの周辺は本当に静かな住宅街で、
一瞬日本に帰った気がする程、マンションも街も適度な生活感で綺麗です。


ここにこんなエロいサウナがあるなんて・・・さすが中国、侮れません。


車は上海市内を南北に抜けてゆきます。
丁度夕刻の帰宅ラッシュ時間とも重なって、車が多くなかなか前に進みません。


今まで中国では広東省ばかりを見てきたので、上海郊外の景色は斬新です。


何が斬新かって、広東省のような殺伐さがあまり感じられません。


高層マンションが立ち並ぶその姿は香港の郊外、
いや日本の郊外と見間違えるほど、落ち着いた空気が流れている気がします。


こうして、少しずつ中国は落ち着いていくんでしょうか・・・。


荒れっぽい雰囲気を漂わせる広東省のような中国が、まりりんの思う中国なんですが。


17時45分:上海・浦東国際空港


行きの飛行機はカウンターに結構な人が並んでましたが、
ここ浦東空港では、搭乗時間も迫っていることもあってか、ほとんど人は居ませんでした。


時間はギリギリですが、空港で上海のお土産を買う予定も無いので十分です。


と思って余裕な感じなのかマズかった。


イミグレは長蛇の列・・・。


さすが人民共和国のイミグレと思うけど、日本も変わらないホスピタリティーだった。(笑)


イミグレは散々、香港-深圳間で一生分通ったので、コツは掴んでいます。


「あっ、あそこ開く!!」


こんな鋭い感が即座に働き、大幅な時間短縮です。


イミグレを抜けると、イミグレには結構人が居たのに意外と閑散とした浦東空港です。


香港あたりだと慢性的に人が多くて、良く言えば賑やかな感じなんだけどな。


18時30分:沖止めの搭乗口より、飛行機へ。


沖止めのバス、キツイです。詰め込み過ぎ!


ただ客は行きと比べて帰りは多くなく、
真ん中空席はW君と共有し、狭すぎる機内で少しでも快適を求めたく。


18時50分:オンタイムでデパーチャ―。上海より東京へ。


21時30分:機内。


気が付いたらそろそろ東京に着くという。
予定より早い事もあるんですが、それにしても上海-東京は近い。


これなら週末上海なんても不可能ではないですね。


さて、定時より30分近くも早く羽田空港に到着です。


日本人はイミグレカウンターに列無しでしたが、
この税関検査はヒドイ混雑です。


税関検査なんてあまり意味のないことをしているのは日本くらいじゃないですかね。


だいたい危ないものを持ってこようとする奴は堂々と鞄の中にそれを入れない訳で。


せいぜいコピーのバッグやらDVDやら、その程度なんでしょうけど、
夜のこの意味無き大渋滞は結構堪えますね・・・。税関職員の雇用対策なら辞めちゃえ。


さて、帰りは疲れているのでいつも愚痴ばかりになってしまいますが、
思えば短かった三連休上海も、かなり内容の濃いものでした。


新たに上海のサウナという魅力に気付き、また上海に行く機会も増えそうです。
会社の女の子と次回こそはセクロスしなきゃですしね・・・笑


ということで、上海編ご覧下さいましてありがとうございました。


引き続き、香港発アジア行。をお楽しみください。


次回は深圳?香港?それとも国内編・・・?


<おわり -旅のまとめへ->


↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

2015/10/28

上海サウナの実力、亚马逊桑拿会所は天国だった。<その4>

<つづき>

2015年10月某日14時:上海・亚马逊桑拿会所


地下鉄8号線鞍山新村駅から程近い、
控江路と許昌路との交差点に位置するショッピングセンター、上海歌城(GAIA CITY)。


 その上海歌城(GAIA CITY)の6Fにそのサウナ、「亚马逊桑拿会所」は位置しております。


「いらっしゃいませー!!」


経理と知り合いの友達徐君に連れられやってきたまりりん一同。


そこは先程のショッピングセンターとは打って変わり、マカオのサウナのような雰囲気でした。


雰囲気的にはマカオ最高峰のリオサウナなんかと変わらない感じがします。


受付を進み、ロッカーは18サウナのような作り、
そこで着替えて奥に進むと、大浴場とシャワーが並ぶ構造も変わりません。


まるでマカオのサウナを輸出したような、この亚马逊桑拿会所はなかなか期待できそうです。


途中、レストランや休憩室を超え、その豪華で落ち着いた雰囲気は、
ここが大陸であると忘れる程でありますが、経理や友達が
普通話、上海語を交えて話している所を聞くと、ふとココが上海だと我に帰るわけです。


「さぁ、この奥へどうぞ・・・!」



奥の部屋、天国への楽園へと進むと、イヤらしい天使との対面ステージになります。


「まりりんさん、お待ちください。今、女の子を揃えますから!」


経理は手際よく無線で連絡し、程なくして天使の女の子が僕らの前に並びます。


「徐君、すげぇええええええ!!!W君、ここも凄いな!!!」


「そんなことより、早く選べよ、ラオバン!(ボス」


14時ということもありラインナップは少なめだけど、15人は居る。


そして極めつけは何と東欧系金髪美女も居ることです。


「おおお!まりりん、これは文句なく金髪娘行くよな!」


でも、他にも可愛いチャイナ娘も居ます。


15人のうち2人は金髪美女、1人はコリア(もしかしたら東北朝鮮族かな?)、
その他はチャイナ娘というやはりマカオのサウナのようなラインナップ。


まりりんから見て、3人は可愛い、5人はオッケー、他はうーん、という感じ。


「金髪美女もいいけど、今回は結構可愛いチャイナ娘もいるし、この子で!
うーんでも、隣の子も可愛い・・・・どうしよう、どう思う??」


「まりりん、早く決めろよ!!悩んでるなら3Pでいいでしょ!!」


まりりん、迷いましたが・・・、綾瀬はるか似の美女をチョイス。
服の上からでもかなりの巨乳なのが、まりりんのヨダレを垂らしました。


「おっ、まりりん!可愛い系行くねぇーー!!じゃあ、俺はコノ子!」


徐君は迷うことなく金髪美女を選びます。


「俺もこの子にしよ!!」


W君も金髪美女・・・。


中国男子は中国娘そのものより、それ以外に価値観を見出すんだなぁ。
マカオで日本娘やら、東欧系が良く選ばれる理由も分かる気がします。


「まりりんさん、こちらへ!」


経理に呼ばれ、女の子に手を引かれ更にその奥にある秘密の戯れ場所へ進みます。


「それじゃあ、後で・・・。」


徐君とW君のイヤらしい笑顔が印象的だったけど、
まりりんのこれからの綾瀬はるかとの一戦を考えればまりりんが一番イヤらしいはず。


女の子と手を繋ぎ、プレイルームへイン。


プレイルームは全部で20部屋くらいあったように思いますが、
日本とは異なる複雑な内部の構造なので、実態は把握出来ません。


「にーはお!宜しくね。」


綾瀬はるか似、19歳、四川省出身。


はるかちゃん、まりりんに微笑みます。もうこの時点でフルボッキです。笑


「じゃあ、まずはお風呂ね!」


部屋は丸いベッドルーム、奥は広いシャワールームがあり、
そこにはドカンっ!とマットが置いてあるではありませんか。


女の子は直ぐに服を脱ぎ、まりりんをエスコート。


女の子のお○ぱいはかなり大きくて、柔らかい。
それに形良し、色良しと、まるで非の打ち所のない立派なものです。


それにこのはるかちゃん、くびれがくっきり有るほどで、
本物のナイスボディー。まりりんも過去にこんな素晴らしい子はあまり経験がありません。


オマケに顔が可愛い。綾瀬はるか似ですから、当然なんですが。笑


「さぁ、ここに寝て!」


マットに寝ると、女の子がまりりんの上に座って優しく全身を洗ってくれます。


まずは手で全身を、そこから一回流し終わり、次は女の子の舌で洗ってくれます。笑


「はぁあああ、はぁぁぁぁ、、、気持ち良いわ。」


まりりん、思わず声を出してしまうくらい、こんな気持ち良いのはたまりません。


フルコース舐めの後は、タコチュー攻め、そしてここでもアイス&ファイアーです!
マカオいや東莞をも超える、様々なプレイにまりりん攻めまくられてあげき声。


それだけでは終わらず、はるかちゃんのオマ○コでまりりんの身体全身を洗います。


この石鹸と組み合わせて、ツルツルするあたり、率直に申し上げて快感です。


もちろん、これと組み合わせ、まりりんのフルにフルな愚息を攻撃するので、もうダメです。。。笑


オマ○コの攻撃と、まりりんの愚息が合体する場面もあり、そのまま挿入。。。


「いやあぁぁあああ・・・ん。」


はるかちゃんのあげき声が部屋中に響くと、まりりんはもうそろそろノックアウト。


それを気付いてか、はるかちゃんはすかさずまりりんの愚息から一旦離れます。


「もうイッちゃうの??まだまだダメ!!」


もう、液体がまりりんの愚息を充満し、今にも溢れだしそうになります。


ここでマットプレイは終了し、ベッドへ。


女の子は素早くベッドプレイの準備をし、アイス&ファイアーの小道具準備、
そして直ぐ手に届くところにコン○ームを置きます。


但しここからも長い。


マットプレイのリプレイのように、全身舐め尽し、そしてタコチュー、
からのアイス&ファイアーで、まりりんの愚息は象さんパオンパオン状態。(笑)


そこからコンドームを装着し、ナカに入れるも、早々にイってしまったまりりん。


この歳で早漏ですから、これから一生早漏のままなのかな・・・と思いつつ。


そして一昨日もヤったのに、コンド○ムにはたっぷりの液体です。


「まりりんさん、溜まってた??」


「いやいや、はるかちゃんが凄い上手だから、もう出しつくしちゃったわ。。。」


快感は続きます。


しばらく回復時間を要するも、綾瀬はるかちゃんのおっ○いは凄い。


そしてナイスボディー・・・。もう、この子滅茶苦茶にしたいですよ!笑


まりりんの象さんが息を吹き返し、再び二回戦に突入。


ここでは一回目と比べて、バックから正常位、そして大好きな騎乗位へと持ち込みます。


この騎乗位がたまりません。


くびれあるナイスバディー、それに見合わない大きなお○ぱいと形の良さ、
そして何と言ってもはるかちゃんの感じている凄いイヤらしい顔。


まりりん、そこからまた正常位へ。そのまま夢中で腰を振りまくって、二回目のフィニッシュ。


はるかちゃんは息を切らして、プルプル震えてる姿もたまりません。


「まりりんさん・・・私、イっちゃったよ。。。」


「俺もすげえ良かったよ。。。」


久々の激しいセク○ス、そして非の打ちどころのない完璧なボディー。
ああ、こういう子が彼女なら・・・とリア充マジで羨ましすぎる。


そんな夢のようなプレイ時間は90分です。
ちなみにプレイ料金は昨日の上海・君延酒店(PALACE CLUBと同じく、
750元、950元...1200元程度です。この子は950元です。


まりりん、息を切らして残りの時間を楽しみますが、
本当にこのおっ○いに病みつきで、日本へお持ち帰りしたいです。


「じゃあ・・・ありがとう!謝謝!」


あっさりと終わりの90分に近づきます。


最後にシャワーを浴びて、再度綺麗にして、全て終わり。。。。


上海のサウナですが、マカオも東莞も超える程の勢いかもしれないと思いました。


プレイ内容は女の子によって多少誤差があるものの、
マカオでもそう多くないマットプレイ、サウナの質はマカオと同等かそれより上、
でも値段はマカオの半額程度という...これは素晴らしいところを紹介してもらったかもしれない。


「おう、まりりん終わったか??」


徐君とW君が既にコトを済ませて、休憩室で待っていました。


「そうそう、まぁまぁだっただろ。でもな、俺のおススメは・・・。」


俺のおススメはこんなもんじゃない。


虹橋のサウナのほうがもっと凄いんだぞ。


と・・・。


上海の楽園は続きます。


<つづく>

↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

2015/10/23

上海の凄く良い、エロすぎる夜遊び!<その3>

<つづき>


2015年10月某日8時:上海・新錦江大酒店


昨日の激しい夜から朝を迎えました。


二回しかヤってないんですが、グッタリ感半端ないです!笑


そんな中、朝九時にある女の子と待ち合わせなので、眠さも半端ないです!!


但し、上海の朝は写真のように非常に爽やかです。


新錦江大酒店から人民公園の方に歩き、ふと歩道橋から街を見ると、
上海のお洒落な感じも半端ない!!!


カナダやオーストラリアの都市のようなガーデンシティーの様相です。


日本...というか、東京大丈夫??


まぁあくまで見た目だけで、よく見ると雑で汚いチャイナ感は十分ありますが・・・。


ホテルから人民公園、そして南京東路歩行街を東へ、黄浦江に向かい歩きます。


朝から賑やかで、道の真ん中で太極拳やってるおばちゃんとか結構います。


東京にはこういう賑やかな通り、無いよね・・・。


中国の多くの都市にある”歩行街”という繁華街は見習うべきところかなと。


9時:南京東路駅まで歩くと南京東路歩行街が終わり、そこにApple shopがあります。


ここで彼女と待ち合わせです^^


「おはよう!今日も宜しくね~。」


「おはよ~、昨日は楽しかったね。あの後飲みに行ったの??」


彼女と昨日のディナー解散後、飲みに行く予定ではあったんですが、
サウナに行ったのは、このブログの読者皆様ならお分かりな事です。


「そうそう、あの後さ、サウナ行ったんだよ!でね、広東語話す可愛い子いてさ、
2回もエッチしちゃったよ。うーんん、気持ち良かったね。だから今日は爽やかさ!
そうね、今日は君とエッチがしたいね。何なら今からでも?」


なんて当然言えるはずも無く。
実態は二回もヤって、朝早く起きて身体がダルいですよ。笑


9-19時:この後は彼女とあまりに個人的な話なので、具体的な行動は割愛させて頂きます^^


ただ一点、写真の上海東方明珠電視塔には行きました。
一人220元も払って最上の展望台まで行ったんですが、
220元...日本円で4500円程!高すぎで、二度と行きません。


但し途中の展望台なら良いかもしれません!
写真のような床が透明な場所があって、女の子と行くと結構楽しい感じになります^^;;


でも結局最後までは出来ませんでしたので、ご安心下さい。笑
所詮まりりんはブサメンなリーベンレン(日本人)です。英語も中国もダメダメで口説けません。


「じゃあ・・・ね。また上海来てね!仕事でも宜しくね。」


この上海娘、次回上海に行く時は必ず食してやる。


20時:彼女とは少し早い解散です。
というのも、私の方が用事あって、という言い訳ですが。


別れた後はすぐにタクシーに乗って、虹橋区にあるW君の待つレストランへ。


そのレストランは金持ち及び共産党員御用達のレストランらしく、
彼らのディナーにジョインさせて頂くことに。親戚の食事会だそう。


まりりん、貧乏人なんで中国人金持ちの食べてるものを食べてみたい。


レストランはある有名ホテルの一角にありますが、格式高いです。
ホテルの周りはホテル所有の庭園で、歴代中国共産党中央委員会総書記、
主席もこのレストランに来ては、このホテルに泊まったらしい。


入口には高級外車ばっかり泊まってます。ビビるまりりん。


こういう露骨感、東京じゃあもう少し上品に隠してるよ。


「いらっしゃいませ。あれ?おひとり?お待ち合わせ?」


サウナの女の子なら100%選ぶであろう美人なチャイナ娘です。
貧乏人まりりんは完全な場違い感ありますが、丁寧に案内してくれました。


この高級レストラン、個室しかなくてどの部屋見ても上品な中国人。笑


やっとたどり着くと、W君ファミリーとW君お姉さんとその旦那さん+子供の組み合わせ。


「ニーハオ!今日はゆっくりしてってね。」


上品なW君のお姉さんに案内され、サウナならやはり絶対お姉さん選んじゃうだろうなと思いつつ。


「ねぇ、まりりんさん。中国では、良いものは凄く良いの。
じゃあ普通のは・・・?というと、普通は悪いの。
なら、悪いのは何なの・・・?というと、凄く悪い。何でもそうよ。
今日のような食べ物も、日常生活も、会社も大学もマンションも人も、何でもそう。」


有名な某国営石油企業で働くW君のお姉さん。


「そうなんだよ。これが格差、かもしれないけど正にその通り。
一握りの人間が得する社会のシステムなんだ。そしてこの世界には、
既に失われてしまったと思われてる”良き中華文化の伝統”が残ってるね。」


政府機関で働くお姉さんの旦那さん。


はぁはあ、と言いつつ話を聞いてたんですが、
私自慢ではないですが、美味しい中華料理は香港始め、結構食べてきました。


但し、ここのは本物でしたね...こんな美味しい中華料理、始めてです。


中国人上流階級の社会を垣間見れただけでも、W君に会えて良かった。


このペースで良いサウナ、良い中国娘とも出会っていきたいものです。


そしてサントリーのビールなんですが、これも日本のより美味かったぞ。笑


肝心のお会計は一人、数千元だそうで詳細は教えてくれませんでした。ご馳走様です。


「そうね、東京に旅行に行く予定があるから、その時は美味しいお店教えてね。」


きっとW君のお姉さんファミリーのようなセレブが銀座で爆買しているんだろうな・・・。


23時:さて、ディナーも住んでこれからお楽しみの時間です!!


帰りのタクシーでとりあえず新錦江大酒店に戻ることに。


「さてW君、今夜も遊びに行こうか!!」


「まりりんさん、ごめん・・・。今から友達のところ行くの。」


まりりん、要領の分からない上海で一人じゃあ遊びに行けません。


完全にフられましたが、彼は久々の上海帰国で忙しい・・・。


一方まりりんもその後すぐにタクシーで寝落ち、
かなりグッタリしていることにふと気付きました。


ホテルのベッドで休憩と思ったら、次に起きたら朝になってる・・・。
滞在最終日にどこかへ遊びに行くしかありません。


目が覚めて朝日を浴びても、まだ眠い・・・二度寝でゆっくり身体を休めます。


2015年10月某日11時:上海・新錦江大酒店


さて、いよいよ短い上海滞在も最終日です。
飛行機は18時なので、この日も一日十分遊べます。


新錦江大酒店をチェックアウトし、向かうは朝飯&昼飯です。


昨日の夜散々食べたんですが、この日の昼は火鍋です・・・。


まりりん火鍋は大好物なんですが、そろそろ胃が痛くならないかと心配になります。
ただ今回の旅は上質なものを食べている割合が高いのか、良い油で胃は快調です。


今回はW君とその友達である除君+1名と一緒です。


その友達、なかなか良い感じでまりりんと会話してくれます。


徐君「海底撈火鍋??ああ、知ってるよ(笑)でもあそこ、サービスが良いだけだろ?
あんな四川の田舎発祥の火鍋屋なんてマズくて行けるか。
いいか、まりりん。ここは上海人が認める滅茶苦茶美味い火鍋屋だ。」

→池袋・海底撈火鍋はパスポートの要らない中国だった!!


嘲笑うかのように、まりりんの海底撈火鍋最強説がひっくり返されました。


が、まりりん、負けました。
今まで海底撈火鍋が世界一美味い火鍋だと思ってました。


「・・・。滅茶苦茶、美味すぎる。こんな美味い火鍋屋がこの世に存在したのね・・・。」


本気で美味い火鍋屋でした・・・。


なんか、今回は飯の話ばかりですみません。


そろそろ本題に入るとしましょうか。


14時:火鍋も食べ終わり、いよいよお楽しみの時間です!
予めW君から徐君にはこのことが伝わっていたようで、徐君からすかさずアドバイス。


徐君「まりりん、聞いたよ。エロいところ行きたいんだって??
んで、一昨日上海・君延酒店(PALACE CLUB)に行ったんだって??
あんなところ、まるでダメだぞ。上海人が行く良いところを教えよう!」


あっさりと一昨日のサウナを否定され、もっと良いところがあるという。


まりりん「いやでもW君と一緒に行ったところだよ。なかなか良かったし。」


W君「そうだよ、俺は自信を持ってあそこを勧めるよ。」


「だからおまえ(W君)はダメなんだなー。おまえは上海を離れすぎた。
あんなところよく日本人に紹介したな。まぁ、騙されたと思って今は俺の勧めに来い。」


辛口な徐君ですが、彼には強い自信がある模様で、
海底撈火鍋を嘲笑う彼だけある。


徐君「今から行くところは、このサウナは俺の友達がマネージャーをやってる。
本当はここより良いところもあるんだけど、そこは虹橋区にあって、
ここから(虹口区)では遠く飛行機の時間もあるから危うい。
今度そこを案内するから、今日はここを体験してくれ!!」


先程の火鍋屋から車で10分程度、地下鉄なら8号線鞍山新村駅です。


鞍山新村駅から控江路を東に行くと数分で許昌路との交差点に当たります。


その角にあるのが、上海歌城(GAIA CITY)でして、
このショッピングセンター中にサウナがあるという。


周りは閑静な住宅地で、ここ上海歌城もただのショッピングセンターにしか見えない。


ここの六階に噂のエロサウナがあるというにわかに信じられない感じ。


但しエレベーターに乗り込むと、すぐにサウナのポスターがありました。


エレベーターでは買い物客のおばちゃんに混じり、エロ一色の我々一同。


「いらっしゃいませー!!あっ、よお、元気か??」


マネージャーと徐君とそんな会話が彼らの中で行われ、


「おお、俺の友達の日本人がエロイの欲しいってよ!
最高にエロイのを頼むぜ!!」


そんな事を言ってるに違いない。絶対に。


さて、このサウナの名前は「亚马逊桑拿会所」と言うそう。


先程のショッピングセンターとは想像付かない豪華な感じです。
マカオのサウナにも十分匹敵するほどな感じで、これは期待上々。


「じゃあ、ここで靴を脱いで下さい!」


マネージャーに言われ、友達らと奥へ進みます。


「ここでは服を脱いで、ロッカーに入れて下さいね。」


マカオのサウナとまるで変わらないシステムです。
18サウナにでも来てるかと思ったこの素晴らしい感覚。


サウナ服に着替えて、その奥へ進みます。


マカオのサウナのよりも広く豪華・・・。


驚かされ続けますが、カードキーのセキュリティーを超えたところに楽園は確かに存在しました。


「では、女の子連れてきますね!少々お待ちを!!」


「まりりん、良い女選べよ~!!」


トントン拍子に上海エロサウナの凄さに驚かされるばかり、
いや確かに、このサウナはかなり期待できそうな・・・。


「中国の良いものは、凄く良い。」


このサウナには、そんな期待で胸いっぱいです。


<続く>

↓ランキングに参加しております↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...